[診療報酬] 2017年11月時点で「急性期医療」51.2万床 アルトマーク調査
機能別病床数の現状 都道府県別・二次医療圏別の比較(6/26)《日本アルトマーク》
2018-06-26
2018年度診療報酬改定で統合・再編が行われた入院料について、日本アルトマークは6月26日、2017年11月時点の算定状況を病床の機能別に再集計した結果を公表した。それによると改定後の「急性期医療」に該当する入院料を算定していた病床は、51.2万床で、全国的に「急性期医療」の算定割合が高い傾向がみられた。
 
2018年度改定では、入院料を▽急性期医療(【急性期一般入院基本料】)▽急性期医療~長期療養(【地域一般入院基本料】、【地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料】、【回復期リハビリテーション病棟入院料】)▽長期療養(【療養病棟入院基本料】)-の3つの機能に統合・再編した(p4参照)。
 
これを2017年11月時点の算定状況にあてはめると、「急性期医療」に該当する入院料(旧【7対1・10対1一般病棟入院基本料】)を算定していた一般病院の病床は全国で51万2,366床、「急性期医療~長期療養」(旧【13対1・15対1一般病棟入院基本料】、【地ケア病棟入院料】、【回リハ病棟入院料】)は20万6,487床、「長期療養」は21万3,290床となった(p1参照)(p4参照)。
 
全国的に「急性期医療」の算定割合が高く、3機能の病床数全体に占める構成比の全国平均は54.2%。都道府県別では神奈川県(64.5%)、新潟県(64.1%)、福島県(62.9%)などで高く、最も高い神奈川県と、最も低い徳島県(36.9%)では、27.6ポイントの開きがあった。人口10万人当たり病床数の全国平均は、「急性期医療」403床、「急性期医療~長期療養」162床、「長期療養」168床だった(p1~p2参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る