Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 100 件
【事例2】モニタリングレポートで認知症の早期発見 介護現場の革新機器導入は理念先行で推進長谷工グループ 生活科学運営計測データを解析し医師のコメントとともにレポート提供長谷工グループの株式会社生活科学運営は運営する自立型有料老人ホーム2棟で、睡眠センサーなどで入居者の健康をモニタリングするシステムを導入した。認知症の兆しやADLの低下を早期に発見して、自立生活の持続につなげることができる。健康意識の高い自立高齢者に向けての付加価値サービスとして位置付けている。導入したのはエコナビスタ株式会社が大阪市立 ...続きを読む
IoT機器やAI解析のほか、介護ロボットなどの最新機器を導入する動きが活発だ。しかし、補助金に頼って導入しても、現場に普及できなかったという失敗例もあるようだ。一方で、着実に成果を積み重ねている事業者もある。今回は開発や導入の現場を取材。その介護革新の可能性や、機器導入を成功させるためのポイントを探った。【事例1】住宅丸ごとをセンサーで見守り 自立支援プランの取り組みにつなげたいパナソニックAIデータ分析で自立支援計画づくりに活用各種のセンサー機器で居室や住宅を丸ごとモニタリングして自立支援につなげよう ...続きを読む
2018年度診療報酬改定は、今後の超高齢社会を踏まて、地域包括ケアの推進、国民皆保険制度の安定的継続に向けて、業務効率化の観点からICTの活用が色濃く出た改定内容となりました。今回の改定では、ICTなど最新の技術革新を医療に取り込むことで、医療の質向上、業務効率化が図れるとして、「オンライン診療の適切な活用」や「医療連携を含めたICTを活用した情報共有」が新たに評価されています。オンライン診療料・オンライン医学管理料の新設いわゆる「遠隔診療」については、リアルタイムでのオンラインで診療を行うことと、従来の遠 ...続きを読む
≪視点3:サイト運営には戦略必須≫ウェブサイトは経営方針を踏まえた構成・運営がカギ「幕の内弁当」状態のサイト病院ではしばしば、全体的な戦略よりも目先の課題に対応する戦術を優先させてしまうケースが見られるが、ウェブ広報でも似た現象が見られる。まず、人員体制。病院のウェブサイト担当者が専任で配置されている例はあまりない。兼務でサイト運営を担うか、あるいは外部委託業者に「丸投げ」しているケースが大半だ。そうなると統括担当者は不在になり、病院内で起きていること、院外に向けて発信すべきことのキャッチアップも ...続きを読む
≪視点2:自院サイトで何を伝えるか≫患者が公式サイトで知りたい「雰囲気」「医師の顔」初診の前に「ネットで検索」はもはや常識インターネットは今や、かかりつけ医や家族に並ぶか、それ以上の情報源となっているようだ。病院検索サイト「Caloo(カルー)」を運営するカルー株式会社が、病院検索サイトを利用したことがある人に対してアンケート調査を実施したところ、新たに病院・診療所を探す際、「インターネットで検索していく」(59.46%)が最多で、「親族・友人などから直接聞いたところに行く」(51.05%)を超え、「かかりつけ医 ...続きを読む
医療機関のウェブサイトが、6月から広告規制の対象となった。とはいえ、一定の条件をクリアすれば規制の枠から外れるのだが、これを機に、SNSの活用など医療機関のウェブ広報戦略を見直してみてはどうだろうか。今や患者の受療行動はウェブに大きく左右されるのだから・・・。今やインターネットを無視した医療提供は不可能と言っても過言ではない。患者の60%が新たに受診する医療機関を探す際、「インターネットで検索する」と答え、この割合は親類や友人、かかりつけ医の紹介を大きく引き離しているという調査がある。また2016年には健 ...続きを読む
診療所では、患者が増えるにつれて「患者の待ち時間が長くなった」「スタッフの残業が増えた」という声をよく聞きます。患者数の多い診療所であれば当然起きることではありますが、それを少しでも解消できれば患者やスタッフだけでなく、院長にとっても喜ばしいことでしょう。患者の待ち時間の問題が解決すれば、スタッフの残業増加も解消されることも多いようです。今回は「待ち時間」について考えてみます。待ち時間のメカニズム患者の待ち時間は、なぜ発生するのでしょうか。その原因としては「患者集中」と「患者1人当りの滞在時間の ...続きを読む
愛知県は15日、国家戦略特区制度を活用した薬剤遠隔指導事業への登録申請の受け付けを18日に開始すると発表した。早ければ1~2カ月程度で患者への薬の提供が可能となる。県によると、大手の調剤薬局4社が参加に意欲を示しているが、その中にはドラッグストアチェーンは含まれていないという。遠隔指導事業は、基本は対面指導が必要な薬の処方を、テレビ電話などで行える制度。患者は医療機関からファクスなどで送ってもらった処方せんを、所定の薬局に郵便やファクスで送付。テレビ電話などを使って自宅で服薬指導を受け、郵送で薬を送っ ...続きを読む
厚労省は2010年、電子カルテの外部保存に関する通知を一部改正し、医療分野におけるクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の活用を解禁しました。これにより診療録などをクラウドへ保存することが可能となりました。また、時を同じくしてアップル社が「iPad」を発売し、タブレットの普及が始まりました。この2つの出来事を境に医療分野におけるIT化は、これまでの「業務効率化を主体とした活用」からICT化という言葉にあるように、「コミュニケーションツールとしての活用」へと、新たなステージに移ったといえます。クラウドの普 ...続きを読む
厚生労働省は5月31日、インターネット上の医療機関の広告を調査した結果、160のウェブサイトで「絶対安全な手術」「10分で10歳若返る」といった虚偽や誇大などの不適切な表示が見つかったことを明らかにした。厚労省によると、2017年8月から今年3月末までに、一般から寄せられた情報やキーワード検索を基に603のサイトを調査。不適切とされた160のサイトには517の医療機関が関係していた。医療機関のネット広告をめぐっては、美容医療サービスでトラブルが相次いだことなどを受け、ホームページなどを規制対象に加える改正医療法が6月1日 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る