News/最新情報

株式会社社会情報サービスが、電子薬歴データを用いた「薬剤師の服薬指導内容と患者のアドヒアランスの関連性についての解析結果」を発表 2015-06-29

薬剤師の服薬指導内容と患者のアドヒアランスの関連性についての解析結果を発表

3,836人の慢性疾患患者の電子薬歴データ解析により、
「医薬連携」の一員として薬剤師の果たす役割の重要性が、より一層明らかに

株式会社社会情報サービス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:牧田 孝)は、5月下旬米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された医薬品市場調査協会(PBIRG)年次総会のポスターセッションにおいて、薬剤師の服薬指導と患者のアドヒアランスの関連性についての解析結果を発表、慢性疾患の薬物療法を受けている患者のアドヒアランス向上に影響を与える薬剤師の服薬指導内容を明らかにしました。

詳細は→リンク
https://www.ssri.com/press_release/20150615.html

twitter

facebook

ページトップへ戻る