Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医療ニュース一覧

全 23,431 件
    次の10件>  最終>>|
来週7月23日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。 7月24日(火)時間未定 閣議 7月26日(木)10:00-12:00 第74回社会保障審議会 介護保険部会16:00-18:00 平成30年度第1回医道審議会 医師分科会 医師臨床研修部会 7月27日(金)時間未定 閣議 ...続きを読む
高齢化がピークを迎える2040年ごろの行政の課題を検討している総務省の研究会は3日、自治体のサービス維持に向けた最終報告書を野田聖子総務相に提出した。人口減少に直面する地方で、複数の市町村が連携してサービスを提供する仕組みの法制化を要請。東京圏では、医療・介護などエリア全体で解決すべき課題に対応するため、国も含めた協議の場が必要だと提言した。政府は報告書を踏まえ、第32次地方制度調査会を5日に発足させ、具体化に向けた議論に着手した。報告書は、人口減少に伴い維持できるサービスや施設も減る中、個々の自治体が ...続きを読む
社会保障審議会・医療保険部会は7月19日、フレイル(虚弱)対策に主眼を置いた高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施を検討する「有識者会議」の設置を了承した。26日に開催予定の社保審・介護保険部会の了承を経て、近日中に初会合を開く。その後、月1回程度のペースで議論し、年内に検討結果のとりまとめを行う見通し(p29参照)。 高齢者の保健事業と介護予防の一体化については、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2018」でも、「高齢者の通いの場を中心とした介護予防・フレイル対策や生活習慣病等の疾病予防・重 ...続きを読む
厚生労働省の先進医療会議は5日、がん治療で取り出した腎臓を別の腎臓病患者に移植する「病気腎移植」を先進医療とすることを条件付きで承認した。患者は、先進医療部分の費用は全額自己負担となるが、通常の治療と共通する入院や投薬などの費用は公的医療保険が適用される。徳洲会グループの東京西徳洲会病院(東京)が申請。同病院と宇和島徳洲会病院(愛媛)での実施が認められた。9年間で42例を実施し、結果を検証。将来は公的医療保険が全面的に適用される可能性もある。申請していた病気腎移植は、直径7センチ以下のがんができた腎 ...続きを読む
日本看護協会(日看協)は7月18日、西日本豪雨の被災地への災害支援ナース派遣状況を発表した。災害支援ナースは、大規模災害発生時に避難所や医療機関などに常駐し、被災者の健康管理や心のケアを担う看護職。2017年3月時点で9,345人が都道府県看護協会に登録されている。今回の豪雨被害の発生を受け、岡山・愛媛の両県では7月11日から、広島県では12日から災害支援ナースの県内派遣を開始。その後、岡山県は対応レベルが県内派遣から近隣県派遣に引き上げられ、大阪府・香川県看護協会(15日)と、兵庫県看護協会(18日)から派遣された ...続きを読む
厚生労働省が7月18日に公表した「医療施設動態調査」(2018年4月末概数)によると、病院の総病床数は、155万3,015床となり、前月に比べて1,509床減少したことがわかった。内訳は、一般病床89万1,599床(前月比327床減)、療養病床32万4,096床(464床減)、精神病床33万581床(545床減)など。一般診療所の病床数は前月比658 ...続きを読む
中央社会保険医療協議会・総会は7月18日、医療機器1品目と臨床検査1件の保険適用を承認した。新たに保険適用される医療機器(2018年9月収載予定)は次の通り(p9~p13参照)。 【区分C2:新機能・新技術】●症候性膵仮性嚢胞や症候性被包化壊死に対して、経胃または経十二指腸的な内視鏡治療に使用する「Hot AXIOSシステム」(ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社):保険償還価格49万3,000円 また、新たに保険収載される臨床検査(2018年8月収載予定)は次の通り(p14~p18参照)。【区分E3:改良項目】●がん組織から ...続きを読む
厚生労働省は7月18日の中央社会保険医療協議会・総会に、西日本豪雨の被災地における医療保険制度上の対応状況を報告した。被災者については、▽被保険者証を紛失しても、医療機関窓口で氏名、生年月日などを申し出れば、保険診療を受けられる▽災害救助法の適用地域に住む被保険者であって、住居の全半壊、床上浸水などの被害にあった人は、2018年10月末まで、窓口負担なしでの受診が可能-とする支援を実施。被災地の医療機関については、2018年6月診療分のレセプト提出期限を7月14日まで延長したほか、被災者を受け入れたことで医療上の ...続きを読む
中央社会保険医療協議会は7月18日開いた総会で、国家戦略特別区域内で薬剤師がテレビ電話装置などを使ってオンラインで服薬指導を行った場合に、【薬剤服用歴管理指導料】の算定を認めることを決めた(p101~p103参照)。 国家戦略特区内で行われるオンライン服薬指導に限っての暫定的措置。政府の国家戦略特別区域諮問会議は6月14日に、愛知県、兵庫県養父市、福岡市での実施計画を認定している。薬剤師による服薬指導は対面での実施が義務づけられており、今回、離島やへき地など、対面での服薬指導が難しい特区内でのオンライン服薬 ...続きを読む
厚生労働省は6月29日、2017年度の国民年金保険料の納付率が前年度比1.3ポイント増の66.3%だったと発表した。納付率の改善は6年連続。過去最低だった11年度の58.6%から7.7ポイント上昇した。同省は「景気回復の影響や納付督促の強化」を納付率改善の要因に挙げている。年代別に納付率を見ると、最高は55~59歳の76.3%。最低は25~29歳の54.9%だった。各都道府県の納付率は、集計手続きの変更が影響したとみられる鹿児島以外で軒並み上昇した。納付率のトップ3は、前年度に続き島根(80.6%)、富山(78.7%)、新潟(78.6%)。最も低 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る