Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 一覧

全 27,597 件
    次の10件>  最終>>|
神戸大学、神戸市、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構、医療機器メーカーのシスメックス株式会社(神戸市)は10月30日、産官学連携による一般社団法人BioResource Innovation Hub in Kobe(神戸市、BRIH-K)を設立したと発表した。昨今の高齢化によるがん・認知症などの増加による課題の解決に向けて、新規治療・診断法の早期実現など臨床情報が紐づいた生体試料(以下「バイオリソース」)を用いた効率的な研究開発が期待されている。このような背景のもと、神戸大は2019年4月に、「バイオリソースセンター」を設置し、同学内外の研 ...続きを読む
●一方で制度の悪用等による“歪み”も顕在化さて、本稿の前回・前々回ではわが国の現状における医療・介護領域での「外国人人材」受け入れの方法として、主に①EPA(経済連携協定)と④特定技能について紹介したが、今回は未だ触れていない②資格を取得した留学生への在留資格付与(在留資格「介護」の創設)③技能実習制度への介護職種の追加の2つについて言及したい。端的に言うと②は「留学」、③は「技能実習」の在留資格で働く外国人労働者のことだ。ただ、いずれも入国前の費用を捻出するために、外国人労働者の多くは多額の借金を背負って ...続きを読む
薬機法改正で導入されるオンラインによる服薬指導に関して、2020年4月に予定される2020年度診療報酬改定では、オンライン服薬指導に係る調剤報酬が新設されるのでしょうか? ...続きを読む
介護保険制度は3年に一度、サービス提供体制や保険料などを見直し、制度改正が行われます。保険者である市町村が策定する「介護保険事業計画」は2021年度から第8期を迎えますが、そこでの制度改正に向け、厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会では、この8月末から本格的な議論がスタートしました。今後は、年内の意見の取りまとめを目指して議論が進められます。今回は、具体的な論点の中から、制度全般に関わる重要なテーマについて、その方向性を確認しておきます。2割、3割負担の対象者が増える? 財務省も「原則2割」を主張介護保 ...続きを読む
担当している方のご家族から、本人が薬を飲んでくれないという相談がありました。どのようにアドバイスしたらよいでしょうか。 ...続きを読む
厚生労働省は11日、社会保障審議会・福祉部会に、介護福祉士養成施設卒業生に対する「国家試験の義務付け」について、経過措置の在り方の議論を求めた。これまで国家試験を免除されていた養成施設の卒業生にも2017年度から受験資格を付与し、22年度から完全実施する予定だが、外国人留学生の合格率が低いなどの状況がある(p28参照)(p33参照)。 介護福祉士の資質と社会的な評価を高めるため、07年に「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正され、介護福祉士資格取得の一元化が図られた。これにより、介護福祉士の国家試験を免除されてい ...続きを読む
厚生労働省は11日、社会保障審議会・介護給付費分科会の介護事業経営調査委員会に、2020年度介護従事者処遇状況等調査の実施について調査案を示し、おおむね了承された(p4~p33参照)。10月に行われた臨時の介護報酬改定により創設した介護職員等特定処遇改善加算の届け出の状況などについて調査する。今後は厚労省が精査した上で、田中滋委員長(埼玉県立大理事長)に一任して分科会に報告される。 21年度の改定に間に合わせるため、20年4月に調査票を配布し、秋に結果を公表する予定。18年度調査の項目を基本に、新設の介護職員等特 ...続きを読む
全国で294拠点の高齢者介護事業を展開する株式会社ユニマットリタイアメント・コミュニティ(東京都港区)は11月1日、同社初となる末期がんや難病の看取り介護に特化した住宅型有料老人ホーム「西上尾ホスピスケアそよ風」(埼玉県上尾市)を開設した。末期がん患者と難病患者を専門に受け入れ在宅ホスピスのノウハウをもつCUCホスピスとの協業での開設となる。同施設は、終末期ホスピスケアの実績を持つCUCの訪問看護ステーションを設け、同社の定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスおよび居宅介護支援との複合施設として医療・ ...続きを読む
常勤スタッフが退職するので、新たに募集が必要です。パート採用も含めて検討しているのですが、「扶養の範囲内」などの質問をよくされます。間違ったことを言ってしまわないように、ポイントを教えてください。 ...続きを読む
中央社会保険医療協議会・総会は11月8日、2018年度診療報酬改定で導入された「オンライン診療料」や「オンライン医学管理料」などの要件緩和や対象疾患拡大の是非を議論した。初診は対面診療の原則を維持し、将来に向けて対象疾患の拡大などを検討していく方向性では支払・診療側の認識が一致しているものの、診療側がエビデンスが確立されるのを待って徐々に要件緩和や対象疾患の拡大を進めていくべきだと主張したのに対して、支払側は、エビデンスの収集のためにも20年度改定で現役世代の生活習慣病患者が職場などでオンライン診療を受 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る