Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営Q&A一覧

全 992 件
    次の10件>  最終>>|
デイサービスの事業者です。利用者の方には認知症の人も多く、職員から「ケアが難しい」という声が上がっています。「困難事例は対応が難しい」とこれまで解決できていません。何か良い対応策はありませんか? ...続きを読む
「ロボット支援下内視鏡手術」に関しては従来から、腎臓がん、前立腺がんの手術に保険収載が実現し、2018年の診療報酬改定からは婦人科領域の子宮体がん、子宮筋腫の手術にも保険適用が拡充されたと聞いています。これら4疾患以外にも、保険適用が認められている疾患の手術はあるのでしょうか。 ...続きを読む
第8次医療法改正に伴い発表された「医療広告ガイドライン」では、インターネットのホームページ上で、治療等の後と前の写真を掲載するのは認めないという内容の記述が見られます。 ...続きを読む
「健康サポート薬局」に近い考え方として、地方において独自の「セルフメディケーション支援薬局」を認定する動きがあるようですが、どのような仕組みなのか教えて下さい。 ...続きを読む
地方の介護施設は、介護ロボットの導入に関心を持っています。導入支援策として、厚生労働省独自の補助金や助成金の活用は可能なのでしょうか? ...続きを読む
メディアでの報道や患者さん・スタッフとの対応の中で、これまでの価値観が大きく変化していることをひしひしと感じています。変化に順応するためには、これまでの取り組みや経験を、一度断捨離しなければならないものでしょうか。 ...続きを読む
HPH(健康増進活動拠点病院)とは、がん診療拠点病院のように国が指定する病院類型なのでしょうか? ...続きを読む
日薬会員でなくても健康サポート薬局ロゴマークを使用するのは可能でしょうか? ...続きを読む
2017年1月に日本老年医学会では高齢者の定義を75歳以上とする提言をした。第60回日本老年学会開催時にプレスセミナーを開き、大阪大学医学部教授で同学会理事長の楽木宏美氏が内容について説明と質疑応答を行った。楽木氏は「相互理解に則って理解を広めていきたい」として、2018年度から2022年度までの5年間の指標(マイルストーン)を提示した。高齢者医療は地域包括ケアシステムの中核を担う位置を占めており、この提言は今後の医療・介護の現場の方向性を考える意味でも重要だ。学会の提言を現場という視点から見ていく。日本老年医学 ...続きを読む
育児休業給付の申請の際に従業員(被保険者)の署名・押印が省略できると聞きました。どのような場合に省略できるのでしょうか。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る