Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 185 件
    次の10件>  最終>>|
薬機法改正案では、調剤薬局企業のガバナンスやビジネス・コンプライアンスが厳格に問われるようになったと聞きました。どのような違法行為に対して、どのような罰則が科せられることになるのでしょうか? ...続きを読む
薬局経営の今後に大きな影響及ぼす改正案厚生労働省は2019年1月、自民党厚生労働部会(小泉進次郎会長)で通常国会に提出した「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性確保等に関する法律等の一部を改正する法律案)改正」の提出時期を3月上旬とするスケジュールを提示。その後、3月7日に同部会「薬事に関する小委員会合同会議」が開催され、委員の一部からは内容についての異議も出たものの同改正案は、小泉部会長の一任で了承されました。その後、3月19日に第198回通常国会に提出された薬機法改正案・概要(図表1)は①医薬 ...続きを読む
「遠隔服薬指導」は、主に生活習慣病患者等が対象と想定されることから、「かかりつけ薬剤師指導料・かかりつけ薬剤師包括管理料」が算定できるということでしょうか? ...続きを読む
「先駆け審査指定制度」とは一体、どのような制度なのでしょうか?今回の薬機法改正で初めて法制化されるものなのでしょうか? ...続きを読む
パパ・ママ薬局でも英語・韓国語に対応可能JR京都駅や繁華街の四条河原町周辺等では、街中には連日のように訪日外国人が溢れており、薬局に来局する外国人の姿も毎日のように見られるようになりました。京都市内の某調剤薬局は40歳代の在日韓国人・薬剤師夫妻が経営し、登録販売者の若者1名の3名体制により運営されている典型的な“パパ・ママ薬局”です。在日韓国人居住者が多い地域に根づいた薬局ですが、京都駅から遠くはなく、周辺に外国人観光客を主な対象にした「民泊」が数多く新設されたことから、最近では多国籍の外国人が数多く訪 ...続きを読む
「医薬品医療機器等法」改正案では、患者が自身に合った適切な薬局を選択できるように、「当該機能を有する薬局であることの表示」を可能にするような改正が導入されるとの話です。厚生労働省はどのような機能の薬局を、名称独占の対象として想定しているのでしょうか? ...続きを読む
医療機関を受診し、処方せんを持って来られた外国人に対し、特に注意すべきポイントがあれば教えて下さい。 ...続きを読む
“多職種連携の輪”の中で活躍する「プライマリ・ケア認定薬剤師」という認定薬剤師制度があると聞きました。どのような仕組みで、認定を受けるには具体的にどうすれば良いのか、教えて下さい。 ...続きを読む
約88%の調剤薬局薬剤師が外国人患者への対応に不安調剤薬局の国際化への対応として、2018年に実施された興味深いデータがあります。それは、“英語版 薬のしおり”を作成する(一社)くすりのしおり協議会が、2018年6月15日から同26日の期間、「調剤薬局における外国人患者への対応の実態」を把握する目的で「全国の調剤薬局で外国人患者の対応経験がある薬剤師409名」を対象に行った調査((株)マクロミルケアネットによるインターネットリサーチ)。2018年9月開催の「第12回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会」で ...続きを読む
消費税引き上げに伴い、薬局における仕入れコスト増の負担軽減を目指し、2019年10月から調剤報酬が若干、引き上げられるとの話です。改正される調剤報酬の主な項目の内容等について教えてください。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る