Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 435 件
    次の10件>  最終>>|
訪問看護と連携し、在宅がん患者の終末期医療や、在宅緩和ケアにも携わってみたいと考え、「在宅緩和ケア充実診療所」の届出を検討しているのですが、当クリニックのような小規模診療所でも可能なのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)地域交流スペース「みもり」をオープン子どもからお年寄りまで、地域住民が集える場所を提供。併設された小規模多機能型居宅介護と建物内でつながっており、行き来できる構造になっている。(2)11代続く診療所として長年にわたり地域に貢献宮埼※香理医師で11代目となる、みやざきクリニック。介護老人保健施設、デイサービス、小規模多機能型居宅介護を運営し、医療と介護をつなげている。(3)認知症サポート医として、「物忘れ相談」を実施認知症サポート医の資格を持つ宮埼香理医師が相談員となり、各地で「物忘れ相談」を ...続きを読む
開業3年目、経営は軌道に乗ってきましたが、スタッフの対応については依然、困っています。私の診察スタイルをサポートしてもらうために採用したはずなのに、スタッフの不満や気分によって、振り回されている感じがあります。 ...続きを読む
新元号が4月1日に公表されます。私たちは新元号発表と同時に、電子カルテ、医事・会計等のシステム改修へ早急に着手する予定です。西暦と新元号の並列表記か、新元号だけに統一した表記にするのが良いのか迷っています。 ...続きを読む
かかりつけ医と介護老健の主治医が共同で、内服薬を減薬させた場合に、介護老健でも算定可能な加算が新設されたと聞きました。どのような取り組みが必要になるのでしょうか。 ...続きを読む
「働き方改革」は、国策のために事業者にコストを負担させるための仕掛けのように思います。クリニックの弱小チームがこれに負けずに、経営にとってもプラスになるように取り組むためには、問題をどのように捉えたらよいでしょうか。 ...続きを読む
POINT(1)学べ、人が集まる場づくり、まちづくりにも取り組むライブラリ(図書室)やカフェなど地域住民が気軽に立ち寄れる場をつくり、医療・介護に関する啓発活動にもつなげる。(2)多職種協働のチーム医療を実践新築移転を機に「リハビリテーション室」と「食事相談室」を設置。理学療法士や管理栄養士とのチーム医療で、診療所の医療の質と効率性を高める。(3)地域の多職種連携の要となる地域の在宅医療を底上げするため、多職種のレベルアップと連携強化に取り組み、最期まで住み慣れた場所で過ごせる地域を目指す。多職種協働の ...続きを読む
私が院長を務める診療所は2診体制ですが、その一つの診察室を「介護医療院」の診察室と共用することは出来るのですか。併設はしていますが、同一建物ではありません。 ...続きを読む
私たちのような小規模クリニックでも、「外国人患者の受入拠点となる医療機関」に選定されるのは可能でしょうか?可能であれば、どのような条件が求められるのでしょうか? ...続きを読む
事業拡大に伴い、スタッフ数も増えてきました。クリニックを良くしていきたい、成長していきたいという想いは、スタッフも分かってくれているとは思います。しかし「共感」のような一体感までは、なかなか感じられません。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る