Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 510 件
|<<最初  <前の10件    
複合都市開発の一つの形態として、各地で医療モールが誕生している中で、今年1月、医療モール運営会社の日本複合医療施設株式会社が倒産した。数年前からブームの兆しを見せた医療モール。診療科の異なる診療所が同居することで集患力が高まるほか、施設や医療事務の共有化を図れるなど、効率化のメリットもあり、大都市圏を中心に急増してきた。2010年度診療報酬改定から明細書発行が原則義務づけられるなど、診療所の設備投資への負担増も懸念されているだけに、医療モールでの開業を志向する医師も少なくない。「運営会社は玉石混 ...続きを読む
「医療技術と医療マネジメントのレベルを向上させ、国家レベルで医療の質と安全性の向上を図り、社会技術としての医療の質的向上を図っていく」。飯塚悦功東京大学工学系研究科教授は医療機関に対して品質マネジメントの普及に取り組んでいる。その手法を導入した医療機関は、業務の標準化・可視化など経営の質向上を通して、医療の質向上を図ろうとしている。「誰のために」「何のために」品質とは顧客志向・目的志向医療界には、民間企業の経営手法を導入することへの拒否反応がいまだに根強い。日本医師会が2000年4月に開いた定例代議 ...続きを読む
10年ぶりのプラスとなった2010年度診療報酬改定。しかし限られた財源のなかでのわずかなプラスのため、配分はメリハリの効いた内容になっている。今次改定の全体像や主要項目からその狙いを検証したい。同規模同機能の病院でも明暗ははっきりと分かれる2010年度診療報酬改定は、10年ぶりに全体プラスとなった。財務省主導による事業仕分け等によって、予算の見直しが迫られるなか、プラス改定となったこと自体は評価すべきだろうが、民主党はマニフェストで総医療費対GDP比をOECD加盟国平均並みにまで引き上げることを ...続きを読む
医療を取り巻く環境がますます厳しくなるなか、中小病院は今後、どのような方向に向かっていけばいいのだろうか。全国各地で数多くの病院や診療所などの医療施設、老人ホームやグループホームなどの介護福祉施設を展開する湖山医療福祉グループの湖山泰成代表に、現在の中小病院の経営の傾向を分析していただくとともに、今後進むべき方向性を提示していただく。●新たな設備投資による増収は見込めない中小病院は今後も全体としてじりじりと厳しい経営状況になる。その傾向は都市部で顕著に現れている。私は今から15年ほど前に「東京から ...続きを読む
2009年度の医療機関の倒産件数は、過去最高だった2008年度を上回るペースで増加しており、病院を取り巻く環境は今後ますます厳しくなることが予想される。なかでも200床クラスの中小病院は現状のままで生き残るのは非常に厳しく、何らかの対策を講じなければならないところにきている。DPCへの参加や病院機能の変更、ブランドの確立など、さまざまな地域事情に鑑みながら、今後、中小病院が病院サバイバルのなかで生き残るための方策を探る。●病院選択の要素に経営面の評価が加わる?帝国データバンクによると、今年4~7 ...続きを読む
株式会社MMオフィス 代表取締役 工藤 高民主党政権で初となる診療報酬改定は、新聞報道などによるとプラス改定は確実視されている。本体の上げ幅は3.4%程度などとも言われて医療界からは期待されているが、全医療機関一律にアップすることはなく、個々の点数配分について目を配る必要がある。民主党のマニフェストに、そのヒントが隠されている。たとえば「医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬を増額する」とあるが、裏を返せば「増員しない病院は増額しない」と言える。もともと人件費がかかっていないからだ。医療従事者 ...続きを読む
●東京都の場合-在宅医療拠点病院モデル事業を実施在宅療養生活を支える地域医療基盤の整備東京都がこの10月から実施している「在宅医療拠点病院モデル事業」は、在宅医療を担う医師や訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパー、緊急一時入院先の病院スタッフなどによる緊密な連携関係を地域全体で構築するのが目的だ。事業の進め方は、東京都がタイプの異なる4つの病院と所在する地域を「在宅医療の拠点モデル」にして選定し、指定病院に業務を委託した。指定を受けた病院は、地域の診療所の医師や訪問看護師と病院スタッフらによるケース ...続きを読む
2008年度の診療報酬改定で創設された「在宅療養支援病院」制度は、ハードルが高く、名乗りを上げる病院は数少ない。最大のネックは、制度が06年度診療報酬改定で設けられた「在宅療養支援診療所」を補完する目的でできた背景もあって、「半径4キロメートル以内に、診療所がない場合」に認められる限定付きなことだ。「総医療費抑制」政策の流れを受け、終末期のがん患者や慢性病患者を対象に、在宅医療への移行が確実に進んでいる中、次期改定への動きも含めた制度の現状を取材した。●診療報酬の低さと「24時間対応」がネック支援病院と ...続きを読む
これまでの政権と民主党政権による医療政策の明確な違いとして打ち出されているのは、医療分野への予算配分だ。医療崩壊と言われる現在の状況を招いた最大の原因を、小泉政権下ではじまった医療費抑制施策と断定。社会保障費2200億円抑制の撤廃だけでなく、医療分野に財源を大幅に投入することで、崩壊の危機に瀕している地域医療の建て直しを図るとしている。目指す年間医療費はドイツ並の対GDP医療費11%。この実現に向け、最初の4年間でOECD加盟国平均の8.9%に引き上げるのが目標だ。(日本のGDP対比の医療費は8.1%で ...続きを読む
救急医療を中心に診療報酬がアップ 中小病院は厳しい状況に?民主党が世論の後押しを受け、自公政権を倒した8月30日の衆議院議員総選挙。マニフェストの中でも、高く評価されていた民主党の医療政策だが、果たして今後の医療はどのような変化を遂げるのだろうか。各界の意見にも耳を傾けながら、ニッポンの医療のシナリオを探る。毎年7000億円が診療報酬に投入される「社会保障費の削減方針の撤回」「医師養成数1.5倍」「救急、産科、小児、外科等の医療提供体制の再建」「後期高齢者医療制度の廃止」「医療保険制度の一元化」―― ...続きを読む
|<<最初  <前の10件    

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る