Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 120 件
    次の10件>  最終>>|
「健康サポート薬局」の届出に際し、地域の連携体制構築の中で、当該薬局の連携先・紹介先のリスト作成が求められていますが、連携・協力を依頼する病院や診療所、他薬局に対して、私たちの薬局が個別に了解を得る必要があるのですか? ...続きを読む
薬局勤務経験5年以上の女性薬剤師が1名だけおりますが、その薬剤師は“常駐”しているものの“常勤”ではありません。非常勤の薬剤師でも「健康サポート薬局」の基準を満たすことは出来るのでしょうか? ...続きを読む
「健康サポート薬局」は、「かかりつけ薬剤師」を評価する調剤報酬と同様、来年度予定されている診療報酬改定で評価される可能性はあるのでしょうか? ...続きを読む
東京都墨田区にある株式会社ライフバランスが運営するライフバランス薬局(2014年に開設)では、調剤業務のほかに、介護食品や介護用品を販売。「通販カタログだけではわからない商品の実用性や価値を実際に手に取ることで確かめられるので、自信をもって利用者さんに勧めることができる」と、事業者からも好評だ。まずは食べてもらうためにばら売りを導入「病気を治すために必要な要素の一つは栄養です。薬の効果も、食事をしっかり摂れていてこそ発揮されます」と、株式会社ライフバランス代表取締役で薬剤師の小縣悦子さんは食事の重要 ...続きを読む
条件さえ整えば「健康サポート薬局」として活動したいと考えております。届出の際に必要な書類としては、何が求められるのでしょうか。 ...続きを読む
近年、調剤薬局のM&A(合併と買収)が活発化していると聞いていますが、その実情と最近の動向について教えてください。 ...続きを読む
現在、認められている「分割調剤」とまだ解禁されていない「リフィル処方せん」の違いが、よく分かりません。簡潔に教えて頂ければありがたいです。 ...続きを読む
健康保険法ではなく医薬品医療機器法による規定2016年4月より法令上、位置づけられた「健康サポート薬局」については、既に地域薬剤師会等を通じて、薬局現場の薬剤師さん達も多くの情報を入手されていることと思います。ただ、「かかりつけ薬局・薬剤師」の機能と重複する部分が多く、運用面で迷いの生じる局面も出て来る可能性も想定されますので、今一度、制度の内容を比較・検討しながら整理したいと思います。まず、「健康サポート薬局」の基本的な定義は、「患者が継続して利用するために必要な機能及び個人の主体的な健康の保持増 ...続きを読む
先進国の多くは既に導入し、近い将来、解禁を期待する声が多く聞かれます。実際に「リフィル処方せん」の導入が実現した場合に、薬剤師は現場でどのようなことを心がけるべきなのでしょうか? ...続きを読む
国土交通省が推進する「地域活性化のまちづくり」事業で、医療・福祉施設だけでなく調剤薬局が手上げ可能な事業も存在すると聞きました。それはどのような事業なのでしょうか? ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る