[先進医療] 先進医療B該当1技術の実施を了承 中医協・総会
中央社会保険医療協議会 総会(第420回 7/24)《厚生労働省》
2019-07-24
中央社会保険医療協議会・総会は7月24日、先進医療会議で「適」と評価された先進医療B該当技術1件の実施を了承した。技術名は「自家末梢血CD34陽性細胞移植による下肢血管再生療法」。医療法人沖縄徳洲会・湘南鎌倉総合病院が申請した。適応は維持透析治療中の疼痛・潰瘍を伴う重症虚血を呈する下肢閉塞性動脈硬化症。試験期間は5年間。先行試験で使用機器の適応が取得される可能性があることから、適応拡大につなげることを目指す(p17~p23参照)。 

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る