Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 115 件
    次の10件>  最終>>|
近年、調剤薬局のM&A(合併と買収)が活発化していると聞いていますが、その実情と最近の動向について教えてください。 ...続きを読む
現在、認められている「分割調剤」とまだ解禁されていない「リフィル処方せん」の違いが、よく分かりません。簡潔に教えて頂ければありがたいです。 ...続きを読む
健康保険法ではなく医薬品医療機器法による規定2016年4月より法令上、位置づけられた「健康サポート薬局」については、既に地域薬剤師会等を通じて、薬局現場の薬剤師さん達も多くの情報を入手されていることと思います。ただ、「かかりつけ薬局・薬剤師」の機能と重複する部分が多く、運用面で迷いの生じる局面も出て来る可能性も想定されますので、今一度、制度の内容を比較・検討しながら整理したいと思います。まず、「健康サポート薬局」の基本的な定義は、「患者が継続して利用するために必要な機能及び個人の主体的な健康の保持増 ...続きを読む
先進国の多くは既に導入し、近い将来、解禁を期待する声が多く聞かれます。実際に「リフィル処方せん」の導入が実現した場合に、薬剤師は現場でどのようなことを心がけるべきなのでしょうか? ...続きを読む
国土交通省が推進する「地域活性化のまちづくり」事業で、医療・福祉施設だけでなく調剤薬局が手上げ可能な事業も存在すると聞きました。それはどのような事業なのでしょうか? ...続きを読む
スイッチOTCの資料等を集める中、現場の薬剤師が注意を要する品目として「スイッチ直後品目」というキーワードを見つけました。これは具体的に何を意味するのでしょうか? ...続きを読む
地域の名士4人がチームで 町全体の「認知症」支援に参画高齢化と過疎が進む中国地方の小さな町。「街かど薬局」(仮称)の社長・Mさん(65歳)は長年に亘り、この町で調剤薬局を営んで来ました。薬学部の同級生だった奥さんも薬剤師、夫婦二人で開業したのが30年前。二人三脚で薬局を発展させてきましたが、6年前、奥さんに先立たれ、現在は後継者である長男夫婦(共に薬剤師)と、他に2名の薬剤師で薬局を切り盛りしています。Mさんは市薬剤師会の副会長を務め、地元の名士でもあります。この地域は後期高齢化率が30%を超え、近年地 ...続きを読む
2016年に規制緩和された「門内薬局」を敷地内に造りたいと計画しておりますが、どのような形態であれば「門内薬局」開設が可能になるのでしょうか? ...続きを読む
「糖尿病認定薬剤師」制度が最近、創設されたと聞きました。調剤薬局薬剤師でも同認定薬剤師になることは可能なのでしょうか? ...続きを読む
日本糖尿病療養指導士認定機構の認定する「日本糖尿病療養指導士」(CDEJ)の受験資格について教えて下さい。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る