Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 645 件
    次の10件>  最終>>|
地震、豪雨など大災害が多発している今、改めて医療と災害支援や高齢者・患者避難について見直す必要がありそうだ。2018年12月に開かれた、災害派遣福祉チームの活動支援をしてきたNPO団体による研修会では、災害時こそ医療と福祉の連携が必要であり、高齢化でそのニーズが高まっているとの報告があった。そこではDCATの在り方も語られた。活動報告-北海道被災地に派遣されたDCAT医療福祉連携で被災患者らを守る重要性社会福祉法人典人会日本列島は毎年、自然災害に見舞われてきた正月早々、1月3日夕方にテレビを見ていると緊急地震速報 ...続きを読む
公立富岡総合病院は二次医療圏で唯一の急性期病院として最新の医療機器を整備し、地域がん診療連携拠点病院としてがん治療を行う。一方で、地域包括ケア病棟や緩和ケア病棟を整備し、緩和ケアから派生した「シルバーケア」という新たな概念を発案。患者の思いを尊重した、患者中心の医療に取り組む。がん診療と並行し質の高い緩和ケアを提供富岡市のほか甘楽町、下仁田町、南牧村で構成される富岡保健医療圏の中核病院として急性期医療を担う公立富岡総合病院。リニアックによる放射線治療やPET-CTを導入し、地域の二次救急医療、周 ...続きを読む
厚生労働省が2019年1月15日までに公表した「医師の働き方改革に関する検討会・とりまとめ骨子」では、医師の労働時間の短縮のために、医療機関内のマネジメント改革などから、トップの意識改革も求めた。労働時間管理の適正化医師の労働時間短縮の大前提として、医師の労働時間管理の適正化を図り、「時間」を意識した働き方に変えていくことが必要である。その際に、実務上重要な論点である宿日直といわゆる自己研さんの取り扱いについては、▽宿日直に関しては、医師、看護師の宿日直の許可基準の例示を現代化する(現状を踏まえて実効あ ...続きを読む
米国におけるダヴィンチ実用化は2000年から。開発の経緯は「遠隔診療」と共通点もロボット外科学会によると2016年9月現在の全世界におけるダヴィンチ導入実績は3,803台。 設置台数が最も多いのはアメリカで2,501台、ヨーロッパ全域で644台、アジア全域には467台が設置され、アジアの中では日本が237台と突出して高い導入実績となっている。ダヴィンチ開発の経緯を振り返ると、湾岸戦争勃発前の1988年頃の湾岸危機の時代にアメリカ陸軍が開発を主導。アメリカ本土や戦艦から医師により遠隔操作で戦場の負傷者等に手術を行うことを目的に、 ...続きを読む
パネルディスカッション-診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する司会: 日本医療経営機構理事 今中雄一氏(京都大学大学院教授)シンポジスト: 城守国斗氏(日本医師会常任理事)        相澤孝夫氏(日本病院会会長)        邉見公雄氏(全国自治体病院協議会名誉会長)        迫井正深氏(厚生労働省審議官)今中:会場内の出席者から演者への質問や意見をお願いしたい。出席者A:相澤先生は広域型病院と地域密着型病院を提言したが、20年後の超高齢社会では医師 ...続きを読む
同加算を算定するには、当院と併設する介護老人保健設から、当院の入院を予定している患者も算定の対象になるのでしょうか? ...続きを読む
多職種連携、退院支援、在宅医療など病院経営の主要なテーマは、政策と現場の温度差がかい離している。NPO法人日本医療経営機構(京都市左京区)が12月8日、京都市内で開いた設立10周年記念フォーラム「これからの医療政策と経営人材」では、政策と現場の双方から問題点が指摘された。多職種連携、なかなか進んでいない日本医師会常任理事の城守国斗氏は、2018年度診療報酬・介護報酬改定について「ともにプラス改定だったことは、日本医師会が繰り返し主張してきた『社会保障の充実は国民の不安を解消し、経済好循環につながる』とい ...続きを読む
当院の看護師と訪問看護ステーションの看護師、さらに、相談支援専門員の三者が共同指導を実施した場合でも、「多機関共同指導加算(2,000点)」を算定することが可能でしょうか? ...続きを読む
メリィホスピタルの新たな視点(1)在宅生活を見据えた質の高いリハビリを提供(2)法人内、地域内での機能分化を明確にする(3)上階にあるサ高住との切れ目のない連携メリィホスピタルは、本院である八千代病院のリハビリ機能を移し、新たな病院として今年3月に開院した。在宅復帰に力を入れ、「時々入院ほぼ在宅」といった地域づくりの一翼を担おうとしている。広島県広島市、安芸高田市で医療・介護を展開する医療法人社団八千代会は、2018年3月にサービス付き高齢者向け住宅を併設したメリィホスピタルを広島市安佐南区に開院。同院 ...続きを読む
講演3-2018年度診療報酬改定の方針は報酬水準でなく利益を重視した報酬設定厚生労働省大臣官房審議官 迫井 正深 氏各区分で相応に努力すれば円滑な運営ができる見通し厚生労働省審議官の迫井正深氏は「2018年度診療報酬改定がめざすもの」と題して講演したが、厚労省幹部の講演にしては異例ともいえる私見を多く述べた。「私見」と断わった上で、公式資料には書かれていない視点を提示した。2018年度診療報酬改定の指針となったのは、2013年に取りまとめられた「社会保障制度改革国民会議最終報告書」である。報告書には「提供者との信 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る