Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営レポート一覧

全 1,097 件
    次の10件>  最終>>|
広域経済圏の形成を目指す中国の「一帯一路」構想に、感染症の拡大リスクが潜んでいる可能性はないのか。21世紀医療課題委員会が6月17日に都内で開いたフォーラム「人間の移動と疾病、その攻防」(後援:日本未病システム学会、日本医科大学/協賛:キリン、医療タイムス社)では、グローバル化のすう勢で見落とされがちな医療テーマに焦点が当てられた。人口が大移動する「一帯一路」構想 疫病も大移動するリスクを考えるべきだ21世紀医療課題委員会代表 日本医科大学連携教授 福生 吉裕 氏ペスト菌はシルクロード経由で中国・雲南省か ...続きを読む
療養型及び軽度急性期から地域包括ケアへの転換が加速?「当院は地域包括ケア病棟単体で見ると地域包括ケア病棟入院料1が届出可能なので、大幅増収と言えるが、今回の改定から在宅復帰先として、介護老人保健施設と療養病棟が“在宅扱い”から除外されたのは、正直に言って厳しい。私たちは、同じ法人で介護老人保健施設を運営し、地域包括ケア病棟から退院後の患者を転棟して在宅復帰率70%以上を何とか死守してきたので、退院先を新たに確保するのは大変だ!」と語るのは、地方都市に在るケアミックス型・165床の医療法人S病院・事務長 ...続きを読む
【パネルディスカッション】行政も含めてリテラシーの向上が必要シンポジウムの最後には、順天堂大学准教授の福田洋氏、女優・タレントの杉田かおるさんを交えてパネルディスカッションが行われた。杉田さんは、この3月日本健康マスター検定に合格。健康マスターの伝道師として、「健康マスター名誉リーダー」に委嘱・任命された。生きがいを持って住める街づくりを大谷 人生100年時代の中で未病とどう付き合っていくべきか。今村 個人的な話になるが、100年時代の3分の2を過ぎた。正直この年齢になると薬を飲むこともあるが、私の中で ...続きを読む
【講演2】2025年問題を解決する健幸都市という概念後期高齢者数が前期高齢者数を上回る筑波大学教授の久野譜也氏は、健康リテラシーと未病について語った。毎月総務省が人口統計を発表しているが、これまでは65~74歳の前期高齢者の数が、75歳以上の高齢者の数を上回っていたが、2018年に入ってその数が逆転した。久野氏によれば、「これは2025年問題の扉が開いてしまったということ。それに対応する社会を一刻も早く作らなければならず、そのためにも健康リテラシーの向上が必要となる」と指摘する。例えば介護分野では、前期高齢者の要 ...続きを読む
高齢社会が進む中、人生100年時代といわれるようになった。今後、健康と病気の間を連続的に変化する生活=未病ライフと、それを支える健康リテラシーの向上が求められる。一般社団法人日本健康生活推進協会は5月24日、設立2周年記念シンポジウムを開催。未病ライフの周知と健康リテラシーの在り方について議論した。【講演1】未病の改善策の基本となる「食」「運動」「社会参加」健康リテラシーを上げる日本健康マスター検定一般社団法人日本健康生活推進協会は、「健康づくりや疾病予防に関する必要な知識、ノウハウを身につける機会を広 ...続きを読む
外国人患者の受入れ対応を推進 5力国語対応問診票など専用ツールを公開~厚生労働省の取り組み厚生労働省からは、医政局総務課医療国際展開推進室室長補佐の永松聡一郎氏が「外国人患者の受入れ体制に関する厚生労働省の取り組み」を講演した。まず現状の分析で、訪日外国人の医療ニーズには、観光客に多い救急診療と健康診断や先進治療の医療目的の訪日があると紹介。この中で医療目的の訪日は経済産業省の「国内医療機関による外国人患者受入の促進に関する調査」(2014年)によると年間約7,000人程度だ。まだ人数は少なく、「来日前に ...続きを読む
訪日外国人の73%が旅行保険に加入拡大図はこちら→また昨年度、観光庁は「訪日外国人旅行者の医療に関する実態調査」(右表参照)で、訪日中の不慮のけがや病気の医療費をカバーする保険の加入状況、実際に不慮のけが・病気になった人の日本の医療機関における受診実態についてアンケートを実施した。その調査結果によると、訪日外国人旅行者の73%が訪日旅行中、医療費をカバーする旅行保険に加入しており、その保険の加入方法は、旅行代理店などで加入した割合が最も多い(54%)。訪日旅行中にけが・病気になり、医療機関に行く必要性 ...続きを読む
2019年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、訪日外国人の数は増加の一途だ。政府目標も年間4,000万人とされている。一般社団法人訪日外国人医療支援機構は6月6日、「第3回訪日外国人の医療支援情報セミナー」を開催。観光庁と厚生労働省から現在の施策が説明され、訪日観光客に対応する事業者からはICTの活用や語学研修などの報告があった。国が訪日外国人対応の拠点となる医療機関の整備を進めているが、患者がアクセスしやすい診療所や地域の病院こそ、対応に備えることが期待されている。訪日外国 ...続きを読む
厚労省は2010年、電子カルテの外部保存に関する通知を一部改正し、医療分野におけるクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の活用を解禁しました。これにより診療録などをクラウドへ保存することが可能となりました。また、時を同じくしてアップル社が「iPad」を発売し、タブレットの普及が始まりました。この2つの出来事を境に医療分野におけるIT化は、これまでの「業務効率化を主体とした活用」からICT化という言葉にあるように、「コミュニケーションツールとしての活用」へと、新たなステージに移ったといえます。クラウドの普 ...続きを読む
【事例】計画通りに事業承継が進まない最終手段に選んだのはM&A≪事例1≫親族承継を阻んだ持分なし医療法人への移行医療法人社団O会は関東地方で100年の歴史を持つ外科を中心とした2次救急告知病院(100床・10対1)。M理事長は3代目で73歳。近隣に急性期病院が開設されるなど、地域の医療ニーズが変化したのに、3代続いたプライドから外科病院に固執した結果、最盛期に比べて年間収入が数億円減少して13億円に落ち込んでいた。職員数も最盛期から変わらず220人を雇用していたため、人件費が過剰となり、3期連続で2億円の赤字を計上して ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る