[医薬品] 危険ドラッグ7製品から指定薬物を検出 厚労省
指定薬物を含有する危険ドラッグの発見について(3/12)《厚生労働省》
2018-03-12
厚生労働省は3月12日、「指定薬物を含有する危険ドラッグの発見」を公表した。東京都が都内で流通、販売される危険ドラッグの成分検査を行った結果、7製品から医薬品医療機器等法で規定されている「指定薬物」を検出した。
都は販売元に対して販売中止を指示。これらの製品を所持している人に対し、使用を避け、直ちに都道府県薬務主管課などへ相談するよう呼びかけている(p2~p3参照)。
今回、指定薬物が検出された製品は次の通り。
 
●物品名:Research chemical Ketamine analogue2(表示名称:Ketamin)、検出された指定薬物:2-Fluorodeschloroketamine
●物品名:スカル 420 ソリッド状(表示名称:Skull 420)、検出された指定薬物:FUB-PB-22、FDU-PB-22
●物品名:海王 2nd、検出された指定薬物:α-PHPP
●物品名:Devil、検出された指定薬物:5-Fluoro-AB-PINACA
●物品名:スピードラッシュ(表示名称:Speed Rush)、検出された指定薬物:3-FPM
●物品名:クリスタルアイス(表示名称:Crystal Ice)、検出された指定薬物:3-FPM
●物品名:スーパーレモンヘイズ ソリッド状(表示名称:Super Lemon Haze)、検出された指定薬物:5F-ADB-PINACA、 FUB-PB-22、 FDU-PB-22

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る