Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 一覧

全 26,235 件
    次の10件>  最終>>|
政府は5日、経済財政諮問会議(議長:安倍晋三首相)を開いた。首相は「今後3年間で社会保障改革を成し遂げる」と述べ、急速な高齢化に伴う医療や介護などの制度改革を加速する考えを強調した。民間議員は社会保障予算の伸びについて、「これまで以上の改革努力を行い、社会保障の目安を実現するべきだ」と提言した。政府は2018年度まで同予算の伸びを年5000億円に抑制する目安を設けてきた。民間議員の提言は、高齢者数の増加ペースが鈍化する19年度については、5000億円よりもさらに抑制するべきだとの考えを示したものだ。首相は、来年 ...続きを読む
東京品川病院の新たな視点(1)地域ニーズを捉えたコンセプト(2)グループとしてのノウハウや人材を活用(3)看板となる診療科、治療体制づくり2018年4月、新たな病院としてスタートをきった東京品川病院。グループ病院としてのノウハウを活かしつつ急性期、回復期機能の充実を図っている。経営再建中の東芝がグループ社員の福利厚生の一貫として保有していた東芝病院が2018年4月、東京品川病院と名称を変えて新たなスタートをきった。運営を引き継いだのは、カマチグループの医療法人社団緑野会だ。同グループは現在、急性期9病院、回復 ...続きを読む
第4次安倍改造内閣発足にともない、新たに厚生労働大臣に根本匠氏が起用された。根本氏は、東京大学経済学部卒。首相補佐官、復興相、党憲法改正推進本部事務総長を歴任した。67歳。また旧建設省出身の政策通。「政策で勝負」をモットーとしており、若手時代には立憲民主党の枝野幸男代表らと並んで「政策新人類」と呼ばれた。安倍晋三首相とは1998年に同世代4人の勉強会「NAIS(ナイス)の会」を結成、行動をともにしてきた。旧民主党に政権を奪われた2009年の衆院選では苦杯を喫したが、12年に返り咲き、被災地・福島を代表して第2次安 ...続きを読む
2018年7月に改正さた医療法及び医師法にて、医師不足や医師少数地域への対策等、主な内容とポイントとなる改正点を教えて下さい。 ...続きを読む
中央社会保険医療協議会は10月17日、費用対効果評価専門部会、薬価専門部会、保険医療材料専門部会の合同部会を開き、医薬品・医療機器の費用対効果評価の制度化に向けた検討を行った。この日は、主に評価結果の活用方法や価格への反映方法を議論。評価結果は保険償還の可否の判断ではなく、価格調整に用いることで診療・支払側の意見が概ね一致した。 この日の検討課題は、▽費用対効果評価の活用方法▽対象品目の範囲と選択基準▽価格調整の対象範囲-など(p6~p13参照)。このうち費用対効果評価の活用方法は、ドラッグ・ラグやディバ ...続きを読む
中央社会保険医療協議会・総会は10月17日、消費税率の引き上げに伴う薬価・保険医療材料価格での対応について、関係業界団体から意見を聞いた。業界団体は揃って、薬価・材料価格改定の実施時期を税率引き上げ時の2019年10月とし、その際に市場実勢価格に合わせた薬価・材料価格の引き下げと、消費税増税分の上乗せを同時に行うべきとの考えを表明。ただし、長期収載品の薬価の追加的引き下げや再算定など、2年に1度の「通常」の薬価改定に適用されるルールに関しては、「臨時特例的」な今回の改定では行うべきではないと主張した。  ...続きを読む
首都圏を中心に風疹患者が増加しているのを受け、厚生労働省は9月27日、妊婦の感染防止などの対策を強化する方針を決めた。同日、厚生科学審議会感染症部会に方針案を示し、了承を得た。同省は近く、自治体や医療機関などを通じ、妊娠を希望する女性らに検査やワクチン接種を呼び掛ける。風疹は、妊婦が感染すると、赤ちゃんが心臓病や難聴、白内障などの障害を持って生まれる可能性がある。予防には2回のワクチン接種が有効とされるが、妊娠後は接種できない。厚労省は、風疹が妊婦に与える影響などを周知し、妊娠を希望する女性や妊婦の ...続きを読む
「健康サポート薬局」は「かかりつけ薬剤師・薬局の基本的な機能に加え、国民による主体的な健康の保持増進を積極的に支援する(健康サポート)機能を備えた薬局」と定義。2016年4月に「医薬品医療機器法」で法令化され、2016年10月から各都道府県での届出がスタートしました。健康サポート薬局の規定の中には、「地域住民の健康意識向上と、健康寿命の延伸への貢献」に加えて、「地域包括ケアシステムの中で多職種と連携し、地域住民の相談役としての役割」が明記されています。厚生労働省は全国の中学校区に1店舗程度、つまり全国およそ ...続きを読む
【都道府県別】各都道府県からの意見とともに公表 医療の質を見直すきっかけとする今回3度目の報告となる2008~2009年診断症例では、都道府県別・施設別集計においても、部位・病期別に集計を行った。これは各都道府県からの意見とともに公表され、都道府県内で該当施設が1施設の場合も、都道府県値として提示している。ただし、施設が自施設の生存率を非公表とした場合は公表していない。また生存率には年齢、手術の有無、併存疾患の有無とその程度などの患者背景にも大きく影響を受けるため、同集計は各施設の医療の質を見直すきっかけ ...続きを読む
厚生労働省は9月26日、白血病などを治療する造血幹細胞移植で地域の中核となる「推進拠点病院」選定の制度を見直す方針を決めた。患者がどの地域でも適切な移植を受けられるよう、拠点病院が「推進協力病院」を指名する仕組みを創設することなどが柱。同日、厚生科学審議会の造血幹細胞移植委員会に方針案を示し、了承を得た。厚労省は12月に新たな公募要領や実施要綱を決定。2019年に改めて公募や拠点病院の選定を行い、20年度から新制度の運用を始める。移植のコーディネートや人材育成などを行う拠点病院は現在、全国8ブロックのうち関 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る