[医療費] 3月の調剤医療費は6,822億円、後発品割合は68.6% 厚労省
最近の調剤医療費(電算処理分)の動向 平成29年3月(9/15)《厚生労働省》
2017-09-15
厚生労働省は9月15日、「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向(2017年3月)」を公表した。2017年3月の調剤医療費は6,822億円で、前年同期比は8.7%減だった。内訳は、技術料が1,685億円(0.5%減)、薬剤料5,125億円(11.2%減)。薬剤料のうち、後発医薬品は823億円(3.4%減)だった(p1参照)(p4~p5参照)(p7参照)(p39~p40参照)。後発医薬品割合は数量ベース(新指標)で68.6%(5.5%増)だった(p1参照)(p38参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る