Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 404 件
    次の10件>  最終>>|
家賃やランニングコスト、看護師の人件費高騰等、正直、人口減少傾向が続く地域でクリニックを続けていくことに不安を持っています。何か打開策があれば教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)家庭医として外来・訪問診療を実施医療法人北海道家庭医療学センターの診療所として、家庭医の専門的教育を受けた医師が在籍。外来、訪問診療・リハビリまで担う。(2)“地域コミュニティケア”の概念を重視訪問看護ステーションとの「顔の見える会」の開催とともに、ケアカフェひがし区の実行委員として同院の多職種も携わり、地域での関係づくりに取り組む。(3)4つの委員会を設け、諸問題を解決「診療委員会」「ホスピタリティ委員会」「コミュニティケア委員会」「医療安全対策委員会」いずれかに全スタッフが所属、定期的 ...続きを読む
厚生労働省から新しい医療広告ガイドラインが出されたこともあって、広告の内容に関しては特段に注意を払っていますが、法的にはどのような広告が禁じられているのか、具体的に教えて下さい。 ...続きを読む
当クリニックは有床診療所で12床の療養病床を有していますが、それを介護医療院に転換することは可能なのでしょうか。 ...続きを読む
POINT(1)働く世代のサポートのため、診療時間を就業後に設定働く世代を支えるため、終業後の17~23時の6時間診療。ターゲットを絞ることで短時間でも患者数1日平均40人と安定。(2)サラリーマンにとってなじみ深い場所に開業ビジネス街に近いだけでなく、サラリーマンにとってなじみ深い歓楽街に開業。話題性もあり知名度も上昇。(3)メンタルの面でも働く世代をサポート精神・心療内科分野でも働く人のケアの需要が増えることを見据え、働きながらメンタルのサポートを必要とする、軽度の患者を丁寧にケア。オリジナリティある院名で ...続きを読む
妊婦が妊娠に直接関係のない疾病について受診した場合であっても、算定は可能なのでしょうか? ...続きを読む
オンライン診療では特別養護老人ホーム等の施設に入所する患者に対してもオンライン診療料の算定が出来るのでしょうか。 ...続きを読む
POINT(1)総合診療と院内処方を実践都会に住む人の悩みや症状に寄り添う「都会のかかりつけ医」を標榜。薬の説明は患者を診ている医師がすべきと院内処方にこだわる。(2)年齢や職業、性別、国籍を問わないことを宣言「誰でも診察する」ことをHPなどで明記、HIV陽性者や保険証を持たない訪日外国人など他院で診てもらえなかった患者も積極的に受け入れる。(3)メールによる相談にも対応診療内容への質問などをメールで受け付けている。通院中の患者からの急を要する問い合わせに対応するため、午前7~9時は院長自らが電話をとっている ...続きを読む
医療機関の規制対象となる広告媒体には、具体的にはどのようなものが含まれるのでしょうか。 ...続きを読む
地域包括ケアモデルに対して幾つかプラスになる改正点があったと聞きました。具体的に教えてください。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る