Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 252 件
    次の10件>  最終>>|
家賃やランニングコスト、看護師の人件費高騰等、正直、人口減少傾向が続く地域でクリニックを続けていくことに不安を持っています。何か打開策があれば教えて下さい。 ...続きを読む
【事例3】理事長自ら紹介元医療機関を開拓し病床稼働率を引き上げる特定医療法人社団大坪会 三軒茶屋病院(東京都世田谷区)紹介元医療機関を開拓する!東京都世田谷区の住宅密集地で亜急性期から軽度の患者を多く受け入れている三軒茶屋病院。急性期を脱した後や在宅療養を続ける患者の具合が悪くなった時の受入病院として常に病床はフル稼働を続けている。その背景には、自院の機能を積極的に伝えるという病院の方針、そしてそれを体現する理事長自身の外回りがある。紹介元医療機関を開拓すべく大学病院~在宅医と顔をつなぐ三軒茶屋病 ...続きを読む
【事例2】連携の「地ならし役」として診療所や中核病院と関係築く社会医療法人敬和会 大分岡病院(大分県大分市)機能分化を見据え中核病院とも交流社会医療法人敬和会大分岡病院は、地域の中核的な急性期医療病院、地域医療支援病院として、従前から他の医療機関との連携に力を入れてきた。そんな中で立川洋一院長は、地域連携における自らの役割について「連携の地ならし役」と語る。「連携」の枠を超えマーケティングの考えを取り込む大分岡病院は2001年に地域連携室を立ち上げ、2006年に「広報・マーケティング部」に組織改編した。20 ...続きを読む
理事長・院長が外に出るのは、各種団体の会合の時だけ。それでは何とももったいない。病院のさまざまなステークホルダーにとって、院長先生が自ら足を運んでくれる、ということには大きな意味があるもの。とはいえ、何かと忙しい理事長・院長というポジション。効率的かつ効果的に「外回り」して最大の成果を得たい。その秘訣を探る。一般企業の大型案件や国家レベルのプロジェクトでは、しばしば「トップ営業」が見られる。企業の社長や国の首長といったトップ自らが折衝にあたり、交渉をまとめるのだ。病院では長年「トップ営業」どころ ...続きを読む
武田薬品工業は8日、アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で両社が正式に合意したと発表した。買収総額は約460億ポンド(約6兆8000億円)。武田はシャイアーの普通株式を全て取得する。日本企業による海外企業の買収では、ソフトバンクグループによる英ARM(アーム)ホールディングスの事例(約3兆3000億円)を抜き、過去最大となる。今後、両社の株主総会の決議などを経て2019年前半に買収手続きを完了する見通し。シャイアーは患者数が少ない希少疾患の治療薬に強く、時価総額は武田を大きく上回る。買収により、武田は売上高で世 ...続きを読む
【参考 独立行政法人福祉医療機構】介護老人保健施設の事業収益対事業利益率は6.8%独立行政法人福祉医療機構では、福祉医療貸付事業の債権管理の一環として、毎年度、融資先から提出される決算財務諸表および事業報告書の集計・分析を実施。その結果の中からここでは介護老人保健施設、通所介護事業所、グループホームの状況を掲載する。介護老人保健施設の経営状況福祉医療機構のデータに基づき、2016年度の介護老人保健施設の経営状況について分析を行った。拡大図はこちら→2016年度の事業収益対事業利益率は前年度と同じ6.8%となった ...続きを読む
東京商工リサーチはこのたび、2017年度「老人福祉・介護事業」倒産の調査結果を発表。それによると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年度以降、最多の115件に達した。高齢社会の到来とともに成長市場と期待される「老人福祉・介護事業」だが、人手不足など課題が山積する中、淘汰が加速している。ここではその内容を掲載するとともに、あわせて独立行政法人医療福祉機構がこのたび公表した介護系施設の決算状況を参考までに付記した。【東京商工リサーチ調査】2017年度老人福祉・介護事業の倒産状況、件数が急増し、年度としては過 ...続きを読む
医療・介護・障害福祉のトリプル改定 関係団体はプラス改定を望むが、財源は?全日本病院協会会長 寿康会病院院長 猪口 雄二 氏第7次医療計画の重点事項は医療と介護の連携全日本病院協会会長の猪口雄二氏(寿康会病院院長)は、「医療提供体制はどうなる~平成30年度医療・介護同時改定を考える」について所見を述べた。猪口氏は中央社会保険医療協議会委員や社会保障審議会医療保険部会委員として、医療政策の立案にもかかわっている。平成30年度改定をめぐる現況について、猪口氏は、次のように報告した。「消費税10%引き上げが平成 ...続きを読む
病院倒産時代にM&Aで経営安定へ 再建ポイントは病院と職員の折り合い伯鳳グループ代表 古城 資久 氏事業規模を拡大しないと格付けで評価されない→ 拡大画像はこちら医療法人伯鳳会、医療法人五葉会、社会福祉法人大阪暁明館などを運営する伯鳳グループ(兵庫県赤穂市)代表の古城資久氏は、「病院倒産時代に経営を考える~病院を売るとき、買うとき~」と題して、病院M&Aの経験や手法について解説した。伯鳳グループの過去20年間の業績を振り返ると、1997年に医業総収入は年間に約50億円、経常利益は赤字だった。その後、2005年に十愛 ...続きを読む
2018年度診療報酬改定の改定率が決定するのは、12月20日前後の見通しである。約1カ月前の11月25日、東京・新宿で開かれた「医療経営ステップアップフォーラムin東京」(共催・大成建設、医療タイムス社)には、約150人の病院経営者や経営幹部が出席した。フォーラムではコンサルタント、病院経営者、病院団体代表が、それぞれの立場から病院経営の今後を見通した。2016年診療報酬改定以降の2年間で7対1病床が減少、地域包括ケア病床は激増エム・アール・シー社長 石上 登喜男 氏重症者基準を満たせなければ10対1や地域包括ケア病棟へ国公 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る