[健康] 健康増進法改正案の今国会提出を断念、「議論不足を痛感」 厚労相
塩崎大臣会見概要(6/16)《厚生労働省》
2017-06-16
通常国会は6月18日で閉会し、塩崎恭久厚生労働大臣が強い意欲を示していた、受動喫煙対策を含む健康増進法改正案の国会提出はかなわなかった。塩崎厚労相は16日の閣議後の会見で、「提出に向けて努力したが、自民党との合意に至らなかった。党との徹底した議論が不足していたことを痛感している」と受け止め、「今後も自民党側と誠意を持って協議を続け、成案を得たい」と、引き続き次期国会への提出を目指す考えを述べた。また、「受動喫煙の被害は科学的に証明されており、対策も科学的に行われなければならない」との認識を改めて示した。 

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る