[医薬品] 7月の医薬品輸入2,009.70億円、前年同月比15.3%減 財務省
平成29年7月分 貿易統計(速報)(8/17)《財務省》
2017-08-17
財務省は8月17日、2017年7月分の「貿易統計(速報)」を公表した。貿易状況を把握するための基礎的な資料で、毎月1回発表される。
主要商品別の統計で「医薬品」は、輸出が473.65億円(前年同月比8.7%増)と、輸出総額の0.7%を占めた。輸入は2,009.70億円(15.3%減)で、輸入総額の3.3%だった。なお、輸出総額は、6兆4,948.89億円(13.4%増)、輸入総額は、6兆761.18億円(16.3%増)(p3~p4参照)。
また、主要地域(国)別の医薬品輸出は、米国167.85億円(1.1%減)、EU88.82億円(3.8%減)。アジアは160.07億円(5.8%増)、このうち、中国は69.24億円(0.4%増)(p5~p8参照)。
一方、主要地域(国)別の医薬品輸入は、米国383.85億円(14.0%増)、EU1,047.49億円(27.0%減)。アジアは194.21億円(8.3%減)、このうち、中国は76.55億円(2.1%減)だった(p13~p16参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る