【NEWS】[医薬品] オプジーボ類似薬に保険適用
中医協
2017-02-23
中央社会保険医療協議会(中医協)は8日の総会で、がん免疫治療薬「キイトルーダ」に関し、15日から公的医療保険を適用することを了承した。2月から半額に値下げされた高額な抗がん剤「オプジーボ」の類似薬で、薬価はオプジーボと同額(1日約3万9100円)に設定した。

キイトルーダは皮膚がんの一種、悪性黒色腫などの治療薬として、昨年9月に厚生労働省から製造販売の承認を得た。

同省は治療に利用できる医療機関や対象となる患者の要件、投与の留意事項に関する指針をまとめている。

保険適用に伴い、患者は年齢に応じ、薬価の1~3割を負担することになるが、1カ月当たりの負担を一定額以内に抑える「高額療養費制度」に基づき、実際の負担額は大幅に軽減される。

(医療タイムス No.2291)

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る