Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医療ニュース一覧

全 22,555 件
    次の10件>  最終>>|
来週12月18日(月)からの注目される医療・介護関連の審議会は「中央社会保険医療協議会」です。その他の審議会スケジュールは、以下の通りです。 12月18日(月)17:00-19:00 第5回医療従事者の需給に関する検討会、第17回医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(合同開催) 12月19日(火)時間未定  ...続きを読む
中央社会保険医療協議会は12月15日、2018年度診療報酬改定について、加藤勝信厚生労働大臣宛の意見書をとりまとめた。これを受けて12月18日には、診療報酬改定率の決定に向けた大臣折衝が行われる見通し。 意見書の原案は公益委員が策定し、総会に諮ったが支払・診療側委員から異論が出ることはなく、原案のまま了承された。 意見書は、医療経済実態調査や、薬価調査(市場実勢価格との平均乖離率、約9.1%)、特定保険医療材料価格調査(同、約7.0%)の速報値、社会保障審議会医療保険部会・医療部会の「平成30年度(2018年度 ...続きを読む
政府は3日、2018年度予算編成の焦点である診療報酬について、医師らの技術料となる「本体部分」を引き上げる方針を固めた。介護サービス事業者に支払う介護報酬も上げる。同年度予算で政府が目指す社会保障費の圧縮額は1300億円。診療報酬改定に伴う薬価の引き下げなどで目標を超過達成し、本体部分と介護報酬のプラス改定に回す財源確保のめどが立った。上げ幅はいずれも微増となる見通し。18年度は、診療報酬と介護報酬の同時改定に当たる。厚生労働省が医療機関に行った実態調査によると、医療従事者の人件費が増え、病院経営が悪化し ...続きを読む
財政制度等審議会は11月29日、2018年度予算編成に関する建議(意見書)をまとめた。一般歳出の伸びを年5300億円以下にとどめるとした財政健全化目標の達成に向け、歳出抑制に取り組むよう要請。焦点となっている社会保障関係費では、診療報酬全体で「2%半ば以上のマイナス改定が必要」と提言した。財務省は建議を受けて、年末の予算編成に向けた詰めの作業に入る。ただ、建議の要請を満たしたとしても、財源不足を補うための大幅な赤字国債発行は避けられず、将来世代にツケを回す構図は変わらないままだ。建議は、18年度診療報酬改定に ...続きを読む
日本慢性期医療協会の武久洋三会長は12月14日会見し、厚生労働省が中央社会保険医療協議会・総会に示した、入院料を機能に応じて3つの区分に統合・再編する提案について、「我々が考える病床の分類と似ている」と歓迎する姿勢を示した。とくに【13対1、15対1入院基本料】、【地域包括ケア病棟入院料】、【回復期リハビリテーション病棟入院料】を「長期療養から急性期医療」として一括りにした点を高く評価。病床機能報告制度では、これら入院料の算定病棟は主に「回復期機能」を担う病棟に位置づけられているが、武久会長は「回復期機能 ...続きを読む
厚生労働省は11月24日、高齢者の徘徊やベッドからの転落の動きを音などで知らせる見守りセンサーを設置した特別養護老人ホームに対し、夜間勤務の職員を配置した場合に適用する介護報酬加算の条件を緩和する方針を固めた。2018年度介護報酬改定に盛り込む方針で、厚労省は11月29日の社会保障審議会の分科会に提案した。特別養護老人ホームの夜間勤務は、入居者数に応じた介護職員の最低配置人数が定められており、職員を追加した場合は介護報酬が加算される仕組みとなっている。厚労省は、入居者の15%以上の数の見守りセンサーを設置すれ ...続きを読む
独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」(p1参照)(p3参照)(p5参照)と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率(p2参照)(p4参照)(p6参照)を、それぞれ改定した。医療貸付の「固定金利」は、「病院の新築資金・甲種増改築資金」で、10年以内~12年以内0.21%、12年超~13年以内0.23%、13年超~14年以内0.26%、14年超~15年以内0.29%、15年超~18年以内0.40%、18年超~21年以内0.50%、21年超~24年以内0.60%、24年超~29年以内0.70%、29年超~30年以内0.80%(p1参照 ...続きを読む
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は12月13日、厚生労働省が提示した「平成30年度(2018年度)保険医療材料制度改革の骨子案」を了承した。今後の取り扱いは部会長一任となり、字句修正の後、総会に報告されることになった。改革の具体的内容は、▽新規の機能区分に係る事項▽既存の機能区分に係る事項▽費用対効果評価の試行的導入に係る事項▽その他-で構成。新規機能区分ではイノベーションの評価として、長期に体内に埋植するなどの特性のために、薬事承認時には最終的な評価を下すことが困難な品目について、使用実績に応じ ...続きを読む
厚生労働省は12月13日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会に、新薬創出・適応外薬解消等促進加算(以下、新薬創出等加算)と同加算の適用薬を比較薬として類似薬効方式で薬価算定する場合のルールについて、当初示していた内容の修正案を提出した。業界団体の要望を反映して、いずれも要件を一部緩和し、新薬創出等加算は対象企業・品目を拡大、類似薬効比較方式適用新薬は累積加算分の控除対象を縮小するもの。これに中医協委員は強く反発。一時審議を中断して協議した結果、委員の意見を反映して文言修正した案を次回の部会に再度諮 ...続きを読む
社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。前回提示された案に対する委員の意見を踏まえ、文言の修正や追記を行った内容。とくに今後の課題の部分には、2021年度改定に向けて効果検証や検討が必要な項目が大幅に追加された。同日の審議結果を反映させる修正を加えた最終版を、近く公表する予定。 審議報告は、(1)地域包括ケアシステムの推進、(2)自立支援・重症化防止に資する質の高い介護サービスの実現、(3)多様な人材の確保と生産性の向上、 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る