[医薬品] ペグフィルグラスチムなどの使用上の注意を改訂 厚労省
医薬品・医療機器等安全性情報No.354(7/3)《厚生労働省》
2018-07-03
厚生労働省は7月3日に公表した「医薬品・医療機器等安全性情報No.354」に、ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)など5成分の医薬品について、添付文書の使用上の注意の改訂内容を掲載した。
その他の血液・体液用薬の「ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)」、「フィルグラスチム(遺伝子組換え)他バイオ後続品」、「レノグラスチム(遺伝子組換え)」については、重大な副作用に「大型血管炎(大動脈、総頸動脈、鎖骨下動脈等の炎症)」を追加。発熱、CRP上昇、大動脈壁の肥厚などがあった場合は、投与を中止して適切な処置を行うことを求めた(p9~p12参照)。
 
なお今回、使用上の注意が改訂されたのは以下の医薬品。
▽不整脈用剤「アミオダロン塩酸塩」(販売名:アンカロン錠100など)▽その他の血液・体液用薬「ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)」(販売名:ジーラスタ皮下注3.6mg)、「フィルグラスチム(遺伝子組換え)他バイオ後続品」(販売名:グラン注射液75など)、「レノグラスチム(遺伝子組換え)」(販売名:ノイトロジン注50μgなど)▽その他の腫瘍用薬「エベロリムス」(販売名:アフィニトール錠2.5mgなど)▽血液製剤類「エフトレノナコグアルファ(遺伝子組換え)」(販売名:オルプロリクス静注用250など)▽抗原虫剤、その他の抗生物質製剤「メトロニダゾール(経口剤及び注射剤)」(販売名:フラジール内服錠250mgなど)、「ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール」(販売名:ランピオンパック)、「ラベプラゾールナトリウム・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール」(販売名:ラベファインパック)、「ボノプラザンフマル酸塩・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール」(販売名:ボノピオンパック)(p12~p13参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る