Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 27,364 件
2018年度診療報酬改定で、「緩和ケア病棟入院料」は区分1・2に分けられ、緩和ケア病棟の機能分化が図られるようになった。一方で地域との連携の視点も求められている。7月に開催された日本ホスピス緩和ケア協会の大会では、機能分化と地域連携に苦慮する現場からの声が寄せられた。緩和ケア病棟を取り巻く環境長年にわたりホスピス・緩和ケア病棟の運営などに携わってきた淀川キリスト教病院緩和医療内科部長の池永昌之氏は、自らの経験を踏まえ緩和ケア病棟、さらには地域との連携の課題を報告した。池永氏によれば最近の医療体制は、緩 ...続きを読む
北青山Dクリニック(東京都渋谷区、阿保義久院長)は4日、再生医療(脂肪由来間葉系幹細胞)を用いた治療を開始したことを発表した。同院では、処理時間のロスによる細胞の劣化や数の減少を最小限に抑えるため、細胞培養を外部に委託するのではなく、細胞の分離・培養・増殖を行うCPC(細胞培養センター)ルームをクリニック内に併設。専任の細胞培養士も常駐させ細胞培養の質の担保に尽力している。治療適応は、変形性膝関節症などの「慢性疼痛」、脳梗塞・心筋梗塞を始めとした「動脈硬化症」、軽度認知機能低下からアルツハイマー ...続きを読む
最近、医師仲間で集まると、事業継承の話題で持ちきりです。自分もそのような年齢になってきたのだと実感しますが、動けるうちは働き続けたいと今は考えています。ただ、近い将来に向けて、現時点で準備できることがあれば教えてください。 ...続きを読む
国立成育医療研究センター(成育研)は9日、同センターなどの研究グループが少量の妊婦の血液から胎児の「RhD血液型」を判定する新たな出生前検査法を開発したと発表した。この成果により、日本人の一部で胎児の血液型の出生前検査が困難な症例でも分子遺伝学的な根拠に基づく診断・治療の方針が立てられるようになることから、国内でのRhD不適合妊娠の診断・治療方針を大きく変えることが期待されるとしている(p1参照)。 新たな出生前検査法を開発したのは、同センター研究所の周産期病態研究部と同病院の周産期・母性診療センター ...続きを読む
日本医療安全調査機構は9日、医療事故調査制度の現況(8月)を公表した。医療機関が医療事故調査・支援センターに行った医療事故の報告件数をまとめたもので、8月の事故発生の報告は20件あった(p1~p2参照)。 同制度では、医療事故が発生した医療機関が院内調査を行い、その調査報告を同機構内の医療事故調査・支援センターが収集・分析することで、再発防止につなげることを目的としている。 同機構によると、医療事故調査制度が始まった2015年10月から19年8月までの間、1,472件の医療事故発生の報告があった(p1~p2参照)。&nb ...続きを読む
厚生労働省は9日、第6回データヘルス改革推進本部を開催し、2025年度に向けた計画を示した。同本部は17年1月に発足し、同年に20年度を目標とする計画を示している。第2期となる21-25年度では、現在の取り組みを引き継ぎつつ、4つの柱で21年度以降の政策を具体化していく。 計画の柱は、(1)ゲノム医療・AI活用(2)PHRの推進(3)医療・介護現場の情報利活用(4)データベースの効果的な利活用-の4つ(p4~p18参照)。 (1)のゲノム医療では、がんゲノム情報の集約や医療提供体制の整備を中心に進めてきたのを、今後は全ゲノ ...続きを読む
内閣は9日、2018年度における予算の使用状況を官報に掲載し、厚生労働省に関連する事業として医療提供体制の基盤整備に1,000億円超、医療費適正化の推進に200億円超などを費やしたことを明らかにした。 官報によると、18年度の厚労省所管の支出済歳出額は計約30兆7,562億円で、翌年度に約2,750億円を繰り越す。歳出予算の経費のうち、結果として使用する必要がなくなった不用額は約4,395億円。 医療に関する項目別の支出済歳出額は、医療保険給付諸費が約9兆9,408億円で、翌年度への繰越額は約38億円となる。また、医療提供体制 ...続きを読む
信大病院の奥山隆平教授と東京大学医科学研究所附属病院の藤堂具紀教授らの研究グループは27日、抗がん免疫刺激機能を付加した第三世代がん治療用ヘルペスウイルスとしては世界で初めての臨床応用を実施すると発表した。悪性黒色腫の患者を対象にした医師主導治験で、信大病院と東大医科研附属病院の2施設で実施。参加希望者の募集を同日開始した。がん治療用ウイルス療法は、がん細胞のみで増えることができるウイルスを感染させ、がん細胞を破壊する手法で、革新的な治療法として期待されている。東京大学では、藤堂教授らが単純ヘルペ ...続きを読む
介護の仕事にやり甲斐を感じながらも、腰痛に苦しみ離職を余儀なくされる職員もおり、頭を悩ませています。介護施設における職員の腰痛対策として、どのような取り組みが必要かを教えて下さい。 ...続きを読む
◆生産性向上の手段として、RPAに注目少子高齢化が進む我が国において、労働人口の減少が大きな問題となっています。そのため、労働力の有効活用や生産性を向上させるための方策が議論されており、従来よりも少ない人数で生産力を高めるための手段として、現在、RPA(Robotic Process Automation)が注目されています。RPAとは、「これまで人間が行ってきた事務作業の一部を、ロボットを使って自動化する取り組み」です。ロボットというと、SF映画に出てくるようなアンドロイドのようなイメージがあるかもしれませんが、ここでいうロボット ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る