Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 379 件
    次の10件>  最終>>|
【講演2】今、求められる「共感力コミュニケーション」一般社団法人日本医療コミュニケーション協会 講師 働きがい創造研究所取締役社長 田岡 英明 氏■目的主任、師長、科長など管理職としての役割を担う医療従事者が、互いに尊重し合いながら、良きチームワークを創るためのコミュニケーションスキルの基本を学ぶ。■医療現場に潜むギャップ組織課題の多くの原因は突き詰めていくと医療現場に存在するコミュニケーション不全であることが多い。例えば、「うちの科には挨拶できない人が多い」「意図が伝わらないことが多い」「先生の指示 ...続きを読む
医療現場に必要なコミュニケーションとは医療福祉の現場では、多くの志を持った人たちが集い、心を尽くして働いているにもかかわらず、なぜ退職が続くのか。それは、病院・施設組織が、職員間のコミュニケーションを設計できていないからに他ならないと、私たちは考えた。というのも、どんなに大変な業務でも、上司や同僚に支えられ、ポジティブな意味付けをされている環境の中では、人は大きな勇気を与えられ想像以上に前向きになれるからだ。そうなれたとき、医療従事者が心から患者さんに寄り添い、温かな接遇も実現できるだろう。医療 ...続きを読む
【事例検証】持続可能な健幸ポイント制度を確立この日の健幸プロジェクト成果発表会では、事業を実施した6自治体の1つである大阪府高石市の阪口伸六市長が登壇。同市のプロジェクトによる成果を発表した。同市の高齢化率は2016年で26.4%だが、医療・介護の需要がピークを迎えると見込まれている25年には29.3%となる。高齢化率の高騰ともに、国保被保険者の総医療費もかさみ、20年には63億円に達するとされた。 財政の窮迫は目に見えており、その解決策として阪口市長は、「健幸のまちづくりで医療費を減少させることが唯一の方策」と強 ...続きを読む
【成果報告】参加者歩数は平均2,000歩増 BMI25未満への改善やメタボ非該当に改善■全国6自治体が参加・筑波大学、みずほ情報総研、つくばウェルネスリサーチ、凸版印刷は、2014年12月から17年3月までの期間、全国6自治体とともに、多数の市民を健康づくりに誘引できるインセンティブ制度の大規模実証を行った(図2)。■運動無関心層の取込みに成功<運動の実施状況からみた3グループの定義>・同実証事業に運動無関心層がどの程度参加したかを明らかにするため、事業開始時に歩数計で計測した歩数とアンケートで調査したスポーツ・運動教室 ...続きを読む
2014年~16年の3年間、全国6自治体で実施した「複数自治体連携型大規模健幸ポイントプロジェクト実証」では、健康無関心層を取り込み、医療費抑制につなげるなどの成果を生んだ。5月11日には、都内で成果報告会が開かれ、総括と展望が語られた。今後は持続可能なための予算の原資をどうするかなどの課題も明らかになった。【事業概要】無関心層の行動変容を促す健幸ポイント事業 延べ参加者は6自治体で2万人を超える無関心層を動かすためインセンティブを生かす総務省、厚生労働省、文部科学省(スポーツ庁)の3省庁が支援をし、2014年か ...続きを読む
【講演2】地域でつなぐその人の選択と心構えアドバンス・ケア・プランニングとは何か国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師 西川 満則 氏(エンドオブライフ・ケア協会相談役)前もって意思表明する機会が準備される地域国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師の西川満則氏は、医療選択だけではなく、気がかりなこと、譲れないことなどを前もって意思表明する機会が準備されている地域像について語った。それはアドバンス・ケア・プランニング(ACP)と呼ばれている。アドバンスとは「前もって」、ケアとは「人生の最終段 ...続きを読む
【対談】死別後のつながり-死の前後をつなぐものとは何かモデレーター:長尾和宏氏(エンドオブライフ・ケア協会理事)戸松義晴氏(増上寺塔頭 心光院住職)金子稚子氏(ライフ・ターミナル・ネットワーク代表)金子稚子氏の夫・金子哲雄氏は、がんの一種である肺カルチノイドを発症し、1年半の闘病後2012年10月2日に逝去した。その死の前後から、多くの人とのつながりが生まれた。病気発覚時には死を覚悟 医療の非情さを知った金子 私は医療、宗教とは全く関係のない仕事をしていたが、夫の病気が分かったときには次の瞬間窒息死をす ...続きを読む
4月22日、東京・虎の門でエンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウムが開催された。従来機能していたコミュニティは高齢化などにより、つながりが希薄化し、孤立する人が増えていく。超高齢少子化多死時代を迎えようとする現在、エンドオブライフにおける「人のつながり」がテーマとなった。【講演1】社会環境が変動する中で急性期病院とどう付き合うかみその生活支援クリニック院長 小野沢 滋 氏(エンドオブライフ・ケア協会理事)みその生活支援クリニック院長の小野沢滋氏は、まず自らが勤務していた病院のある市町村の、年齢別 ...続きを読む
EPA候補生からの希望で夜勤を任せるベトナム候補生の日本語能力を評価医療法人社団横浜育明会 介護老人保健施設 都筑シニアセンター(横浜市都築区)介護職の人材確保を外国人に期待しているベトナム人のEPA候補生(介護福祉士)を第1期から受け入れている介護老人保健施設の都筑シニアセンターでは第1期生を受け入れてから1年半後、夜勤シフトに入れることを決断した。EPA候補生の独り立ちだ。ケア統括部部長代理の鶴田武志氏は、「本人から夜勤の希望を聞いたとき、記録を書けるのであれば任せようと判断しました」と振り返る。夜勤帯は ...続きを読む
外国人職員の受け入れは日本語能力があれれば病棟業務は可能医療法人社団永生会 永生病院(東京都八王子市)将来の人材確保を考えて外国人採用を開始外国人職員の採用に早くから積極的だった永生病院では、EPA制度の始まる以前の2004年から受け入れてきた。NPO団体の仲介で日本語留学生を採用。入管法で留学生が働けるのは28時間以内と制限されている中であった。「将来の人材確保を考えて取り組み始めました」永生会で外国人職員受け入れを担当してきた看護・介護採用担当部長の宮澤美代子氏は、テレビでフィリピン人のケアギバー(介護 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る