Communication/コミュニケーション

薬剤師力向上特集

ハイリスク薬の薬学管理指導のチェックポイント2

~精神神経疾患の患者対応

富永 敦子(とみなが あつこ)

株式会社医療経営研究所研究員
薬剤師。東北大学薬学部卒業後、製薬メーカーの研究員、医薬品卸の管理薬剤師、OTC薬の販売、病院薬剤師、薬局薬剤師と、薬剤師としてのあらゆる業務を経験。2008年から医療経営研究所に勤務し、薬局向けの研修や指導を担当している。日本薬剤師研修センター認定薬剤師、宮城県薬剤師会認定禁煙支援・指導薬剤師、NPO法人ふぁるま・ねっと・みやぎ副理事長、宮城県薬剤師会理事、東北大学薬学部非常勤講師(薬学概論)、NPO法人医療教育研究所薬剤師生涯研修担当講師。


うつ病と薬物治療

 まずうつ病についてですが、うつ病は図表2に掲げるような独特の「認知のゆがみ」を伴うという特徴があり、うつ病は患者の脳内で種々の神経伝達物質が減少することによって、各物質特有の症状が現れるという因果関係が解明されています。(図表3)

 

 抗うつ剤のチェックリストをご覧ください(図表4)。内容はハイリスク薬のものと同様で、服薬状況がとても重要です。自殺企図のサインを見逃さないことも必須です。

 

 実際の服薬支援のポイントを紹介します。まず、病気になりたての急性期には、以下の6点を説明します。

 (1)薬物療法は治療に必要であること
 (2)抗うつ薬はつらい症状を改善すること
 (3)継続して服用することの重要性
 (4)効果が出てくるのには時聞がかかること
 (5)治療に対する疑問、不安、心配などが生じたらすぐに相談すること
 (6)副作用について

 

 次は継続期・維持期のポイントです。

 (1)残存症状、気になる症状の確認
 (2)生活リズム、環境の調整の確認
 (3)気長に治療を継続することを説明
 (4)自己判断で用法・用量を調節しないことを説明

抗うつ剤や抗精神病薬には、重篤な副作用を引き起こすものがあります。図表5にあるように、ドーパミンD2受容体遮断による悪性症候群では、薬剤の中止や変更で1週間以内に発症することが多く、すぐ治療しないと死に至る恐れがあるので要注意です。

 


 

twitter

facebook

ページトップへ戻る