Communication/コミュニケーション

薬剤師力向上特集

自ら考え、行動し、力を蓄えることで、生き残りの活路が拓ける 1

山村 真一(やまむら しんいち)

一般社団法人保険薬局経営者連合会会長。薬剤師。1979年、昭和大学薬学部卒業。1980年、プライマリーファーマシー開局。2005年、バンビーノ薬局を開局。安全で高品質な医療を低コストで提供できるようにという理念のもと、2011年、中小の薬局経営者を中心とした、一般社団法人保険薬局経営者連合会を設立。現在はその会長としてさまざまな活動に従事している。このほか、日本アプライド・セラピューティクス学会監事、日本ジェネリック医薬品学会評議員、日本薬剤師会薬局薬剤師部会幹事なども務めている。

 厳しい厳しいといわれて久しい医療業界で、薬局・薬剤師がどうやって将来のビジョンを描き、未来へ道をつなぐのか。
一般社団法人保険薬局経営者連合会会長の山村真一先生に、その方法やアイデアをアドバイスしていただいた。


 いま水面下で大きなうねりが起きています。皆さまの勇気で、それを変えていただきたいというムードも出てきているようです。今日の私の話を聞いて、何かを感じ、できたら何か行動に移していただきたいと思います。

 

 最近、保険薬局バッシングとか、保険薬局の生き残りとかが話題になっていますが、どれだけの薬剤師が自らの将来ビジョンを描けているのでしょうか。意外とむずかしい、と私自身も感じています。目の前の現状では、在宅とか、フィジカルアセスメントとか、バイタルチェックとか、そこら辺にヒントがあるようですが、そこは通過点にすぎません。その向こうに何が待っているのか、ただ受け身で待っているのではなく、歩まざるを得ない未来に向けて行くべき道があることに早く気がつき、早く行動すること。それにより、社会に貢献していくことが求められているのではないでしょうか。その答えを見つける私なりのヒントを本日のセミナーでいくつかご紹介したいと思います。

 

ともに活動することで中小薬局にも力を

 

 まず医薬分業についてですが、これにはさまざまな議論があります。医師が処方した薬を薬剤師がチェックして患者さまに出す。これまではこのコンビネーションが医薬分業のメリットとして認められてきました。加えて薬歴管理というのが薬局の重要ミッションでもあったのです。ところが、スマホをはじめ、さまざまなメディアが発達した現在、一般の人でも自分のデータを自分で管理することが可能になり、薬局はそれをサポートしていく、という立ち位置に自らの居場所を定めなければならなくなってきました。

 

 医薬分業といっても、患者サイドからすれば病院または診療所と薬局に出向くという二度手間で、診療報酬上の都合でかえって患者負担は高くなるような不都合な面のある制度だともいえます。それでも、患者さまが薬は薬局でもらいたい、薬局でもらうんだと思うようになるためには何が必要で、どういう仕事をしていけばいいのでしょうか。それが私たちの課題の一つになります。

 

 『ファーマシーニュースブレイク』というネット上の薬局向け新聞で、日本薬剤師会副会長の三浦洋嗣さんが、疑義照会という武器を使って議論を戦っていました。でも、私に言わせれば、それは本土決戦のようなもの。処方箋をチェックして、医師に疑義照会するという薬剤師の最大、最高のミッションを当たり前のようにこなし、これからも続けていくわけですけれども、それをアピールしてしまったらもうほかに武器はありません。まさに、活路を見いだせないまま、暗中模索しているようです。

 

 そんな状況の対策として、何をまずすべきか。いままでやってきたことを一生懸命にやればいい?
 いえ、いままでだって一生懸命に仕事をしてきたのは事実なのですから、それでは問題解決にはなりません。いままでやってきたことは当然として、よりパワーアップしていくためにもまずはアタマの切り替えが必要でしょう。その上で情報収集に努めるなどの行動が求められます。しかも、個店ではいろいろな面でできることに限りもあるので、大きな成果は見込めません。そこで、そういう状況下におかれた中小薬局同士が連携して、経営の効率化とともに地域での存在価値を高めていくようなアクションを一緒に起こしましょう、と呼びかけてつくったのが、私が会長を務める保険薬局経営者連合会です。

 

 その活動の一環として、昨年、すでに一つの問題提起をしました。調剤技術料の簡素化の提案です。厚労省が出しているデータからもわかるとおり、各県の処方箋単価と技術料の値は、ほぼ横並びなのです。全国平均の処方箋1枚単価8357円、技術料2123円。一番高い石川県は処方箋10793円、技術料2318円。一番安い佐賀県でも処方箋6980円、技術料2066円。

 

 いまや薬剤師でも電卓一つで計算できないくらい複雑化された処方箋。その数字が見事に揃っている事実。そこに違和感を覚えたからこそ、発想を切り替えて、調剤技術料簡素化という考え方に私たち自身が踏み込んでいくということにしたわけです。これには正解もないし、時間と手間のかかる非常にむずかしい問題であることも十分理解しています。私たちの未来は処方箋とは別のところにある可能性も含め、これからみんなで議論しながら、国に提案していくテーマとして取り組んでいきたいと思っています。

twitter

facebook

ページトップへ戻る