[医学] 次世代医療基盤法が施行、大規模治療研究の促進に期待感 内閣府
医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(次世代医療基盤法)の施行について(5/11)《内閣府》
2018-05-11
「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(次世代医療基盤法)」が5月11日、施行された。個人が特定されることがないよう、医療情報を匿名加工する事業者に対する規制を整備する内容で、政府は同法の施行で治療効果などに関する大規模研究が進み、最適な医療の提供や医薬品副作用の早期把握といった形で、国民に還元されることに期待を寄せている(p1参照)。
次世代医療基盤法は、▽高いセキュリティを確保し、十分な匿名加工技術を有するなど、一定の基準を満たす事業者を国が認定(認定匿名加工医療情報作成事業者)▽医療機関はあらかじめ本人に通知し、本人が拒否しない場合は、認定事業者に医療情報を提供することが可能-などが柱。認定事業者には、医療情報漏えい防止のための安全管理対策を講じることが義務づけられるほか、その従業者には罰則付きの守秘義務が課される(p1参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る