Q.2018年度診療報酬改定における明細書無料発行の完全義務化について
2018-04-13
Q.
2018年度診療報酬改定における明細書無料発行の完全義務化について

当薬局では、2011年から全レセプトのオンライン提出が原則、義務付けられたことから、明細書を無償発行することを通常としてきました。ただ公費負担医療の給付により自己負担のない患者(全額公費負担を除く)の場合、患者からの要求があったケースのみ無償発行しています。

今回の診療報酬改定からそのルールが変更されると聞きましたが、どのような変更が行なわれるのでしょうか?(都心部・調剤薬局薬局長・38歳)


A.
2018年4月からは明細書無料発行が完全義務化

貴薬局の場合、公費負担医療に係る給付により自己負担のない患者(全額公費負担を除く)に対しても、明細書の無料発行が原則、義務付けられることになり、患者からの求めがあろうとなかろうと、明細書を無料発行することが必要になりました。

また、自己負担のある患者、ない患者に係らず2019年4月で経過措置は終了し、「原則」が外れて調剤薬局及び病院は「完全」義務化が実施されます。

(2018年2月度編集)

本掲載内容に関する一切の責任は日本経営グループの(株)日本経営エスディサポートに帰属します。尚、内容につきましては一般的な法律・税務上の取扱いを記載しており、具体的な対策の立案・実行は税理士・弁護士等の方々と十分ご検討の上、ご自身の責任においてご判断ください。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る