Communication/コミュニケーション

薬剤師力向上特集

心を動かす薬局広報~脳科学で薬局広報は変わる 2

山田 隆司(やまだ たかし)

NPO法人メディカルコンソーシアムネットワークグループ理事長。1955年生まれ。国家公務員共済組合連合会虎の門病院臨床検査部、診断薬会社、動物実験研究所などを経て、亀田総合病院附属幕張クリニックで事務長、管理部長を務める。2007年から社会医療法人敬和会大分岡病院にて広報・マーケティング部顧問として現在に至る。多摩大学医療・介護ソリューション研究所副所長。


 皆さんはプロフェッショナルとしてたくさんの知識を持っているわけですから、それらを一般の方々に伝えないともったいない。薬剤師がイニシアチブを取ってさまざまなことを教えていくべきなのです。

 

 僕が調剤薬局に行くといつも思うのは、病院よりも“待たせ方が下手だ”ということです。待たせるということは、コミュニケーションを取る非常に大きなチャンスといえます。患者さんは暇だから薬局に来ているわけではありません。忙しいなか病院に行って、検査や診察で待たされて、病院を出て調剤薬局でさらに待たされている。その時間を有効に使わない手はありません。

 

 ラーメン屋さんの場合は、少々遠くてもおいしかったら食べに行きたいと思うけれども、遠くの調剤薬局に足を運ぶようなことはなかなかありませんよね。だけど行く楽しみができたら、違うかもしれない。一方で病院の場合は、先生を信頼してついていく方はいらっしゃいますけれども、薬剤師が変わったから薬局も変えるという話はあまり聞かない。このことはつまり、薬剤師はドクターよりも患者さんとコミュケーションを取っていないというふうにも考えられるのではないでしょうか。とはいえ薬局は、どんな些細なことでも何かあったときはそこへ行けばいいと思えるような馴染みの場所に、病院よりもなりやすいような気がします。薬局がそんなふうになれたら最大の広報といえますよね。

 

 そもそも広報というのは、コミュニケーションによって説明をして、必要性を作り出すことが大きな役割といえます。隣に人がいても声をかけなければ、何も起こらないように、こちらから働きかけなければコミュニケーションは発生しません。日本に千人の看護師をリクルートしている人がいます。その人はどこにいっても、出会った人に「あなたの知り合いに看護師さんはいませんか?」と声をかけるそうです。そして「いる」と答えた場合は、「今度、看護師さんも含めてご飯にでも行きましょう」とお誘いをしておく。そうやって自分から働きかけることで、変化が生まれるのです。

 

 今日セミナーに出席している皆さんは、何かしら思うところがあっていらっしゃったのでしょう。しかし私の話を聞いただけでは、何も起こりません。自分自身でチラシ1枚作ってみるなど行動を起こすことから、はじめて何かが動き始めるのです。一般的にイベントには、撒いたチラシの3%くらいしか人が集まらないといわれています。撒きに撒いて、ようやくある程度の効果が生まれるものなのです。ですから、自ら「必要性を作り出す」ことがとても大切なのです。

twitter

facebook

ページトップへ戻る