Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 一覧

全 25,590 件
    次の10件>  最終>>|
来週5月28日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。 5月28日(月)16:00-18:00 第6回医療従事者の需給に関する検討会、第21回医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(合同開催) 5月29日(火)時間未定 閣議 5月30日(水)10:00-12:00 第2回医療・介護データ等の解析基盤に関する有識者会議14:00-16:00 第3回国立高度専門医療研究センターの今後の在り方検討会15:00-17:00 第27回医療用医薬品の流通改善に関する懇談会 5月31日(木)10:00-12:00 第9回医療情報の提供内容等の ...続きを読む
日本慢性期医療協会(日慢協)の武久洋三会長はこのほど、MC plus編集部の取材に応じ、2018年度の診療報酬改定について、「(内容を)練りに練った改定になったと思う」と振り返った。とくに回復期リハビリテーション病棟で、FIM得点の改善度に応じた入院料の段階的設定や、栄養管理の充実が図られた点などを高く評価。「アウトカムをきちんと出せば評価される体系になった」と述べ、今回の見直しが追い風となって病院全体のアウトカムが向上すれば、入院期間が短縮し、最終的には患者1人当たり医療費の縮減につながる可能性があると期待 ...続きを読む
政府・与党が6月に策定する財政健全化計画では、高齢化に伴う社会保障費の増加幅を年5000億円程度に抑制する現行の「目安」を、2019~21年度の予算編成でも継続するかどうかが大きな焦点となる。ただ、政権内には痛みを伴う歳出削減には慎重な声が根強い。福田淳一前財務次官のセクハラや公文書改ざん問題を受けて財務省への信認が失墜する中、財政規律維持のための社会保障費抑制には暗雲が漂う。政府は15年にまとめた財政再建計画で、16~18年度の社会保障費の増加額を3年間合計で1.5兆円程度とする「目安」を策定。毎年6000億円超の自 ...続きを読む
今改定を受けて、地域包括ケアシステムを進める病院として、地域包括ケア病棟で最優先すべき課題を教えてください。 ...続きを読む
武田薬品工業は8日、アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で両社が正式に合意したと発表した。買収総額は約460億ポンド(約6兆8000億円)。武田はシャイアーの普通株式を全て取得する。日本企業による海外企業の買収では、ソフトバンクグループによる英ARM(アーム)ホールディングスの事例(約3兆3000億円)を抜き、過去最大となる。今後、両社の株主総会の決議などを経て2019年前半に買収手続きを完了する見通し。シャイアーは患者数が少ない希少疾患の治療薬に強く、時価総額は武田を大きく上回る。買収により、武田は売上高で世 ...続きを読む
下北沢病院の新たな視点(1)日本初の「足の総合病院」の看板(2)診療科の枠を越えたチームによる協働体制(3)知名度アップのマーケティング戦略日本初の総合的な足病治療を行う病院として再生した下北沢病院。時代とニーズを捉えた柔軟な経営体制のもと、日本でのポダイアトリー(足病学)の確立と普及を図っている。リウマチ治療に特化した地域密着型のケアミックス病院として2010年にリニューアルオープンした下北沢病院が、「足の総合病院」という看板を新たに掲げたのは2016年6月。「新しいコンセプトで病院をつくるとなった時に、 ...続きを読む
厚生労働省は「世界禁煙デー」の5月31日に、喫煙や受動喫煙による健康への悪影響から人々を守ることを目的としたイベントを開催する。世界保健機関(WHO)は5月31日を世界禁煙デーに定めており、同省は、当日からの1週間を「禁煙週間」とし、毎年各種施策を講じている。イベントの開催時間は12時半から13時15分。会場は、東 ...続きを読む
厚生労働省は5月23日、「毎月勤労統計調査2018年3月分結果確報」を公表した。医療・福祉業の月間現金給与総額は26万7,245円で前年同月比1.0%減、産業全体は28万4,367円で、2.0%増だった(p1参照)(p6参照)。医療・福祉業の現金給与総額の内訳は、定期給与24万9,090円(前年同月比0.8%減)、特別給与1万8,155円(2.9%減)。産業全体は、定期給与26万3,976円(1.2%増)、特別給与2万391円(13.7%増)となった(p1参照)(p6参照)。月間の総実労働時間は、医療・福祉業では134.3時間(0.6%減)で、うち所定外労働時間は5.3時間(1.9%増) ...続きを読む
厚生労働省は5月23日に開催された、「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(WG)」に、「第7次医療計画」への在宅医療に関する取り組みの記載状況について、報告した。このうち、医療計画への整備目標数記載が必須とされている「訪問診療を実施している診療所・病院数」を記載していたのは、39都道府県にとどまった。 同省は、第7次医療計画策定時に求められる在宅医療提供体制の機能として、▽退院支援▽日常の療養支援▽急変時の対応▽看取り-の4機能を定め、目標設定項目や指標を例示。このうち、訪問診療を実施し ...続きを読む
中央社会保険医療協議会・総会は5月23日、医療機器3件、臨床検査1件の保険適用を了承した。新たに保険適用される医療機器は以下の通り(2018年6月収載予定)(p1参照)。 【区分C1(新機能)】●内転型痙攣性発声障害における症状を改善する「チタンブリッジ」(ノーベルファーマ株式会社):保険償還価格20万円(p3~p5参照) 【区分C2(新機能・新技術)】●前立腺がんの放射線治療の際、直腸前壁を前立腺から離すために用いられる合成吸収性材料「SpaceOAR システム」(ヴォーパル・テクノロジーズ株式会社):保険償還価格19万2,0 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る