【NEWS】[医薬品] タミフル後発薬を承認、インフルエンザ治療で初
厚労省
2018-02-28
厚生労働省は15日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の後発医薬品「オセルタミビル」(沢井製薬)を承認した。インフルエンザ治療薬の後発薬が国内で認められるのは初めて。6月にも薬価が設定され、発売が始まる見通し。

タミフル(カプセル)の現行薬価は1錠当たり283円。今回承認された後発薬はその半額程度になるとみられる。

国と都道府県はインフルエンザ患者の大量発生に備え、タミフルやリレンザなどの治療薬4種類を大量備蓄している。2017年11月末時点の備蓄量は約5339万人分で、タミフルがその約7割を占める。タミフルより安い後発薬が発売されることで、備蓄にかかる国や都道府県の財政負担も減りそうだ。

(医療タイムス No.2340)

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る