[医薬品] 化血研の事業譲渡に伴い、10医薬品をオーファン再指定 厚労省
希少疾病用医薬品の指定取消し及び希少疾病用医薬品の指定について(7/2付 通知)《厚生労働省》
2018-07-02
厚生労働省は7月2日、化学及血清療法研究所が主要事業を譲渡したのに伴い、同社から試験研究等の中止届が提出されていた医薬品10品目について、希少疾病用医薬品の指定を取り消し、事業譲渡先のKMバイオロジクスを開発会社として、改めて指定を行ったことを、都道府県に通知した。今回対象となった医薬品と効能・効果は次の通り(p1~p4参照)。
 
●乾燥濃縮人活性化プロテインC/先天性プロテインC欠乏に起因する、表在性静脈血栓症、深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症及び電撃性紫斑病の改善
●ペントスタチン/成人T細胞白血病・リンパ腫及びヘアリーセル白血病の自覚的及び他覚的症状の寛解
●乾燥スルホ化人免疫グロブリン/ギラン・バレー症候群(急性増悪期で歩行困難な重症例)
●沈降インフルエンザワクチン(H5N1)/インフルエンザ(H5N1)の予防
●乾燥スルホ化人免疫グロブリン/チャーグ・ストラウス症候群、アレルギー性肉芽腫性血管炎における神経障害の改善(ステロイド剤が効果不十分な場合)
●乳濁細胞培養A型インフルエンザHAワクチン(H5N1株)/新型インフルエンザ(H5N1)の予防
●乳濁細胞培養A型インフルエンザHAワクチン(プロトタイプワクチン)/新型インフルエンザの予防
●乾燥スルホ化人免疫グロブリン/視神経炎(ステロイド剤が効果不十分な場合)
●乾燥スルホ化人免疫グロブリン/顕微鏡的多発血管炎における神経障害の改善(ステロイド剤が効果不十分な場合に限る)
●MC710(乾燥濃縮人血液凝固第X因子加活性化第VII因子)/血液凝固第VIII因子又は第IX因子に対するインヒビターを保有する患者の出血抑制
 

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る