【NEWS】[調査・統計] 平均寿命、男81.25歳、女87.32歳に
厚労省
2019-08-09
厚生労働省はこのほど、「2018年簡易生命表」の概況を取りまとめ公表した。「簡易生命表」は、日本にいる日本人について、18年1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の人が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によって表したもの。

それによると18年の男性の平均寿命は81.25歳、女性の平均寿命は87.32歳となり、前年と比較して男は0.16年、女は0.05年上回った。平均寿命の男女差は、6.06年で前年より0.11年減少している。また、主な年齢の平均余命をみると、男女とも全年齢で前年を上回った。

また、男女それぞれ10万人の出生に対して65歳の生存数は、男性8万9507人、女性9万4466人となり、これは65歳まで生存する者の割合が男性は89.5%、女性は94.5%であることを示している。同様に、75歳まで生存する者の割合は男性75.6%、女性88.1%、90歳まで生存する者の割合は男性26.5%、女性50.5%となった。

18年の死因別死亡確率をみると、0歳では男女ともがんが最も高く、次いで、男性では心疾患、肺炎、脳血管疾患、女性では心疾患、脳血管疾患、肺炎の順になった。65歳では男女とも0歳に比べがんの死亡確率が低く、他の3死因の死亡確率が高くなっており、75歳ではさらにこの傾向が強くなっている。一方、90歳では男女とも脳血管疾患の死亡確率が75歳より低くなった。

国・地域別では、男性は香港、スイスに次ぐ3位、女性は香港に次ぐ2位で、いずれも昨年と同じ順位だった。厚労省の担当者は「健康意識の高まりや医療技術の発達によるがんなどの死亡率低下が、平均寿命の押し上げに影響しているのでは」と分析している。

(医療タイムス)

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る