Q.「介護予防・日常生活支援総合事業」の認定更新期限について教えて下さい。
2017-12-18
Q.
「介護予防・日常生活支援総合事業」の認定更新期限について教えて下さい。

「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下、同総合事業)の基準に該当し届出をされた事業対象者は、どの位のスパンで認定の期限を更新する必要があるのでしょうか?

また公的介護保険の枠組みから外れたために、介護が必要になった場合でも、介護サービスを受けることが出来ないのでしょうか?(都市部・民間介護事業所 ケアマネジャー・37歳)


A.更新手続きの必要がなく利用し易い総合事業。必要に応じて介護保険サービスを利用することも可能。

同総合事業は認定の期限がないため、届出をされた対象者の方は、更新の手続きが不要です。その点では、煩雑な事務手続きが必要なく、一度、認定されれば利用し易い制度だと思われます。

また、事業対象者になったとしても、必要に応じて公的介護保険認定の申請を受けて、介護保険サービスを利用することが出来ます。同総合事業を利用している高齢者の身体の状態が悪化した場合は、地域包括支援センター等とご相談し、要介護認定に移行する申請を依頼して下さい。

(2017年10月度編集)

本掲載内容に関する一切の責任は日本経営グループの(株)日本経営エスディサポートに帰属します。尚、内容につきましては一般的な法律・税務上の取扱いを記載しており、具体的な対策の立案・実行は税理士・弁護士等の方々と十分ご検討の上、ご自身の責任においてご判断ください。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る