Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 565 件
    次の10件>  最終>>|
大原綜合病院の新たな視点(1)法人内の病院を機能再編(2)身近な急性期病院を追求(3)地域とともにまちづくりを推進2018年1月1日に新築移転した大原綜合病院。法人内の病院の機能分化と連携を進め、地域完結型医療、さらには“まちづくり”の中心となる病院づくりに取り組んでいる。福島県福島市は県庁所在地でありながら市立病院のない全国的にも珍しい地方都市だ。大原綜合病院は、この市街地中心で126年にわたって、市立病院的な役割を果たしてきた。2018年1月1日には病院の新築移転を行うとともに、法人内の病床機能の再編にも着手。 ...続きを読む
看護必要度IIを病棟で採用する具体的なメリットや目的等に加え、いつ頃から看護必要度IIを用いた評価が義務付けられるのかを教えて下さい。 ...続きを読む
「7対1」退出を機に病棟での専門職配置やサービスを再検討前回に引き続き、今改定における7段階に再編された「急性期一般入院料」(以下、同入院料に略)について紹介する。地域中核的な高機能病院や大学病院等は別として、全国的に数多く存在する「7対1」急性期病院にとって要件の厳しい同入院料1届出に固執することが果たして得策なのかどうかを今一度、考えてみたい。(加算等は別にして)1ベッド当たりの報酬単価は、従来の「7対1」と同じ点数の同入院料1(1,591点)と、同入院料2(1,561点)とでは30点の差しかなく、同入院料1と同入 ...続きを読む
メディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)は1月17日、都内でプレスセミナー「患者がカルテを管理する時代‐医療データの利活用が未来を変える‐」を開催した。病院が管理している患者の情報の扱い方について、医療者・患者双方の視点から議論を交わした。患者に関する診療情報は誰のものかゲストに神野正博・社会医療法人董仙会恵寿総合病院理事長と山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長を招き、トークセッションの形で進行した。まず話題になったのは「診療情報は誰のものか」。神野氏は「病院で有している患者 ...続きを読む
今改定を受けて、地域包括ケアシステムを進める病院として、地域包括ケア病棟で最優先すべき課題を教えてください。 ...続きを読む
下北沢病院の新たな視点(1)日本初の「足の総合病院」の看板(2)診療科の枠を越えたチームによる協働体制(3)知名度アップのマーケティング戦略日本初の総合的な足病治療を行う病院として再生した下北沢病院。時代とニーズを捉えた柔軟な経営体制のもと、日本でのポダイアトリー(足病学)の確立と普及を図っている。リウマチ治療に特化した地域密着型のケアミックス病院として2010年にリニューアルオープンした下北沢病院が、「足の総合病院」という看板を新たに掲げたのは2016年6月。「新しいコンセプトで病院をつくるとなった時に、 ...続きを読む
厚生労働省が4月17日に公表した、「病院の耐震改修状況調査の結果」によると、2017年の病院の耐震化率は、前年を1.4ポイント上回る72.9%であることが分かった。調査は、▽病院▽救命救急センター▽災害拠点病院‐の17年9月1日時点での耐震化状況を調べたもので、8411病院と、734の救命救急センターおよび災害拠点病院から回答を得た。病院の耐震化状況をみると、8411病院のうち、「すべての建物に耐震性がある」と答えたのは6130病院(病院全体の72.9%、前年比1.4ポイント増)、「一部の建物に耐震性がある」は674病院(8.0%、0.3ポイント ...続きを読む
新設「精神科措置入院退院支援加算」の内容で、2017年廃案となった「精神保健福祉法」改正案と重なる部分とは何ですか。 ...続きを読む
POINT(1)生活習慣病からがんまで幅広い診療を行う開業医の仕事は「何でも屋のまちのコンビニのように診療すること」というポリシー、内科・外科・整形外科・皮膚科・心療内科まで幅広く初期診療を担当。(2)患者のニーズに応えて診療を拡大足腰の痛みを訴える後期高齢者患者が多く通うことから、リハビリテーション科を拡大。短時間型通所リハビリテーション(デイケア)も開始した。(3)体だけではなく心も健康になるしかけを取り入れる誕生日カードのプレゼントや記念撮影など、患者の笑顔を引き出す診療を実施。落語会やがん患者と ...続きを読む
判定業務が簡素化される「看護必要度II」が今後の主流に2018年度診療報酬改定における急性期入院医療に関しては、「入院医療の将来ニーズに対応出来る」ようにと、従来の一般病棟入院基本料「7対1」、「10対1」、「13対1」、「15対1」を再編・統合し、現行の「7対1」、「10対1」は統合して『急性期一般入院基本料』への見直しが実施されたのは周知の通り。「13対1」、「15対1」も統合し『地域一般入院基本料』に改正された。(下記図表)拡大図はこちら→今回、紹介する前者『急性期一般入院基本料』は、現行の「7対1」一般病棟と「10対1」 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る