Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 一覧

全 26,531 件
    次の10件>  最終>>|
政府は12月21日、自営業者らが加入する国民健康保険制度について、高所得者が支払う保険料の上限を2019年度から3万円引き上げて年80万円にすることを決めた。引き上げは2年連続。国保財政の安定化などが狙い。同日閣議決定した19年度税制改正大綱に盛り込んだ。また、40~64歳の加入者が合わせて支払う介護保険料の上限額を現在の16万円のまま据え置くことも決めた。国保の保険料は市町村によって異なるが、所得が高くなるに従って増え、国が定める上限に達すると固定される。現在は年間所得が全国平均で約840万円だと保険料が年77万円と ...続きを読む
デイサービスの事業者です。利用者の方には認知症の人も多く、職員から「ケアが難しい」という声が上がっています。「困難事例は対応が難しい」とこれまで解決できていません。何か良い対応策はありませんか? ...続きを読む
厚生労働省は12月17日、一部の医師らに上限より長く残業させる場合に義務付ける「勤務間インターバル」について、勤務後から次の勤務までに9時間の休息確保を求める方針を明らかにした。当直明けの医師は18時間とした。同日開いた医師の働き方改革を議論する有識者検討会に方針案を示した。検討会が年度内にまとめる改革の方向性を制度化し、2024年4月から適用する。厚労省は、医師の残業時間の上限規制を一般より緩く設定する方針。地域医療の確保や医師養成の必要性からこの上限も超えてしまう医療機関については、勤務間インターバルな ...続きを読む
「ロボット支援下内視鏡手術」に関しては従来から、腎臓がん、前立腺がんの手術に保険収載が実現し、2018年の診療報酬改定からは婦人科領域の子宮体がん、子宮筋腫の手術にも保険適用が拡充されたと聞いています。これら4疾患以外にも、保険適用が認められている疾患の手術はあるのでしょうか。 ...続きを読む
政府は12月25日、高齢化の進展を踏まえ、新たな認知症対策を策定するため、関係閣僚会議の初会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は、認知症の予防と、発症しても地域で暮らせる共生への取り組みを柱に検討を進めるよう指示。政府は2019年6月までに大綱として取りまとめ、20年度予算案などに反映させる方針だ。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる25年には、認知症の高齢者も約700万人に増加すると見込まれている。根本匠厚生労働相は同日の記者会見で、認知症予防の具体策として「高齢者が地域で集い、歩いて行ける程度の範囲で体操 ...続きを読む
第8次医療法改正に伴い発表された「医療広告ガイドライン」では、インターネットのホームページ上で、治療等の後と前の写真を掲載するのは認めないという内容の記述が見られます。 ...続きを読む
電子カルテが生まれて約20年が経ち、診療所の普及率も4割に達しようとしています。新規に開業する医師は必ず電子カルテを導入し、既存に開業している先生でも、電子カルテにいずれは導入する必要があると考える時代になりました。電子カルテは何のために導入するのかそんな時に改めて問いたいのが、「電子カルテは何のために導入するのでしょうか」。この質問にはっきりと答えられる医師は少ない気がします。他のシステムであれば、簡単に出てくるのが、なぜか電子カルテは解答が出てきません。私なら「電子カルテは診療データを蓄積し、 ...続きを読む
厚生労働省は1月11日の「医師の働き方改革に関する検討会」に、2018年2月に公表した医師の労働時間短縮のための緊急的な取り組みの実施状況について、フォローアップ調査した結果を公表した。医師の労働時間管理の土台となる「客観的な在院時間管理方法の導入」や「在院時間の実態の把握」を実施していたのは、回答病院の約4割。問題が発生していないから必要がないなどと考え、検討に着手していないと回答した病院も約3~4割あり、労働法令に関する知識の普及・浸透が課題であることが浮き彫りになった。 全国の病院8,379施設を対象 ...続きを読む
厚生労働省は1月11日の「医師の働き方改革に関する検討会」に、2024年度から勤務医に適用する時間外労働の上限時間数を原則、年960時間、地域医療の確保に配慮した特例水準は年1,900~2,000時間とすることを提案した。若手医師の技能向上のために別途設ける特例水準の提案は、この日なかった。月の上限はいずれも100時間未満とし、2つの特例水準の終了目標年限は35年度末とする。  ◆特例水準は段階的に引き下げ、35年度末の一本化目指す 24年度から適用される勤務医の時間外労働の上限時間数では、原則となる水準のほかに ...続きを読む
首都圏などで流行している風疹について、厚生労働省は12月11日、定期予防接種の機会がなかった現在39~56歳の男性を対象に、2019年から21年度末までの約3年間、全国で原則無料でワクチン接種を実施する方針を発表した。対象は1962年4月2日~79年4月1日に生まれた男性。これらの男性は抗体保有率が約80%と他の世代より低く、予防接種法上の定期接種に位置付けて原則無料化し、東京五輪が開幕する20年7月までに85%以上に引き上げることを目指す。ワクチンを効率的に活用するため、対象者はまず抗体検査を受け、結果が陰性だった場合に限っ ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る