[医薬品] 高血圧症治療薬をクラスIで自主回収 東京都
医薬品自主回収のお知らせ(7/6)《東京都》
2018-07-06
東京都は7月6日、あすか製薬株式会社が製造販売した高血圧症治療薬のバルサルタン錠20mg「AA」などについて、自主回収を開始したと発表した。当該製品の原薬に発がん性があるとされるN-ニトロソジメチルアミンが混入しているとの情報を入手したため。回収分類は、重篤な健康被害または死亡の原因となり得る「クラスI」。現在までのところ、国内外において重篤な健康被害は発生していない(p1参照)。
 
回収対象製品は、▽バルサルタン錠20mg「AA」▽バルサルタン錠40mg「AA」▽バルサルタン錠80mg「AA」▽バルサルタン錠160mg「AA」。出荷時期は2014年5月から2016年12月までで、承認取得以降の全ロット。1,315施設に納入されている(p1参照)(p3~p5参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る