Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 191 件
    次の10件>  最終>>|
国が公表した『経済財政運営と改革の基本方針2019』(骨太の方針2019)では、2020年9月までの後発品使用割合「80%以上」が示されていますが、実際には全国的な達成状況はどのようになっているのでしょうか? ...続きを読む
かかりつけ薬剤師に係る調剤報酬は、オンラインでは算定不可能?薬機法改正案の目玉の一つとして位置づけられているのは「服薬指導について、対面義務の例外として、一定のルールの下で、テレビ電話等による服薬指導を規定」との記述があるオンライン(遠隔)服薬指導の解禁です。そもそも、オンライン服薬指導は成長戦略の実現を目指し、内閣府主導による「未来投資戦略2018」等の経済政策が先行し、打ち出されたものです。未来投資戦略2018(2018年6月15日に発表)では「医師や薬剤師など多職種の連携の下、住み慣れた地域・我が家にお ...続きを読む
私たちは、かかりつけ薬局であると同時に、今後「専門医療機関連携薬局」としての役割を果たしていくと思うのですが、薬薬連携(薬剤師間の連携)のあり方としては、どのようなイメージになるのでしょうか? ...続きを読む
先輩薬剤師からポリファーマシー解消への取り組みは、患者様の良質な薬物療法の提供や、服薬アドヒアランスの向上だけでなく、薬局経営にも多くのメリットがあると教わりました。 ...続きを読む
実際に薬機法改正案が成立したとして、薬局現場におけるオンライン服薬指導の解禁が実現するのはいつ頃でしょうか?今回の改正案の中では、オンライン服薬指導の運用方法については触れていませんが、分かる範囲内で教えて下さい。 ...続きを読む
「外来がん治療認定薬剤師」がカギを握る「専門医療機関連携薬局」のこれから薬機法改正により、調剤薬局の新しいカタチとして「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」という2つのタイプの機能別薬局「知事認定制度」(名称独占)が誕生することになります。これは、調剤薬局の業態を大きく変えていこうとするもので興味が尽きませんが、この改正案の概要を読むと、次のような記述が見られます。「がん等の薬物療法に関して経口薬が増加して、外来で処方される機会が多くなっている等、専門性が高い薬学的管理が継続的に必要となる薬 ...続きを読む
薬機法改正案では、調剤薬局企業のガバナンスやビジネス・コンプライアンスが厳格に問われるようになったと聞きました。どのような違法行為に対して、どのような罰則が科せられることになるのでしょうか? ...続きを読む
薬局経営の今後に大きな影響及ぼす改正案厚生労働省は2019年1月、自民党厚生労働部会(小泉進次郎会長)で通常国会に提出した「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性確保等に関する法律等の一部を改正する法律案)改正」の提出時期を3月上旬とするスケジュールを提示。その後、3月7日に同部会「薬事に関する小委員会合同会議」が開催され、委員の一部からは内容についての異議も出たものの同改正案は、小泉部会長の一任で了承されました。その後、3月19日に第198回通常国会に提出された薬機法改正案・概要(図表1)は①医薬 ...続きを読む
「遠隔服薬指導」は、主に生活習慣病患者等が対象と想定されることから、「かかりつけ薬剤師指導料・かかりつけ薬剤師包括管理料」が算定できるということでしょうか? ...続きを読む
「先駆け審査指定制度」とは一体、どのような制度なのでしょうか?今回の薬機法改正で初めて法制化されるものなのでしょうか? ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る