精神保健医療福祉の改革ビジョン(概要)《厚労省》
2004-09-03
厚生労働省内に設置された精神保健福祉対策本部が9月2日に公表した「精神保健医療福祉の改革ビジョン」の概要。改革ビジョンでは、「入院医療中心から地域生活中心へ」という基本方策を進めるため、国民意識の変革、立ち遅れた精神保健医療福祉体系の再編と基盤強化を今後10年間で進めるとする方向性が示されている。精神医療体系の再編としては、(1)基準病床数の算定式の見直し(2)機能分化と地域医療体制の整備(3)入院形態ごとの適切な処遇の確保と精神医療の透明性の向上―の3点をあげている。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る