Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 361 件
    次の10件>  最終>>|
POINT(1)患者をよく知る看護師による24時間電話対応普段から診療に同行している看護師が、当番制でファーストコールを担当。緊急時もスムーズな対応につなげる。(2)事務職員が患者・他職種との連携の橋渡し役を担う事務職員が相談員として、患者や家族からの相談をはじめ、ケアマネジャーなどの各職種との調整や情報共有など、在宅医療へのスムーズな移行を支援する。(3)患者や家族との対話を重視した診療に尽力患者や家族の不安を取り除き、信頼関係を結べるように、じっくりと時間をかけて話を聞き、多くの選択肢を提案するように ...続きを読む
当院には認知症の専門医や認定看護師はおりませんが、私自身は内科医として医師会の認知症研修を修了し、これまで何人もの認知症の患者さんを診てきたので、認知症医療・ケアについて、十分な経験を積んできたと自負しています。「ものわすれ外来」を開設するには、具体的にどのような体制づくりが必要なのでしょうか? ...続きを読む
小児科訪問診療・看護への評価拡充か?今年に入り、1月11日、更に4月12日の2回に亘って中医協総会で在宅医療に係る議論が行なわれたが、今回は前回に引き続き、中医協での幾つかの論点を整理しながら、来年度に予定される診療報酬・介護報酬W改定でのポイントを占ってみたい。同総会では、「15歳未満の小児に対して、訪問診療を実施している」医療施設の割合は全体の2%程度であり、「超・準重症児を診療している」医療機関は全体の1%と、極めて少数であることが示された。また、これら医療機関の70%程度は、通常の在支診・在支病であ ...続きを読む
A先生が同市内で新規開業することになり、在宅患者に対し主治医(私)、副主治医(A先生)のグループ診療体制で今後、在宅医療の提供を進めていく予定です。A先生が私の診ている患者さんに訪問診療を行った場合に、「在宅患者訪問診療料」を算定することが出来るのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)第三者継承で開業コストを削減開業にあたり第三者継承を選択。医療機器や施設にかかる費用を抑えることで、新規よりも低コストでの開業を実現。(2)段階的に新しい設備・手法に切り替え徐々に電子カルテなどのペーパーレス化など効率化に着手。自院の運営状況を勘案しながら、段階的に自身の経営方針に沿った体制を整備。(3)混雑状況を視認しながら待ち時間を調整待合室にカメラを設置し、診察室で混雑状況を確認するなど、患者の待ち時間をできるだけ軽減できるように努める。患者層や閉院理由を比較し複数の継承物件か ...続きを読む
私はこの地域で20年以上、開業しているクリニックの院長ですが、地域の社会医療法人病院が中心となり進めている「地域医療連携推進法人」の評議員になって欲しいとの打診を受けました。第三者である私は評議員として、本当に相応しいのでしょうか? ...続きを読む
2018年から始まる第7次地域医療計画では、医療費の無駄を省くために、稼働率の低い医療機器は必要ないと厚生労働省は考えているのでしょうか? ...続きを読む
国土交通省の「スマートウェルネス住宅等、推進事業」は医療法人でも手上げすることが可能と聞きましたが、私たちのような小規模診療所でも応募することが出来るのですか? ...続きを読む
POINT(1)医療と介護サービスを一体的に提供グループで社会福祉法人や有限会社を有し、デイサービスや訪問介護、ケアハウスなどによる包括的サービスを提供。(2)有床診療所としての役割を全ういつでも地域のニーズをかなえられるようベッドを確保し、継続した入院治療を行う。(3)医師会活動による新鮮な情報を活用日本医師会の有床診療所委員会メンバー、北海道医師会常任理事・地域福祉部長として得た情報を自院や地域での活動に活かす。院長就任に伴って機能拡充し再スタート医療法人社団東旭川宏生会林医院は、1946年に現在の林宏 ...続きを読む
歯科医師が病院の栄養サポートチームに参加すれば、歯科医院でも診療報酬で評価されるようになったと聞きました。どのような取り組みをすれば良いのでしょうか。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る