【NEWS】[がん対策] 最先端がんゲノム医療の講座、配信開始
22世紀先端医療情報機構
2019-09-11
一般社団法人22世紀先端医療情報機構(東京都千代田区)は9月1日より、国立がん研究センター(がんセン)と共同制作した「がんゲノム医療講座」をドコモgaccoのプラットフォーム上での配信を開始した。

同講座は、がんセンが当団体と共に2017年度から医師向けに提供していたe-learning講座(日本臨床腫瘍学会、日本遺伝性腫瘍学会、日本病理学会の公式学習教材)から基礎となる部分を再構築した講座だ。がんゲノム医療時代の本格的な幕開けに際して、最新かつ正しい情報を体系的に学習したい多くの人たちの受講が可能となる。がんセンをはじめとする日本を代表するがんゲノム医療に携わる医師が主な14種の遺伝子異常について解説する講義動画や、遺伝性のがんに関する最新の研究成果をベースとした講義動画により、最先端の「がんゲノム医療の基礎」をオンラインで学ぶことができるという。

現在のがん治療の開発は非常に早いスピードで進んでおり、この講座内容も陳腐化しないよう、世界の学会で発表される最新の情報に定期的にアップデートする予定だという。

インターネット上に存在する数多くのがん関連情報の中から正しい情報を得たいと考えている人にとって、医師が参加するがん治療に関わる医学会でも教材として使用されている同講座を受講することは、これに対する1つの回答になると考えられている。

(医療タイムス)

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る