Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 158 件
「基準調剤加算」が廃止され、「地域支援体制加算」が新設されました。ただ、この2つの施設基準には共通する部分が多いのですが、その取扱いに関して変更はないと考えて良いのでしょうか。 ...続きを読む
大手チェーンを直撃した「40万件超」ルール筆者は今年5月末から6月にかけて、某専門誌で日本の売上規模トップ10に入る大手調剤薬局チェーンを何社か取材する機会を得ました。今回の調剤報酬改定は周知のように、大手調剤薬局グループに大きな「逆風」をもたらしましたが、最もダメージを受けたのは、やはり調剤基本料が再編され、企業グループ全体の処方せん受付回数「40万件超ルール」が追加されたことです。前回2016年調剤報酬改定では、グループ全体の処方せんが「4万回超から40万回以下」に属する薬局で、「特定の医療機関等の処方せ ...続きを読む
小規模ながらも「かかりつけ薬局」を目指していますが、2018年度改定を受けて、どのような職場改善をしていけば良いのでしょうか。 ...続きを読む
2018年度改定で新設されました「地域支援体制加算」の算定用件について教えて下さい。 ...続きを読む
2018年度調剤報酬改定では、“お薬手帳”の活用に積極的ではない薬局に対して、調剤報酬でペナルティが導入されたそうです。その内容について教えて下さい。 ...続きを読む
調剤の「適正化」が意味するのは「減薬」ほぼ1年前の2017年6月2日、政府は経済財政諮問会議を実施し、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(以下通称、骨太の方針に略)を発表しました。「骨太の方針」は自民党政権下で毎年、発表される経済・財政に関する基本方針です。わが国が示す経済・財政政策の骨格と言えるものですが、その中の社会保障制度改革の中では、7番目に「薬価制度の抜本改革、患者本位の医薬分業の実現に向けた調剤報酬の見直し、薬剤の適正使用等」に言及されています。そこで、調剤報酬に関しては、最初に「薬剤の調 ...続きを読む
2018年4月の調剤報酬改定で保険薬局の調剤基本料等について、門内薬局には厳しい内容になったと聞きましたが、どのような改正が行なわれたのでしょうか? ...続きを読む
「地域医療に貢献する」薬剤師の実績値を明示2年前の2016年度改定での「かかりつけ薬剤師指導料」(出来高・70点)、「かかりつけ薬剤師包括管理料」(包括・270点)〔以下、同指導料・管理料に略〕新設により、「かかりつけ薬局」の普及や、各地域における「かかりつけ薬剤師」の活躍が促されたのは、薬局関係者の方々にとっては、言うまでもないことでしょう。2018年度報酬改定でも、「かかりつけ薬剤師」の「同意の取得」様式の整備や、当該薬局の勤務経験が「半年以上」から「1年以上」に見直される等、「かかりつけ薬剤師」の質を更 ...続きを読む
ジェネリック医薬品シェア75%以上をクリアし、現行「後発医薬品調剤体制加算2」を算定していますが、今改定で変更があるのでしょうか。 ...続きを読む
「かかりつけ薬局・薬剤師」に係る調剤報酬改定の重要なポイントを教えて下さい。 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る