Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 33 件
    次の10件>  最終>>|
POINT(1)開業にあたりマーケティングを最重要視必要とされる地域で開業すべく、地域のニーズの調査を徹底。泌尿器科専門診療所のなかった門真エリアに開業した。(2)わかりやすくていねいな説明に注力患者の不安や心配の解消につながるように、必要な情報は患者が正しく理解するまで、次回の診察でも何度も繰り返し説明する。(3)女性も入りやすい清潔で明るい空間づくり「恥ずかしい」というイメージを払拭するため、植物や花などを飾りアットホームな雰囲気に。女性も入りやすいよう専用の待合室も設けている。地域のニーズを徹底的 ...続きを読む
私は来年には72歳の誕生日を迎える現役の個人開業医ですが、万一の場合を想定して、遺言状を作成しておきたいと考えております。遺言状の基本と作成の仕方について教えて下さい。 ...続きを読む
長年に亘り地域の「かかりつけ医」の一般内科のドクターです。「認知症サポート医」として、これら患者のプライマリケアを担ってきました。内科系診療所でも、患者が認知症を発症して交通事故を起こした場合に、「かかりつけ医」の過失責任が問われることもあり得るのでしょうか? ...続きを読む
POINT!(1)自身の経験からビジネスパーソンのメンタルケアを意識院長のサラリーマン時代の経験をきっかけに、仕事や家庭でストレスがたまるビジネスパーソンの心のサポートに注力する。(2)外部環境の原因を改善する非薬物療法を中心に指導薬による対症療法ではなく、症状の原因である仕事の悩みや生活習慣の乱れを改善する指導を行う。(3)「心」「体」「脳」の視点から症状の原因にアプローチ「心」の問題にはセラピーやトレーニング、「体」の不調には漢方外来や睡眠外来、「脳」には認知行動療法など、患者ごとの原因に合わせて ...続きを読む
「選定療養費」(保険外併用療養費制度)の枠組みが最近、拡大されたと知りました。特に予約診療に関して具体的に教えてください。 ...続きを読む
外来を行わない在宅医療専門診療所が制度として認められるようですが、在宅療養支援診療所(在支診)を届出している場合は、在支診の届出を返上してそちらに移行する必要があるのですか? ...続きを読む
Point(3)認知症への対応今後さらに増加が見込まれる認知症への対応もかかりつけ医の重要な業務となる。その対応範囲は治療だけでなく、生活環境の整備あるいはその支援などといった全人的なものになるため、認知症のマネジメントは他の医療機関や介護従事者との連携が必須となる。介護従事者と連携するにあたっては、基本知識として、介護保険制度や各介護従事者・介護施設の役割、サービスを含めた介護システムについての知識が必要になる。介護従事者との連携が少ない診療所の医師にとって、新たに介護システムについて勉強することは ...続きを読む
診療所で診ることのできない患者を病院に紹介し、治療を終えた段階で診療所が再度受け入れる・・・従前の病診連携は、いわゆる前方連携が中心であった。しかし医療の効率性を高めるとともに、住み慣れた地域で最期まで生活できる地域包括ケアシステムに向けた医療・介護提供体制の改革が進められるなか、連携のあり方にも変化が生まれてきている。平均在院日数の短縮および在宅復帰率の向上が求められる病院は、医療必要度の高い患者の早期退院に力を入れるなか、在宅の受け皿となる診療所にはこのような患者を受け入れるための体制づくり ...続きを読む
今後の診療報酬体系や最近よく言われる「地域包括ケアシステム」などの制度的な動向はどの様に変化していくのでしょうか。 ...続きを読む
眼科診療所の平均的な収入・利益を、教えてください。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る