Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 368 件
    次の10件>  最終>>|
POINT(1)美容専門から内科を加えた新体制を開始コンセプトである“医食同源”の実現のため、身体の外側からケアする美容医療と、糖尿病治療など身体の内側からケアする内科の2本柱の診療体制を構築。(2)院内に調理スペースを完備し、調理指導を実施院内に調理スペースを完備した栄養指導室を増設。常勤の管理栄養士を雇用し、栄養指導のほか、予約制でオリジナルレシピによる調理指導も行っている。(3)通いやすく、リラックスできる診療所づくり診療時間やキッズスペースの確保など、患者が通いやすいように配慮。また、診療所らしさ ...続きを読む
措置入院をしていた患者が退院し、私たちのような小規模メンタルクリニックに通院していた場合には、「精神障害者支援地域協議会」に参加しなければならないケースも出てくるのでしょうか? ...続きを読む
第8次医療法が可決・成立しましたが、今回の改正での重要なポイントや罰則規定について教えてください。私たち小規模診療所でも、ホームページの作成については注意しなければならないのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)セカンドコール体制で医師の負担軽減を図る当番医によるバックアップ体制があることで、主治医の心身の負担を減らすことにつながる。(2)先手を打った対応で往診を少なくする何事も早めの対応で悪くなりそうな芽を摘んでおくことが、土日祝や夜間の急な対応を減らしている。(3)それぞれの患者と家族に寄り添う診療で安心を提供在宅医療は病気を治すことよりも、病気をコントロールしながらうまくつき合っていくことが重要という意識を法人全体で共有。コール体制の整備で医師の負担軽減を図る在宅療養支援診療所として大 ...続きを読む
2017年5月30日から「改正個人情報保護法」が施行されました。今改正ではより厳格化され、注意が必要であるとの話を聞きましたが、具体的にどのような改正が行われたのでしょうか? ...続きを読む
POINT!(1)立地や診療体制など通いやすさにこだわる忙しさから受診が滞りがちなビジネスパーソンのため、好アクセスの立地と、特定曜日の午後8時まで診察で、通いやすさを追求。(2)遠隔診療を導入、受診の選択肢を提供開院当初から遠隔診療アプリ「CLINICS」によるオンライン診療を導入。受診手段の選択肢を設けることで、治療継続につなげる。(3)地域の実情を診療科目に反映以前近隣に住んでいた頃、気軽に受診できる小児科がなかった経験から、同じ悩みを抱える共働き家庭のニーズに応えるため、小児科を標榜。働き盛りが受診 ...続きを読む
国や自治体等でも「健康経営」を支援する動きが活発化しているようですが、具体的に教えてください。 ...続きを読む
POINT(1)患者をよく知る看護師による24時間電話対応普段から診療に同行している看護師が、当番制でファーストコールを担当。緊急時もスムーズな対応につなげる。(2)事務職員が患者・他職種との連携の橋渡し役を担う事務職員が相談員として、患者や家族からの相談をはじめ、ケアマネジャーなどの各職種との調整や情報共有など、在宅医療へのスムーズな移行を支援する。(3)患者や家族との対話を重視した診療に尽力患者や家族の不安を取り除き、信頼関係を結べるように、じっくりと時間をかけて話を聞き、多くの選択肢を提案するように ...続きを読む
当院には認知症の専門医や認定看護師はおりませんが、私自身は内科医として医師会の認知症研修を修了し、これまで何人もの認知症の患者さんを診てきたので、認知症医療・ケアについて、十分な経験を積んできたと自負しています。「ものわすれ外来」を開設するには、具体的にどのような体制づくりが必要なのでしょうか? ...続きを読む
小児科訪問診療・看護への評価拡充か?今年に入り、1月11日、更に4月12日の2回に亘って中医協総会で在宅医療に係る議論が行なわれたが、今回は前回に引き続き、中医協での幾つかの論点を整理しながら、来年度に予定される診療報酬・介護報酬W改定でのポイントを占ってみたい。同総会では、「15歳未満の小児に対して、訪問診療を実施している」医療施設の割合は全体の2%程度であり、「超・準重症児を診療している」医療機関は全体の1%と、極めて少数であることが示された。また、これら医療機関の70%程度は、通常の在支診・在支病であ ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る