Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 2,238 件
    次の10件>  最終>>|
日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)が発表した4月の「医療事故調査制度の現況報告」では、医療事故報告は34件(累計1342件)だった。病院・診療所別では、病院からの報告が34件、診療所からの報告は0件だった。診療科別では外科・消化器科・循環器内科が各5件、内科が4件、心臓血管外科が3件、整形外科・泌尿器科が各2件、脳神経外科が2件、その他が8件だった。また地域別では北海道が3件、東北が1件、関東信越が14件、東海北陸が3件、近畿が6件、中国四国が2件、九州が5件だった。4月は院内調査結果報告(医療機関調査 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所の釜野さおり室長らの研究チームは4月25日、大阪市民へのアンケートで、回答者の2.7%が性的少数者(LGBT)と答えたとの調査結果(速報)を発表した。大阪市の住民基本台帳から無作為に抽出した18~59歳の1万5,000人にアンケートを郵送し、4,285人から 有効回答があった(有効回収率28.6%)。4,285人のうち31人(0.7%)が「ゲイ・レズビアン・同性愛者」、62人(1.4%)が「バイセクシュアル・両性愛者」と回答した。誰に対しても性愛感情を抱かない「アセクシュアル・無性愛者」と答えた人は33人(0.8%)、 ...続きを読む
総務省は、5月5日の「こどもの日」にちなんで、2019年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)を推計した。それによると、こどもの数(15歳未満人口。以下同じ)は、前年に比べ18万人少ない1533万人で、1982年から38年連続の減少となり、過去最少となった。男女別では、男子が785万人、女子が748万人となっており、男子が女子より37万人多く、女子100人に対する男子の数(人口性比)は105.0となっている。こどもの割合(総人口に占めるこどもの割合。以下同じ)は、2019年は12.1%(前年比0.2ポイント低下)で過去最低となった。こ ...続きを読む
厚生労働省は5月9日、2019年第17週(4月22日~28日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/2.17(前週2.54)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:秋田県/6.22、福島県/4.84、沖縄県/4.56▽報告患者数/10,601人(前週比2,012人減)▽入院患者の届出数/155例(23例減)【インフルエンザ様疾患発生報告】(p6~p7参照)▽患者数/3,719人(前週比511人減)▽休校/3施設 ...続きを読む
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所はこのほど、2019年推計の「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」をまとめ、公表した。今回は15年の国勢調査を基に、15~40年の25年間についての将来推計を行った。それによると世帯数が減少する都道府県数は今後次第に増え、35年までには沖縄県を除く46都道府県で世帯数が減少することが判明。また40年の世帯数は、42道府県で15年よりも少なくなるという。平均世帯人員は15年から40年には、すべての都道府県で減少し、15年に平均世帯人員が1.99人となった東京都に続き、40年までに北海道 ...続きを読む
厚生労働省は5月8日、「医療施設動態調査(2019年2月末概数)」を公表した。詳細は以下の通り(p1~p2参照)。●施設数【病院】▽全体/8,353施設(前月比2施設減)▽精神科病院/1,054施設(1施設減)▽一般病院/7,299施設(1施設減)▽療養病床を有する病院(再掲)/3,715施設(6施設減)▽地域医療支援病院(再掲)/574施設(増減なし)【一般診療所】▽全体/10万2,115施設(19施設増)▽有床診療所/6,806施設(30施設減)▽療養病床を有する一般診療所(再掲)/816施設(8施設減)▽無床診療所/9万5,309施設(49施設増)●病床数【病院】▽全 ...続きを読む
厚生労働省は4月17日、「妊産婦の医療や健康管理等に関する調査」の結果を公表した。これは、妊産婦に対する保健・医療体制に係る現状とニーズを把握し、妊産婦が安心できる医療提供体制の充実や健康管理の推進を含めた、妊産婦に対する保健医療体制の在り方についての検討に資するデータを収集・分析することを目的とした。調査期間中に対象医療機関(分娩を取り扱う病院・有床診療所500施設)に入院中または外来受診した妊産婦のウェブ調査への回答、1916件を集計した。回答者の80.1%が妊娠中、19.9%は産後だった。それによると、約63 ...続きを読む
厚生労働省は4月26日、2019年第16週(4月15日~21日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/2.54(前週1.67)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:秋田県/6.28、山形県/5.50、福島県/5.45▽報告患者数/12,613人(前週比4,331人増)▽入院患者の届出数/177例(2例減)【インフルエンザ様疾患発生報告】(p6~p7参照)▽患者数/4,230人(前週比3,878人増)▽休校/7施 ...続きを読む
総務省は12日、2018年10月1日現在の日本の推計人口を公表した。外国人を含む総人口は1億2644万3000人で、前年に比べて26万3000人(0.21%)減と8年連続の減少となった。日本人人口は1億2421万8000人で、前年に比べて43万人(0.35%)の現象となった。また15歳未満人口は1541万5000人で、前年比17万8000人(12.2%)の減少となり、過去最低となった。さらに15~64歳の生産年齢人口は7545万1000人で、前年に比べ51万2000人の減少となり、その割合は59.7%で、比較可能な1950年以降過去最低を記録した。一方、70歳以上人口は2621万人で前年に ...続きを読む
日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)が発表した3月の「医療事故調査制度の現況報告」では、医療事故報告は24件(累計1308件)だった。病院・診療所別では、病院からの報告が23件、診療所からの報告が1件だった。診療科別では外科が6件、内科が4件、小児科が3件、脳神経外科が2件、消化器科・循環器内科の各1件、その他が7件だった。また地域別では北海道が2件、東北が3件、関東信越が10件、東海北陸が5件、近畿が1件、中国四国が1件、九州が2件だった。2月は院内調査結果報告(医療機関調査報告)が25件あった。3月の相談 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る