[医薬品] 消化器官用薬イトプリド塩酸塩、スイッチOTC化へ 厚労省通知
医療用医薬品の有効成分の要指導・一般用医薬品への転用について(5/10付 通知)《厚生労働省》
2019-05-10
厚生労働省は5月10日、医療用医薬品の有効成分の一般用医薬品への転用(スイッチOTC化)の妥当性について、関連審議会が検討した結果を日本製薬団体連合会宛に通知した。審議対象となった5成分のうち、OTC化が認められたのは、消化器官用薬のイトプリド塩酸塩のみ。アルツハイマー型認知症などの進行抑制を効能・効果とする4成分(ドネペジル塩酸塩、ガランタミン臭化水素酸塩、メマンチン塩酸塩、リバスチグミン)は、OTC化不可となった。認知症は、医師の正確な診断に基づく薬剤の選択や、用量の調整が必要などと判断したため。検討結果の詳細は同省のホームページで閲覧できる(p2参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る