Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 2,171 件
    次の10件>  最終>>|
厚生労働省は11月30日、「医療施設動態調査(2018年8月末概数)」を公表した。詳細は以下の通り(p1参照)。●施設数【病院】▽全体/8,376施設(前月比2施設減)▽精神科病院/1,058施設(2施設増)▽一般病院/7,318施設(4施設減)▽療養病床を有する病院(再掲)/3,742施設(5施設減)▽地域医療支援病院(再掲)/568施設(増減なし)【一般診療所】▽全体/10万2,011施設(109施設増)▽有床診療所/6,948施設(20施設減)▽療養病床を有する一般診療所(再掲)/849施設(5施設減)▽無床診療所/9万5,063施設(129施設増)●病床数【病院】▽全 ...続きを読む
厚生労働省は11月28日、「第13回中高年者縦断調査」の結果を公表した。それによると、友達や近所などとのつきあいの頻度が高い人ほど、健康状態が「よい」と思っている割合が高いことが明らかになった。 調査は、高齢者対策などの基礎資料を得るため、2005年10月末時点で50~59歳だった人を対象に継続実施しているもの。第13回は2017年11月1日時点の状況を調査し、回収客体数のうち、第1回~第13回調査の集計が可能な1万8,819人の結果を分析した(p1参照)(p3~p4参照)。日常生活の行動と健康状態の関連性をみると、友達づきあいをいつ ...続きを読む
厚生労働省は11月26日、2018年4月と5月の「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」を発表した。4月の調剤医療費は6,099億円で、前年度同期比3.1%減だった。内訳は、技術料1,575億円(前年度同期比1.6%増)、薬剤料4,514億円(4.7%減)。薬剤料のうち、後発医薬品は809億円(5.2%増)だった(p1参照)。後発医薬品割合は、数量ベース(新指標)で73.8%(4.9%増)となった(p1参照)(p42参照)。処方せん1枚当たり調剤医療費は8,884円(4.9%減)だった(p1参照)。5月の調剤医療費は6,055億円で、前年度同期比3.3%減。内訳は、技術料1,582 ...続きを読む
厚生労働省が11月26日に公表した「最近の医療費の動向(概算医療費)2018年4~5月号」によると、2018年4~5月の概算医療費は7.0兆円、前年同期比0.8%増だったことがわかった。年齢別では、75歳未満は3.9兆円(前年同期比0.3%減)、75歳以上は2.7兆円(2.5%増)となった(p1参照)(p4参照)。1人当たり医療費は、5.5万円(1.0%増)。このうち、75歳未満は3.6万円(0.3%増)、75歳以上は15.6万円(0.2%減)だった(p5参照)。診療種類別医療費は、医科入院2.7兆円(1.8%増)、医科入院外2.4兆円(1.4%増)、歯科0.5兆円(1.4%増)、調剤 ...続きを読む
厚生労働省は11月26日、「最近の医療費の動向(医療保険医療費)2018年4~5月号」を公表した。2018年4~5月の医療費総額の伸び率は、医療保険適用75歳未満が前年同期比0.2%減、75歳以上が2.5%増だった(p2参照)。医療保険医療費とは、医療保険適用分の明細書のデータを集計したもの。診療種類別医療費で、医科入院の75歳未満は0.6%増、75歳以上は3.4%増(p3参照)。医科入院外の75歳未満は0.7%増、75歳以上は3.0%増(p11参照)。歯科は、75歳未満が0.2%増、75歳以上が6.3%増(p16参照)。調剤は、75歳未満が3.7%減、75歳以上が2.2%減だ ...続きを読む
厚生労働省が11月21日に公表した2017年度福祉行政報告例によると、特別養護老人ホームなどの老人ホーム数は、2017年度末時点で1万3,013施設となり、前年度に比べ425施設(3.4%)増加したことがわかった。 同報告例は、福祉行政運営の基礎資料を得ることを目的に、各都道府県や指定都市、中核市における老人福祉、身体障害者福祉など13分野の状況を毎年調査している(p1参照)。老人福祉関係では、2017年度末時点の老人ホーム(有料老人ホームを除く)の施設総数は1万3,013施設(前年度比425施設増・3.4%増)、定員総数は76万2,618人 ...続きを読む
厚生労働省は11月16日、2018年11月の「労働災害発生状況(速報値)」を公表した。2018年1月~10月に発生した労働災害の詳細は以下の通り(主なもの)(p1~p3参照)。【死亡災害】●死亡者数:670人(前年同期比31人減・4.4%減)●事故の類型別発生状況:▽墜落・転落/195人▽交通事故(道路)/124人▽はさまれ・巻き込まれ/86 ...続きを読む
健康保険組合連合会(健保連)が11月9日に公表した2016年度「悪性新生物(がん)の動向に関する調査分析」によると、健保連の医療費総額約3兆3,307億円のうち、がんなどを含む「新生物」の医療費は約1割を占めることがわかった。 調査は、健保連に加入する1,260組合の電算処理レセプトをもとに、検診対象となるがん8疾患(胃、気管・肺、大腸、子宮、乳房、男性生殖器、肝・肝内胆管、甲状腺・その他内分泌腺)の医療費などを集計した(p1参照)。 2016年度の医療費総額に対する疾病19分類別の構成比で、「新生物」の医療費は、「 ...続きを読む
日本医療安全調査機構が11月9日に公表した「医療事故調査制度の現況報告(10月)」によると、医療事故報告は40件あったことがわかった。センター調査依頼は1件だった。医療事故報告の内訳は、病院38件、診療所2件。診療科別では、外科8件、内科5件、整形外科、循環器内科、心臓血管外科各4件、消化器科、産婦人科、泌尿器科、小児科各2件、その他7件だった(p1~p2参照)。センターへの相談件数は167件(累計5,916件)。内訳は、医療機関77件、遺族など76件、その他・不明14件だった。相談内容による集計では201件(複数計上)あり、医療事 ...続きを読む
厚生労働省は11月7日、2018年9月分の「毎月勤労統計調査(速報)」を公表した。医療・福祉業の詳細は以下の通り。●月間現金給与額:▽総額/25万492円(前年同月比1.9%減)▽定期給与/24万8,815円(1.7%減)▽特別給与/1,677円(31.5%減)(p7参照)●月間実労働時間:▽総実労働時間/131.0時間(3.7%減)▽所定内労働時間/126.1時間(3.7%減)▽所定外労働時間/4.9時間(3.9%減)(p8参照)●労働者数と労働異動率:▽総数/762.8万人(2.0%増)▽一般労働者/519.8万人(増減なし)▽パートタイム労働者/243.0万人(6.6%増)▽入職率/1.4 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る