Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 47 件
厚生労働省は8月23日に、「DPC制度への参加等の手続きについて(通知)」の一部改正に関する通知を発出した。これは、DPC準備病院の募集および、DPC準備病院からDPC対象病院への移行手順を見直すもの。DPC制度へ参加するためには、まずDPC準備病院となり、最低2年間の準備(データ提出など)期間を経なければならない。DPC準備病院となるには、要件(7対1・10対1を満たすことや、コーディングに関する体制を整えていることなど)を満たしたうえで、厚労省の規定する募集期間内に応募することが必要だ(p5~p6参照)。DPC準備病院の募集は、 ...続きを読む
厚生労働省は8月13日に、「DPC対象病院等におけるデータ提出加算の取扱い」に関する通知を発出した。平成24年度の診療報酬改定において、病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、A245【データ提出加算】が新設された。この加算は、DPC対象病院でも算定できるが、データ提出に遅延があると解析・分析に支障が出るため、ある月のデータ提出が遅れた病院については、その翌々月には加算の算定ができなくなるというペナルティ措置が設けられている。今般の通知では、25年4月~25年6月分(25年7月22日が提出期限) ...続きを読む
厚生労働省は7月26日に、診療報酬調査専門組織のDPC評価分科会を開催した。この日の議題は、大きく次の2点。1.DPC/PDPSコーディングガイド2.DPC/PDPSの対象病院と準備病院の募集1のコーディングガイドは、「DPCコード(診断群分類番号)を決定する際の拠り所となるものを策定しよう」という考えのもと、専門研究班(いわゆる伏見研究班)で検討されているものだ。DPC制度では、最も資源投入量の多い傷病を対象に、主治医がICD10(国際疾病分類)に沿って、手術の有無や、合併症(副傷病)の有無などを勘案して、DPCコードを決定する( ...続きを読む
厚生労働省は7月8日に、「DPC対象病院等におけるデータ提出加算の取扱い」に関する通知を発出した。平成24年度の診療報酬改定において、病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、A245【データ提出加算】が新設された。この加算は、DPC対象病院でも算定できるが、データ提出に遅延があると解析・分析に支障が出るため、ある月のデータ提出が遅れた病院については、その翌々月には加算の算定ができなくなるというペナルティ措置が設けられている。今般の通知では、24年4月~25年3月分(25年6月22日に提出)の再照 ...続きを読む
厚生労働省は6月28日に、診療報酬調査専門組織のDPC評価分科会を開催した。この日の議題は次の3点。1.算定ルールの見直し等2.医療機関群II群の要件見直し等3.退院患者調査にかかる技術的事項等1の算定ルール見直しについては、(1)高額薬剤に対応するために試行導入された点数設定方法(p4~p5参照)(2)亜急性期入院医療管理料を算定する病床への転棟(p6参照)(3)特定入院期間を過ぎるまで行われなかった高額な材料・薬剤を用いる検査の取扱い(p7参照)(4)退院後3日以内に再入院となった場合の算定ルール(p8~p9参照)(5)持参薬の ...続きを読む
厚生労働省は5月24日に、「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部改正等に伴う実施上の留意事項について(通知)」の一部改正に関する通知を発出した。これは、DPC制度における診断群分類の一部を改正(精緻化)するもの。具体的には以下のとおり(p1~p5参照)。(1)060035【大腸(上行結腸からS状結腸)の悪性腫瘍】の「手術・処置等の2」に、『レゴラフェニブ水和物』を追加する(2)070470【関節リウマチ】の「手術・処置等の2」に、『トファシチニブクエン酸塩』を追加する(3)130010【急性 ...続きを読む
厚生労働省は5月22日に、診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会を開催した。この日の議題は、(1)機能評価係数IIのあり方(2)DPC導入の影響評価にかかる調査―の2点。(1)の機能評価係数IIは、現在、次の6項目で構成されている(p12~p30参照)。(i)データ提出(質の高い診療データを、期限までに提出することを評価する)(ii)効率性(効率性の高い診療を行うことを評価する)(iii)複雑性(重症な患者を受入れていることを評価する)(iv)カバー率(多くの診断群を網羅していることを評価する)(v)救急医療(多くの救急患者を受入 ...続きを読む
厚生労働省は5月20日に、「DPC対象病院におけるデータ提出加算の取扱い」に関する通知を発出した。平成24年度の診療報酬改定において、病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、A245【データ提出加算】が新設された。この加算は、DPC対象病院でも算定できるが、データ提出に遅延があると解析・分析に支障が出るため、ある月のデータ提出が遅れた病院については、その翌々月には加算の算定ができなくなる。今般の通知では、25年1月~3月分(25年4月22日に提出)のデータ提出が遅れた21の病院について、25年6月分 ...続きを読む
厚生労働省は4月24日に、診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会を開催した。この日の議題は、(1)医療機関群III群のあり方(2)CCPマトリックス―の大きく2点。平成24年度の診療報酬改定では、DPC病院を、「大学病院本院のみで構成されるI群」、「大学病院並みの医療提供を行うII群」、「その他の病院からなるIII群」に分類。I、II、IIIの病院群ごとに「基礎係数」を設定している。「基礎係数」は、各病院群に期待される標準的な機能や、平均的な診療実績(出来高実績)をもとに設定されるもので、調整係数にかわり、医療機関係数の基軸と ...続きを読む
厚生労働省は4月15日に、「DPC対象病院におけるデータ提出加算の取扱い」に関する通知を発出した。平成24年度の診療報酬改定において、病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、A245【データ提出加算】が新設された。この加算は、DPC対象病院でも算定できるが、データ提出に遅延があると解析・分析に支障が出るため、ある月のデータ提出が遅れた病院については、その翌々月には加算の算定ができなくなる。今般の通知では、24年4月~12月分(25年3月22日に提出)のデータ提出が遅れた9の病院について、25年5月分 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る