Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 412 件
    次の10件>  最終>>|
POINT(1)在宅医療の展開と多職種の雇用で、生活を支える機能を強化「年齢にかかわらず住民が地域で生活し続けられる」ための地域医療実現に向け在宅診療部門を立ち上げ、栄養、生活リハビリ機能を新設。(2)地域のインフラとしての役割を果たす地域住民の意識改革を図るための院内イベントを開催。さらにコミュニティースペースや住民同士の交流のきっかけを創出。(3)総合診療専門医を育て、地域医療を活性化する大学の総合診療専門医の教育施設となり、患者の生活まで見据えて総合的にサポートする同志を増やす。病院医療に依存しな ...続きを読む
医療機関が扱う医薬品や医療機器等に関して、どのような広告規制があるのか教えて下さい。 ...続きを読む
スマホ2台持ちで、どこでも診察できる IoTを使いこなす医師たち東京都医師会理事 目々澤 肇 氏東京都医師会理事の目々澤肇氏は東京におけるオンライン診療の受け止め方について報告した。都医師会では2017年、「医療ならびに医業のIT化について」の答申をまとめている。その中での調査結果で、88.4%の会員が遠隔診療を知っていると回答。「またオンライン診療のサービスを利用している会員のうち「CLINICS」(株式会社メドレー)44.4%、「curon」(株式会社MICIN)33.3%だった。オンライン診療の賛否は賛成と反対がそれぞれ約47%と拮 ...続きを読む
乳幼児や障がい児の通院困難ケース 医療の質向上にもつながる外房こどもクリニック 院長 黒木 春郎 氏適応は急性期ではなく病態も安定していること早くからオンライン診療を取り入れてきた外房こどもクリニック院長の黒木春郎氏は、「小児プライマリケアにおけるオンライン診療の経験」について報告した。同院は小児医療の過疎地域にある。小児科専門医が常勤している近隣の医療機関は50km離れている。そうした地域の小児医療を常勤医3人でカバーしている。「2年ほど前、オンライン診療のシステムができたとき、新しい技術としてビデオ ...続きを読む
今春の診療報酬改定でオンライン診療料が創設された。厚労省によるガイドラインも発表され、「オンライン」が普及するための環境が整ったようにみえる。しかし実際にIoTを活用する医師たちからは制度と臨床の矛盾が多いとの声もある。今夏開かれた日本外来小児科学会では、オンライン診療に取り組む医師らが登壇。その可能性について、これまでの実績から報告があった。利便性だけでなく医療者の働き方改革、イノベーションにも応えるツールだ厚生労働省医政局医事課 課長補佐 久米 隼人 氏この3年間は大きな変革の時期遠隔診療の施策に ...続きを読む
2018年7月に改正さた医療法及び医師法にて、医師不足や医師少数地域への対策等、主な内容とポイントとなる改正点を教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)かかりつけ医として在宅と外来を実践幅広い疾患・年齢層の患者を、訪問診療と外来診療で手厚く支える。外来は午前7時から午後2時まで年中無休で診療し、院内にはCTも完備する。(2)6人のMSWが各種調整と医師業務を軽減MSWは入退院や多職種連携の調整、医師業務の効率化を促進、ならびに連携の質を担保できる職種として、院内の要となっている。(3)SNSで診療所の理念や役立つ情報を発信毎日更新するブログでは、今井院長が在宅医療にかける思いや診療実績、医療制度への問題提起などを発信。スタッフ確保のツールとしても活用 ...続きを読む
患者さんの「減薬」に貢献した場合に、「地域包括診療加算」へ新たな加算が付くとの話を聴きました。どのような取り組みが必要になるのでしょうか。 ...続きを読む
家賃やランニングコスト、看護師の人件費高騰等、正直、人口減少傾向が続く地域でクリニックを続けていくことに不安を持っています。何か打開策があれば教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)家庭医として外来・訪問診療を実施医療法人北海道家庭医療学センターの診療所として、家庭医の専門的教育を受けた医師が在籍。外来、訪問診療・リハビリまで担う。(2)“地域コミュニティケア”の概念を重視訪問看護ステーションとの「顔の見える会」の開催とともに、ケアカフェひがし区の実行委員として同院の多職種も携わり、地域での関係づくりに取り組む。(3)4つの委員会を設け、諸問題を解決「診療委員会」「ホスピタリティ委員会」「コミュニティケア委員会」「医療安全対策委員会」いずれかに全スタッフが所属、定期的 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る