Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 159 件
    次の10件>  最終>>|
全国の「健康サポート薬局」(以下、同薬局)の認定を受けた薬局数が、2017年5月から2018年7月までの1年3カ月間で3倍以上に増加し、現在は1,000件を超えたことを、前回ご報告させて頂きました。同薬局の急増が今後も続くことが予想されますが、コミュニティ薬局として認知される同薬局には、地域における健康情報拠点としての“公共性”が求められることになります。“公共性”というキーワードには、地方の小企業として薬局事業を営んでこられた調剤薬局の皆様には抽象的で、漠然としたイメージでしか捉え難いかもしれません。オーナーによるパ ...続きを読む
後発品医薬品の数量シェアが20%に満たない場合に、調剤基本料が2点減算されるペナルティから除外される救済措置があると聞きました。詳しく教えてください。 ...続きを読む
2019年1月から新たに施行される「薬局機能情報提供制度」で、「KPI」指標というキーワードが出てきています。「KPI」とは何を表し、どのような指標なのか、教えて下さい。 ...続きを読む
「健康サポート薬局」は「かかりつけ薬剤師・薬局の基本的な機能に加え、国民による主体的な健康の保持増進を積極的に支援する(健康サポート)機能を備えた薬局」と定義。2016年4月に「医薬品医療機器法」で法令化され、2016年10月から各都道府県での届出がスタートしました。健康サポート薬局の規定の中には、「地域住民の健康意識向上と、健康寿命の延伸への貢献」に加えて、「地域包括ケアシステムの中で多職種と連携し、地域住民の相談役としての役割」が明記されています。厚生労働省は全国の中学校区に1店舗程度、つまり全国およそ ...続きを読む
「薬局機能情報提供制度」が2019年1月から改正され、施行されると聞きました。改正省令の施行で、新たに追加される報告事項、更に改正のポイントを教えて下さい。 ...続きを読む
フォーミュラリーとDPCの共通点は医療費をコントロールする仕組み筆者は2018年6月初旬、調剤薬局業界のリーディングカンパニーである日本調剤(株)を取材、その際にフォーミュラリー(医療機関において患者様に対して、最も有効で経済的な医薬品の使用における方針)に関して、様々な情報提供を頂きました。日本調剤(株)ではフォーミュラリーの定着に向けて、企業全体で取り扱う約1,300万枚の処方箋をデーターベースにした研究に取り組んでおられましたが、フォーミュラリーの導入は薬剤師の薬学的知見を発揮させ、臨床薬剤師の育成に ...続きを読む
2018年度改定にて、大手薬局チェーンが否応なく不利益を被る改定項目が幾つか存在すると聞きました。具体的にその内容を教えてください。 ...続きを読む
フォーミュラリーの定着に対し、どのように対応していけば良いのでしょうか? ...続きを読む
2018年6月15日、政府は閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる『骨太の方針2018』(以下、骨太の方針)を発表しました。骨太の方針は小泉内閣時の2001年から毎年、自民党政権下で発表される経済財政に係る基本方針であり、これまで2020年度にプライマリバランス(基礎的財政収支、以下PBに略)を黒字化する目標を堅持しつつ、GDPに対する財政残高比率の引き下げを目指してきました。ところが、今回の骨太の方針では今回初めてPB黒字化の時期を、従来の目標よりも5年も遅い2025年度に設定したのです。これは、地域包括 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る