薬局・薬歴の基礎知識

電子薬歴のメリット

Tags:  2020-12-04

電子薬歴では、患者データや処方薬、病歴などが電子化されて保存されています。電子化により次のようなメリットがあります。

・データベースを使った処方監査が可能。

スマート薬歴GooCoでは、重複投薬・相互作用確認に役立つ強力な処方鑑査機能を搭載しています。病名鑑査は、患者ヒアリングから登録した疾患での鑑査の他に、病名がわからない場合でも、処方薬の適応症から推測できる病名で鑑査をかけることができます。

■スマート薬歴GooCo 処方鑑査支援データ
相互作用(医療用医薬品⇔医療用医薬品・OTC・医薬品)
系統重複、成分重複、矛盾処方、内服投与量、投与日数制限、薬品アレルギー
妊産・授乳婦、投与年齢、病名禁忌(現病名・既往歴・家族歴)、配合変化
異常検査値-医薬品投与チェック(一般的な臨床検査の異常値から判断して、ある病態を有すると思われる患者に対し、その病態が添付文書の禁忌や慎重投与の項目に記載されている医薬品が処方された場合にチェック)
異常検査値-副作用チェック(一般的な臨床検査項目でモニターできる重大な副作用が添付文書に記載されている医薬品について、それを投与されている患者の検査値から副作用発現が疑われる場合に警告)
ドーピング鑑査機能(WADAの禁忌国際基準の禁止物質に基づき、その成分を主成分として含む医療用医薬品をチェック)
薬物代謝酵素(CYP1A2, CYP2C93, CYP2C19, CYP2D6)

・電子薬歴上で添付文書を閲覧・印刷できる。

電子薬歴では、簡単なクリック操作で添付文書を閲覧・印刷できます。添付文書を見るために、薬品棚まで行くこともなく確認できるので作業の効率化につながります。また、スマート薬歴GooCoなら、PMDAの「医薬品医療機器情報提供ページ」をもとに添付文書が毎日自動更新されます。

・薬歴記載の時間短縮、業務効率化に

電子薬歴では、定型文や薬品毎のデータベースを使って短時間で薬歴を記載することが出来ます。また、添付文書や薬剤情報提供書等の閲覧も簡単に出来るため、業務の効率化につながります。

・患者検索で薬歴を探し出せる、紛失しない、省スペース。

紙薬歴では、受付の際に患者毎のファイルを探し出す必要がありますが、電子薬歴では生年月日、カナ氏名、患者IDなどを使って短時間で検索ができます。また、紙薬歴では患者毎のファイルを間違った場所に戻すと紛失につながりますが、電子薬歴では戻す作業が無くなるので紛失防止となります。電子化により保管スペ―スも不要となります。

・情報管理の安全性。

紙薬歴の場合、盗まれてしまえば即個人情報の流出につながります。訪問調剤で訪問先へ出向く際も紙での持ち出しは紛失や第三者による閲覧、使用後のシュレッダー漏れといった危険が伴います。電子薬歴であれば、IDやパスワードをかけて情報の流出を防ぎ、訪問先からも専用回線を使って安全に薬歴の閲覧や書き込みが出来ます。バックアップデータの保存も容易です。

・薬局のBCP対策に

クラウド型の電子薬歴なら、薬歴データはクラウドサーバー上に保存されているため、火災や水害、地震発生時にも大切な薬歴データの消失を防ぐことが出来、薬局のBCP対策の一つとなります。

薬歴データはクラウドサーバー上に保存されているため、火災や水害、地震発生時にも大切な薬歴データの消失を防ぐことが可能(店舗内にデータを持たない)

※BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

・薬局のグループ内で薬歴データ共有可能。

薬歴会社により異なりますが、スマート薬歴GooCoでは、クラウド化により薬局グループ内の患者情報を共有することが出来ます。グループ内の他店で来局歴があれば、病歴や禁忌薬、グループ内で処方された薬や服薬指導の内容を共有出来るので、重複投薬の防止や、より適切で細やかな服薬指導へ繋げることが出来ます。

・夜間、休日、24時間対応にも便利。

スマート薬歴GooCoでは、オプション契約により専用回線を使って安全を保ちながら外出先や別の場所からも薬歴の閲覧、記載ができます。更にクラウドGooCoなら、グループ内の患者情報を共有出来るので、夜間、休日問合せを1か所に集約して行うことも可能です。

Knowledge

薬局・薬歴の基礎知識

この薬歴はなぜ選ばれるのか?【電子薬歴セミナー】...

この薬歴はなぜ選ばれるのか?スマート薬歴GooCoは、服薬指導から服用期間中フォローまでトータルで薬物治療をサポートできる電子薬歴です。薬歴業務効率化だけなく薬局価値向上につながる電子薬歴...続きを読む

2021-01-25

電子薬歴のメリット...

電子薬歴では、患者データや処方薬、病歴などが電子化されて保存されています。電子化により次のようなメリットがあります。 ・データベースを使った処方監査が可能。 スマート薬歴GooCoでは、重...続きを読む

2020-12-04

電子薬歴とは・電子薬歴メーカーの比較...

電子薬歴とは 電子薬歴とは、調剤薬局のレセコンと連動し、処方歴や副作用歴、指導歴、疑義紹介の内容など、これまで紙媒体(紙薬歴)で記録されていた薬歴を電磁的方法で記録できるようにしたものです...続きを読む

2020-12-04

Seminar
Service

グッドサイクルシステムの「薬局業務の効率化」や「サービスの向上」を図る製品サービス

GooCo専用サイトを見る

GooCo/ネットワークGooCo

処方箋受付時に患者さんにヒアリングを行い薬学的診断を行う「先確認・先指導」。GooCoは紙のような感覚でいつでも・どこでも、見れる・書ける・説明できる電子薬歴です。

GooCoPOSを見る

GooCoPOS

GooCoPOSは、レセコン接続対応だけでなく、セルフメディケーション税制に対応した保険薬局専用のPOSレジです。正確な現金管理で、未集金管理を1日150円で導入いただけます。

サキレセ!を見る

サキレセ!

「サキレセ!」は、三方良しの調剤レセコン。GooCoと一体型で運用できるクラウドレセコンです。先確認を前提にレセコンを再設計したらシンプルで使いやすくなりました。

>