茨城県薬剤師会で独自に行なわれている「セルフメディケーション支援薬局」とは?
2019-01-11
Q.
茨城県薬剤師会で独自に行なわれている「セルフメディケーション支援薬局」とは?

「健康サポート薬局」に近い考え方として、地方において独自の「セルフメディケーション支援薬局」を認定する動きがあるようですが、どのような仕組みなのか教えて下さい。私たちが主催する薬剤師の勉強会でも検討したいと思っております。

(調剤薬局経営者 薬剤師・52歳)


A.
茨城県薬剤師会では、地域住民にとって身近で気軽に健康相談の出来る薬局を「セルフメディケーション支援薬局」として指定しています。

指定の薬局では健康相談に加えて、食生活の相談、禁煙の支援、一般用医薬品の相談と適切な医薬品の販売、残薬の整理、医療機関の紹介状の発行等、様々なサービスを受けることが可能です。

「セルフメディケーション支援薬局」ステッカーや、のぼり旗を作り広報できると共に、「血糖値測定やヘモグロビンA1(c)の測定を実施する薬局」に対しては、独自ののぼり旗を作っています。茨城県内で242薬局が指定され、2009年頃から当該事業を実施していたことから、「健康サポート薬局」を先取りした動きとして注目されています。


(2018年11月度編集)

本掲載内容に関する一切の責任は日本経営グループの(株)日本経営エスディサポートに帰属します。尚、内容につきましては一般的な法律・税務上の取扱いを記載しており、具体的な対策の立案・実行は税理士・弁護士等の方々と十分ご検討の上、ご自身の責任においてご判断ください。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る