Communication/コミュニケーション

薬剤師力向上特集

薬局・薬剤師の未来を考えよう!薬局・薬剤師の生き残り戦略2014。 3

~キャリアデザイン&薬局経営

山村 真一(やまむら しんいち)

一般社団法人保険薬局経営者連合会 会長
薬剤師。1979年昭和大学薬学部卒業。1980年プライマリーファーマシー開局。2005年バンビーノ薬局を開局。2011年中小の薬局経営者を中心とした一般社団法人保険薬局経営者連合会を設立。2013年薬事政策に関する調査研究や薬事データの収集と解析、薬局経営などに関するコンサルティング業務を行うシンクタンク組織、株式会社薬事政策研究所を設立。時代の求めに応じ、安全で高品質な医療を低コストで提供できるよう業界の窓口となり、国民の利益に貢献する事を目指し、広範な活動をしている。


調剤重視から服薬管理・指導重視への転換

 後発医薬品の活用に関しても、本来であれば薬局・薬剤師がもっと主導権を握って旗を振るべきでした。なぜならば後発医薬品に切り替えるキーパーソンは、われわれ薬局・薬剤師ではありませんか。もっと早いうちから、「私たちがやります!」と国にアピールして、国民にもメッセージを送るべきだったのです。しかしそれをしないまま、なし崩し的に現在に至ってしまっているのは、非常に残念なことと言わざるを得ません。

 

 国が2014年6月にまとめた「経済財政運営と改革の基本方針2014」では、薬価・医薬品に係る改革に関して次のように述べています。「医薬分業の下での調剤技術料・薬学管理料の妥当性・適正性について検証するとともに、診療報酬上の評価において、調剤重視から服薬管理・指導重視への転換を検討する」。これに対してもわれわれのほうから、「こうしたらどうですか」と提案すべきなのですが、実際は国の出方をただ待っているだけに過ぎません。

 

 国民を薬物による有害事象から守るためにも、“効果の最大化とリスクの最小化”を薬局は示していかなければいけません。このことについて、薬局の窓口で胸を張って「きちんとやっている」と言えるでしょうか。実行動として、まだまだ弱い部分は否めないはずです。「薬剤師がお薬のライフガードとして見守ってくれているから安心だ」という感覚を国民に持ってもらうことが、おそらく今はまだできていないのが現実だと思います。

 

「俺がやる!」という気概で薬局の未来は自分で創る

 保険調剤業務は、今や7兆円産業といわれており、保険薬局の受け取る処方箋は年間約8億枚となっています。処方箋ビジネスと化してしまった川下ビジネスとしての調剤薬局業務には、厳しい時代が訪れています。しかし“最終ゲートキーパー”としてのわれわれの責任は、これからも堂々と果たしていくべきです。それに加えて、これからは川上戦略、つまり医者に行く前の“ファーストゲートキーパー”として薬局の業務を拡大していくことが、とても重要になってくるでしょう。

 

 今お話をしたようなさまざまな予防、新しいアクション、新しいフロンティアが目の前に広がってきたのですから、これから起こる変化を受け身で待っているのではなく、自分の頭で考えて、自ら開拓する気概がほしいと思っています。

 

 マイクロソフトのビル・ゲイツや、アップルのスティーブ・ジョブズなどの例を挙げるまでもなく、個人の力で社会が変わることを実感しているわけですから、私たちの業界も決して無理なことではないはずです。「俺がやる!」というくらいの気概をもってこの業界を変えていく勢いがほしいですし、イノベーションは合議では生まれないと思っていいでしょう。時代を変えていくのは、卓越した個人のアイデアややる気であり、その勇気が時代をブレークスルーしていくのです。

 

 薬局単独ではできないと思われているようなことも、みんなで力を合わせればできるかもしれません。そのためにも保険薬局が連携して、社会的使命を果たそうではありませんか。そして薬局の未来を、ほかの誰でもなく自らが創っていくつもりで、これからの時代を突き進んでいただきたいと思っています。

 

●この記事は、2014年8月31日に開かれた〈第15回薬剤師力向上セミナー〉(弊社主催)の内容をもとに構成したものです。

twitter

facebook

ページトップへ戻る