Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 154 件
    次の10件>  最終>>|
【講演3】2018年度診療報酬改定の原点は社会保障制度改革国民会議報告書前中央社会保険医療協議会委員 地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター院長 万代 恭嗣 氏2018年度診療報酬改定は40年以降への基礎作り地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター院長の万代恭嗣氏は「2018年度診療報酬改定と今後の方向性‐急性期入院医療を中心として‐」と題して、2018年度改定を振り返った。厚生労働省保険局医療課長の迫井正深氏は「2018年度診療報酬改定の原点は社会保障制度改革国民会議報告書(2013年)である」と発言したという ...続きを読む
【講演2】基幹型病院と地域密着型病院の機能分化へ医療と経営が両立するマネジメントが急務日本病院会会長 社会医療法人財団慈泉会理事長 相澤 孝夫 氏健康問題と同等以上に生活問題への取り組み必要日本病院会会長で社会医療法人慈泉会理事長・相澤病院院長の相澤孝夫氏は、「病院の明るい未来をつくるために‐これからの病院経営の在り方‐」について講演した。「年を取るにつれて全ての人に例外なくさまざまな身体的変化が生ずる。それは生理機能の低下、高齢により好発する疾患、好ましくない生活習慣、運動量の低下と相まって、環境の ...続きを読む
大方の予想に反してプラス改定となった2018年度診療報酬改定・介護報酬改定は、2020年以降の医療介護福祉提供体制を方向づけた。さる2日、千里ライフサイエンスセンターで開かれた「医療経営ステップアップフォーラムin大阪」(大成建設・医療タイムス社共催)には、関西地区の医療関係者100人超が出席。研究者、病院経営者、政府委員から同時改定の読み方が多様に示された。【講演1】社会福祉法人は高利益率である必要財源確保へ課税を検討せよキヤノングローバル戦略研究所研究主幹 松山 幸弘 氏先進諸国に比べ特殊性が目立つ日本の公 ...続きを読む
介護ロボットで夜勤職員数を緩和ここでいう介護ロボットとは、センサー装置付き見守り機器のことだ。特別養護老人ホームなどの夜勤職員配置加算について、業務の効率化等を図る観点から、見守り機器の導入により効果的に介護が提供できる場合について見直しを行う。ただし見守り機器が人手による介護を代替することはできない。これらの最新機器を使いこなすための知識や介護環境づくりなどと合わせて導入しなければ、職員を減らしたことで夜間帯のリスクは増すため、慎重な対応が求められている。そのための委員会設置が義務となる。◇夜 ...続きを読む
在宅ときどき入院を実現するための取り組み(1)リハビリテーションに関する医師の関与の強化訪問と通所(デイケア)のリハビリテーションマネジメントについて、医師の詳細な指示に基づくリハビリテーションの提供などを要件とした評価が設けられる。◇訪問リハビリテーション 現行・リハビリテーションマネジメント加算(I) 60単位/月・リハビリテーションマネジメント加算(II) 150単位/月◇改定後・リハビリテーションマネジメント加算(I) 230単位/月・リハビリテーションマネジメント加算(II) 280単位/月・リハビリテーショ ...続きを読む
医療の関わりが期待されている地域包括ケアの推進ターミナルケア加算の算定者数により評価看護体制強化加算について、ターミナルケア加算の算定者数が多い事業所は新たな区分で評価される。病院には治療を終えた患者が自宅などで家族と穏やかに過ごす時間が持てるように配慮することが期待されており、退院調整ではケアマネジャーや訪問看護との迅速かつ緊密な連携をすることになる。◇現在・看護体制強化加算 300単位/月(※ターミナルケア加算の算定者が年1人以上)◇改定後・看護体制強化加算(I) 600単位/月(新設)(※ターミナルケ ...続きを読む
2018年度の介護報酬改定は、0.54%のプラス改定となった。微増ではあるが、政府が重視する在宅ケアと介護医療連携に関わるところでプラス改定や新たな加算が設けられた。団塊の世代が高齢者となる2025年は着実にやって来る。そこで政府は、介護業界の給与水準を引き上げるための処遇改善など就労環境の改善を進めており、今回の介護報酬改定でも重要項目となっている。診療報酬改定と連動して医療的ケアを評価今回の介護報酬改定は、「地域包括ケアシステムの推進」「自立支援・重度化防止」「多様な人材の確保と生産性の向上」「介護サー ...続きを読む
患者への丁寧な説明・確認と「同意取得」の様式を整備中医協ではなく内閣府・経済財政諮問会議での「診療報酬・薬価のあり方等」の議論では、数年前から調剤技術料の適正化に向け「患者本位の医薬分業の実現」が謳われ、服用薬等の患者情報の一元管理、在宅訪問服薬指導等が行なえる「かかりつけ薬局」を増やし、門前薬局からの移行を推進。それが患者の薬物療法の安全性・有効性の向上に繋がるだけでなく、医療費の適正化にも繋がるとの考え方が打ち出されていました。このコンセプトに基づき、2016年度診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師 ...続きを読む
「主治医機能」は要件緩和と実績に応じた2段階評価導入→ 拡大画像はこちら今改定に関する中医協の議論で、かかりつけ医に関しては高機能病院等、「専門医療機関への紹介」機能や「総合的な相談」機能等に対して国民の期待も大きいことから、普及を進める方針は従来と変わらない。しかし、2014年の診療報酬改定で新設された主治医機能を評価する(1)「地域包括診療料」、(2)「地域包括診療加算」、2016年改定で導入された(3)「認知症地域包括診療料」、(4)「認知症地域包括診療加算」の届出が近年、増えていない。(1)(3)を合せ ...続きを読む
【地域包括ケア病棟 入院料・医学管理料】大規模病院は一般病床で対応中小病院での病床増加を目指す意図が緊急時受け入れを分離して評価→ 拡大画像はこちら昨年末現在で地域包括ケア病床の届出病床数は6万7,000床。病院数はある調査機関によると2,000病院を超えていた。現在は回復期リハ病院を追い抜く勢いで増加している。水谷氏は、この地域包括ケア病床はいろいろな形で活用できるため、できるだけ早く転換すべきという意見もあると紹介。そのあたりの戦略をどうすべきか今後自院でシミュレーションしてほしいとした。地域包括ケア病 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る