Service/サービス

インテリジェント散薬鑑査システム「散鑑O」

体重と年齢を考慮した自動チェック、
計り間違いだけでなく、モノ間違いも防止できる
散薬鑑査システム

 

「散鑑O」のミッション

「計り間違い」「モノ間違い(※充填時鑑査機能も搭載)」による調剤過誤を防止すること

 

「散鑑O」とこれまでの散薬鑑査システムとの違い

  • レセコンとデータ連動していない ⇒ モノ間違いのチェックができない
  • 計測して印字するだけ ⇒ 結果表示は電子的に保存されていない
  • 患者データがない ⇒ 年齢や体重を毎回入力する必要がある

 

「散鑑O」のメリット

  • レセコンや電子薬歴の患者データを利用し、体重と年齢を考慮した自動チェックができます。(参考情報となる常用量範囲も自動計算)
  • レセコンで入力した処方データとつきあわせ、計り間違いだけでなく、モノ間違いも防止。並行調剤の場合でも、後追いでチェックできます。
  • 散薬鑑査記録を電子薬歴から即座に参照できます。
  • いまお使いの電子天秤とも連動可能。
  • 医薬品添付文書を即時参照できます。
  • 安心の充填時鑑査機能も搭載。

 

「散鑑O」のシステム構成例

 

レセ入力後運用

レセ入力後運用では、モノ間違い・用量自動チェックが行えます!

並行調剤における「正」との連携

並行調剤でも正との組み合わせで、モノ間違いチェックができます!

グッドサイクルシステム製品は、レセプトコンピュータとの接続にNSIPSをご利用いただくことができます。
NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPSは社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録:第5214610号)

twitter

facebook

ページトップへ戻る