Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 606 件
    次の10件>  最終>>|
厚生労働省は9月26日、白血病などを治療する造血幹細胞移植で地域の中核となる「推進拠点病院」選定の制度を見直す方針を決めた。患者がどの地域でも適切な移植を受けられるよう、拠点病院が「推進協力病院」を指名する仕組みを創設することなどが柱。同日、厚生科学審議会の造血幹細胞移植委員会に方針案を示し、了承を得た。厚労省は12月に新たな公募要領や実施要綱を決定。2019年に改めて公募や拠点病院の選定を行い、20年度から新制度の運用を始める。移植のコーディネートや人材育成などを行う拠点病院は現在、全国8ブロックのうち関 ...続きを読む
「終末期」から「人生の最終段階における医療」に変更された新しいガイドラインは、従来のガイドラインとは、どのような点が異なるのでしょうか? ...続きを読む
国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜斉理事長)は12日、全国のがん診療連携拠点病院などから収集した院内がん情報を用いて、(1)2011年の1年間に診断された患者の3年を経過した生存率(2011年3年生存率集計)(2)2008年、2009年に診断された患者について、治癒の目安とされる5年を経過した生存率(2008~2009年5年生存率集計)‐について報告書をまとめウェブサイトで公開した。今回初めて、2011年院内がん登録データ(268施設)を用いて3年生存率集計を実施し、より早い段階での生存率情報を提供した。また2008年、2009年の2カ ...続きを読む
「介護医療院」の施設要件や介護報酬について言及する前に、前回に続き新設加算の“目玉”とされる「移行定着支援加算」(以下、同加算)の狙いについて考えてみたい。確かに、「1年間限定」の臨時ボーナスのような新機軸であり、介護療養病床や介護老健に対しての「転換」支援策であるのは間違いないのだが、算定における「介護医療院を開設した旨についての地域住民への周知、入所者や家族への丁寧な説明」と、「地域住民と入所者・家族との交流のための地域行事や活動等への積極的な参加」という2つの条件に注目したい。この条件を端的に ...続きを読む
介護医療院について、介護報酬では、かなりの収益アップになることが分かりましたが、医療保険適用の病棟にも相乗効果が大きいと聞きました。具体的に教えて下さい。 ...続きを読む
厚生労働省は4日、2017年受療行動調査の結果を公表した。調査は3年に1回実施。今回は昨年10月、無作為抽出した全国490病院を対象に行い、外来・入院患者約14万6000人から有効回答を得た。今後の治療・療養の希望が「自宅から病院や診療所に通院しながら、治療・療養したい」は、30.2%であることなどが分かった。■病院を選んだ理由拡大図はこちら→この病院を選んだ理由があると回答した者について、選んだ理由をみると、外来、入院ともに「医師による紹介」が最も高く、外来で37.3%、入院で51.0%、次いで、外来では「交通の便がよい」が ...続きを読む
【事例2】病院は地域に開かれたコミュニティ 健康な若い世代も多く集まる場に南医療生活協同組合(名古屋市緑区)医療生活協同組合が運営する医療・介護の各種施設南医療生活協同組合(南医療生協)は、愛知県名古屋市緑区にある南生協病院を中核施設として病院・診療所、そして各種介護事業などを展開している医療生協である。1959年の伊勢湾台風の被害からの復興の必要性と、そのための資金不足が深刻だったことを背景に、南医療生協が設立された。地域住民に加えて、ボランティア、医師、学者など308人が出資したという。「金がある人 ...続きを読む
稲波脊椎・関節病院の新たな視点・確かな診断と技術による低侵襲治療・「自分が受けたい」医療を提供・医療データを積極的に開示背骨や腰、膝の関節の治療を専門とする稲波脊椎・関節病院。正確な診断と低侵襲治療は多くの患者から支持され、「公共財」とする医療データの公開と活用に取り組む。医療法人財団岩井医療財団は1990年、江戸川区に岩井整形外科内科病院(56床)を開院し、腰や首の治療に特化してきた。脊椎内視鏡手術は、全国の医療機関で行われた手術件数の約11%を占める。多くの患者に対応しきれなくなったことから、羽田空 ...続きを読む
病院に対して満足している外来患者の割合が59.1%となり、調査を始めた1996年以降で最高となったことが4日、厚生労働省の2017年受療行動調査で分かった。調査は3年に1回実施。今回は昨年10月、無作為抽出した全国490病院を対象に行い、外来・入院患者約14万6000人から有効回答を得た。外来患者で全体的に満足と答えた割合は、前回の14年より0.8ポイント増。「不満」は0.5ポイント減の4.3%だった。項目別で満足度が高かったのは「医師以外の病院スタッフの対応」が58.8%、「医師との対話」が57.0%、「医師による診療・治療内容」が55.3 ...続きを読む
日医総研はこのたび、「医療による地域活性化」をテーマとしたワーキングペーパーを上梓した。医療は積極的に地域活性化に貢献し、地方創生の中心的な担い手になることができるかを調査。全国の事例3件を収載した。ここでは、高齢者の健康ニーズに合わせた大規模診療所を商店街再生の目玉とした高松丸亀町商店街(香川県)、地域に公共施設クラスのコミュニティの場を提供する南医療生活協同組合(名古屋市)の事例2件の模様を抜粋して紹介する。【事例1】“シャッター通り”から復活 大規模診療所を商店街再生の柱に高松丸亀町商店街(香川 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る