[DPC] データ提出遅れた8病院で、25年11月分のデータ提出加算算定を認めず
DPC対象病院等におけるデータ提出加算の取扱いについて(10/9付 通知)《厚生労働省》
2013-10-09
厚生労働省は10月9日に、「DPC対象病院等におけるデータ提出加算の取扱い」に関する通知を発出した。

平成24年度の診療報酬改定において、病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、A245【データ提出加算】が新設された。この加算は、DPC対象病院でも算定できるが、データ提出に遅延があると解析・分析に支障が出るため、ある月のデータ提出が遅れた病院については、その翌々月には加算の算定ができなくなるというペナルティ措置が設けられている。

今般の通知では、25年4月~25年6月分(25年9月22日が提出期限)のデータ提出が遅れた8病院について、25年11月分のデータ提出加算が算定できないことを公表した(p1参照)。

該当するのは、(1)医療法人渓和会江別病院(北海道)(2)北里大学メディカルセンター(埼玉県)(3)社会保険京都病院(京都府)(4)医療法人竹村医学研究会小阪産病院(大阪府)(5)広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院(広島県)(6)福岡新水巻病院(福岡県)(7)医療法人健寿会黒木病院(宮崎県)(8)県立北薩病院(鹿児島県)―の8病院である(p1~p2参照)。

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る