電子薬歴GooCoの株式会社グッドサイクルシステム
CORPORATE SITE

薬局お役立ち情報 - 副作用機序別分類を極めよう!

第33回 フロセミドによる聴覚障害はなぜ起こるの?

Tags:  2021-10-28

引き続き、副作用機序別分類の具体例をご紹介していきます。
“副作用の起こる発生機序 3つの分類”薬理作用・薬物過敏症・薬物毒性の分類されるのか?
どのような事に活用できるか?具体的に紹介していきます!

今回は、フロセミドによる聴覚障害についてご紹介します。聴覚障害は「難聴」として、添付文書“重大な副作用”の項にも記載されている副作用です。

まずは、結論から!フロセミドによる聴覚障害は、【副次的な薬理作用による副作用】です。

ループ利尿薬であるフロセミドは、ヘンレループ(ヘンレ係蹄の上行脚)のNa+-K+-2Cl–共輸送体を阻害し、Naの再吸収を阻害します。Naの再吸収が抑制されることにより、尿浸透圧が上昇し水分の再吸収も抑えられる結果、利用作用・降圧作用を示します。

聴覚系末梢である内耳のラセン器の外有毛細胞周囲のコルチリンパは、外リンパと同じようにNaが高濃度で、外有毛細胞の細胞膜には能動輸送が働いており、細胞内の高Kイオン環境を維持していると考えられています。

フロセミドによる聴覚障害は、外有毛細胞の膜能動輸送に関係するATPaseが、フロセミドで傷害され、Naや水が細胞内に流れ込み、細胞が膨隆するためと考えられます。

聴覚障害は、注射で短時間に大量投与した場合に聴覚末梢で高濃度になるため、発症しやすく、静注後10~20分で一過性に発症することが多いとされています。

内服では、消失半減期が0.35時間と短いため、薬剤蓄積による副作用発現の可能性は考えにくいですが、脱水などにより一過性に薬物濃度が上昇し、聴力障害が引き起こされる可能性があります。

フロセミドによる聴覚障害は投与を中止するとほとんどが正常に回復します。しかし、アミノグリコシド系抗生物質やシスプラチンなど聴覚毒性のある薬剤と併用すると、これらの薬剤の濃度を高め、外有毛細胞が壊死し、不可逆的な難聴を引き起こす可能性があるので注意が必要です。(添付文書:併用注意)

併用薬によっては、聴覚障害のリスクが高まりそうだね!
副作用発現リスクの高い患者さんには、特に聴覚障害による初期症状(聴力の低下,耳閉感,めまい,口のまわりがしびれる,顔がほてるなど)を事前に伝え、服薬期間中の変化をしっかりと確認するようにしましょう。

<<第34回 NSAIDsによる腎障害はなぜ起こるの?

第32回 ミラベグロンによる高血圧はなぜ起こるの?>>

研修認定1単位 無料オンラインセミナー

Knowledge

副作用機序別分類を極めよう!

第60回 DPP-4阻害薬の便秘はなぜ起こるの?...

引き続き、副作用機序別分類の具体例をご紹介していきます。 “副作用の起こる発生機序 3つの分類” 薬理作用・薬物過敏症・薬物毒性のどれに分類されるのか?どのような事に活用できるか?具体的に...続きを読む

2024-04-19

第59回 エゼチミブの消化器症状はなぜ起こるの?...

どんぐり未来塾です。今回はエゼチミブの消化器症状についてご紹介します。 結論から!エゼチミブの消化器症状は、【副次的な薬理作用による副作用】です。 小腸コレステロールトランスポーター(NP...続きを読む

2024-03-25

第58回 スピロノラクトンの女性化乳房はなぜ起こるの?...

引き続き、副作用機序別分類の具体例をご紹介していきます。 “副作用の起こる発生機序 3つの分類”薬理作用・薬物過敏症・薬物毒性のどれに分類されるのか?どのような事に活用できるか?具体的に紹...続きを読む

2024-02-26

Seminar
Service

グッドサイクルシステムの「薬局業務の効率化」や「サービスの向上」を図る製品サービス

投薬後フォローとスマホ決済 Followcare

Followcare

服薬フォローアップ&オンライン服薬指導対応ツールです。電子薬歴とLINEの連携で二重作業なく服薬フォローアップが行えます。リフィル処方せん・オンライン服薬指導・服薬フォローアップに必要な機能が揃います。

GooCoPOSを見る

保険薬局専用POSレジ GooCoPOS

GooCoPOSは、レセコン接続対応だけでなく、セルフメディケーション税制に対応した保険薬局専用のPOSレジです。正確な現金管理で、未集金管理を1日150円で導入いただけます。

MAPs for PHARMACY DX

MAPs for PHARMACY DX

MAPs for PHARMACY DXは、レセコン・電子薬歴の枠を超えた次世代薬局業務支援システムです。薬局のDXを実現することで時代の変化とニーズの多様性へ対応し、患者の健康をサポートします。

>