Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 669 件
    次の10件>  最終>>|
3月29日、30日に開催された日本臨床倫理学会第7回年次大会のシンポジウム「認知症の人の意思決定支援のガイドラインを現場で生かし、実現するために」では、2018年度策定されたガイドラインを臨床現場に実装するための研修プログラムや課題などについて報告があった。2017年にガイドラインを策定厚生労働省は「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」を2018年6月にまとめた。認知症の人の意思決定支援に関する指針策定のため2015年度、2016年度に研究事業を行い、2017年度の老人保健健康増進事業「日常生活や ...続きを読む
交野病院の新たな視点(1)職員が働きやすい病院(2)どこにも負けない突出した専門医療(3)高齢社会に対応した地域医療を実践全国から患者が訪れる「信愛会脊椎脊髄センター」など地域に根ざしつつ高度な専門医療を提供する交野病院。さまざまな患者に対応できる病院運営を実践している。開設当初は交野市唯一の病院として、その後も市内で唯一の外科系を有する病院として地域医療を支える役割を果たしている社会医療法人信愛会交野病院は、2015年に現在の地に移転した。208床の新病院は7階建てで、玄関から入ると内部は広々としており ...続きを読む
■オピニオン病院に求められる働き方改革~自院の問題を「人」「仕組み」の両面から見直し、取り組むべき働き方改革関連法案の成立により、病院においても今後、働く環境や体制を見直す必要がある。働き方改革および医療機関に求められる取り組みについて、株式会社コンクレティオの三塚浩二代表取締役に解説してもらった。働き方改革とは日本が本格的な人口減少社会に突入するなか、日本の企業文化、日本人のライフスタイル、日本の働くということに対する考え方そのものを再考する、成長制約要因の解消に向けた取り組みが「働き方改革」 ...続きを読む
2019年4月1日に働き方改革関連法が施行された。「医師の働き方改革」には5年の猶予があると油断してはいないだろうか。医師以外の職員は、この日から「新たな働き方」となっている。業務効率化をはじめとした具体的な取り組み策を紹介する。■総論取り組みのポイント~病院がしなければならない5つができているかをチェック ...続きを読む
2019年2月、中医協で、2019年10月に予定される「8%から10%へ消費税率の引き上げ」に伴う診療報酬の改定案が答申されました。医科の場合の財源は、どのような内容になるのですか?  ...続きを読む
2018年度診療報酬改定で、精神科系医療機関が介護医療院と連携することによって、算定出来る報酬項目が、複数あると聞きました。 ...続きを読む
総務省消防庁は、救急現場で心肺停止した高齢患者の家族らから「本人は蘇生を望んでいない」と伝えられたケースへの対応について、各地の消防を対象とした実態調査を2019年度以降、本格化させる。救急隊の対応状況を基に、蘇生を拒否された場合の標準的な手順に関し、将来的に同庁が統一的な対応を示すことも検討する。終末期医療を踏まえ標準的な対応を検討近年、高齢者の救急搬送が増える中、家族らが動転して119番通報し救急隊が駆け付けたものの、本人が蘇生を希望していない旨を家族らが伝える事例が全国で発生。一刻を争う現場で、 ...続きを読む
東京さくら病院の新たな視点(1)「断らない慢性期」の理念を実現(2)病床稼働率を維持する複数の対応策(3)病床機能にこだわり過ぎずに患者を受け入れる東京さくら病院は地域包括ケア病棟を中心に医療と介護の情報共有を図ることで高い病床稼働率をキープ。「断らない慢性期」を理念に掲げ、日本一の慢性期病院をめざす。東京・城東地区の高齢者医療を支えるべく、2013年7月に開設した東京さくら病院。「医療に対する思いだけでは病院を存続できません。経営を考えると病床稼働率を上げ、いかにキープするかが重要です」と東海林豊院長 ...続きを読む
2019年に見直しが行われる介護福祉士養成課程の新カリキュラムでは、介護ロボットを含めた福祉用具を活用する意義やその目的の理解が含まれるなど、教育現場でも介護ロボットが着目されている。日本医療研究開発機構などは3月13日、「介護ロボットの活用に向けた人材育成」のシンポジウムを開催。介護ロボットメーカーへの新カリキュラムの周知や導入事例を紹介しながら、今後のロボット普及に弾みをつけた。ロボット技術を使いこなすための介護福祉士の新カリキュラムが始まる厚生労働省 介護福祉専門官 伊藤 優子 氏本人の自立のため ...続きを読む
在宅復帰・在宅療養支援指標運用に伴い煩雑な事務作業が発生2017年時点での介護老人保健施設(介護老健に略)の数は、全国で4,322施設、定員は37万2,679人に達している。前回では、2018年の診療報酬・介護報酬W改定に影響を受け、介護老健経営が低空飛行を余儀なくされていること。新たに導入された「在宅復帰・在宅療養支援指標」(同指標に略)の内容等について解説させて頂いた。ここからは、そうした介護老健に係る大きな制度改正を受けて、介護老健の現場でどのような地殻変動が起きているのかをレポートした。ここで紹介するのは、 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る