Q.「薬剤服用歴管理指導料」算定時の患者さんへの公布明細書の記載について
2018-08-09
Q.
「薬剤服用歴管理指導料」算定時の患者さんへの公布明細書の記載について

2018年度改定から「薬剤服用歴管理指導料」を算定する場合、調剤報酬明細書では“お薬手帳”持参の有無等に関して、分けて記載することになりましたが、患者さんに公布する明細書に関しても、同様に分けて記載する必要があるのでしょうか?(東北・調剤薬局 店長・38歳)


A.
「薬剤服用歴管理指導料」算定では、再度、処方せん持参の「半年以内・以外」や、“お薬手帳”持参の有無を、明細書に分けて記載する

その通りで、「半年以内に再度、処方せんを持参した患者」に対しては、そのことに加えて、当該患者にも“お薬手帳”持参の有無が分るように記載しなければなりません。

具体的には、「半年以内に再度、処方せんを持参した患者」の場合、「薬剤服用歴管理指導料」の記載は当然として、「お薬手帳あり」、「お薬手帳なし」を記載することが求められます。更に、「半年以内に再度、処方せんを持参した患者」以外の患者に対しても、「薬剤服用歴管理指導料」の記載に加えて、「半年以外」を調剤報酬明細書に追記すること等が必要です。

(2018年6月度編集)

本掲載内容に関する一切の責任は日本経営グループの(株)日本経営エスディサポートに帰属します。尚、内容につきましては一般的な法律・税務上の取扱いを記載しており、具体的な対策の立案・実行は税理士・弁護士等の方々と十分ご検討の上、ご自身の責任においてご判断ください。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る