Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 563 件
2010年12月現在の高齢者人口は2936万人(総務省・概算値)。総人口の5%強を占める団塊世代が65歳以上になる2015年には、その数3500万人を超えると推計される。高齢者人口の増加に伴い、要介護認定高齢者も増加しており、こちらは500万人近い数字となっている。これら人口ボリュームに対応するサービス量の拡充は喫緊の課題と言える。その受け皿として期待される新制度「サービス付高齢者向け住宅」に迫ってみたい。都道府県への登録制度「サ高住」へ一本化これまで国は、これらの受け皿として高専賃に代表される高齢者住宅の整備を政策的 ...続きを読む
在宅医療の連携調整窓口を運用あらゆる相談に対応しサポート蒲田医師会(東京都大田区)都のモデル事業に先駆けて調整窓口の設置を構想地域に密着した取り組みを行うことは郡市区医師会の重要な役割だ。病状が安定した後に、住み慣れた地域の自宅で治療を続ける在宅医療。患者・家族だけでなく医療提供側にとっても、円滑かつ安心して在宅医療に移行できる仕組みの構築は全国的な課題だ。東京都大田区の蒲田医師会はこうした課題に取り組む活動を行っている。東京都では2010年の下半期、「在宅医療連携調整窓口」を都内3地域に設置するモ ...続きを読む
都内唯一の医師会立病院を運営開放型病院として地域医療に貢献板橋区医師会(東京都)マンモス団地の近隣に建つ都内唯一の医師会立病院東京都板橋区には、都内で唯一の医師会立病院である板橋区医師会病院がある。一般病床199床を有し、7対1の看護配置を敷く。東京都指定の2次救急病院だ。標榜診療科目は内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、皮膚科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科の11科目。28人の常勤医と、多数の非常勤医を擁し、看護師は約130人にのぼる。日本大学医学部の研修関連病院となって ...続きを読む
全国47都道府県には目下、695もの郡市区医師会が存在している。基本的に、健診事業や予防接種事業、母子保健・学校保健事業、休日・夜間診療事業など地域に密着した活動を手掛けている。これらの活動とともに、地域の実情に応じた独自の取り組みも行われている。今回、地域医療への貢献活動を担う医師会をレポートする。市のドクターカー運用に協力救急医療体制の充実に貢献船橋市医師会(千葉県)1992年からドクターカー開始平日夜間と休日を医師会員が同乗千葉県船橋市は、救急医療体制を充実させる一環として全国に先駆けてドクターカ ...続きを読む
5.人員配置に対する違和感「はじめに数ありき」の診療報酬体系は問題──「7対1」に代表されるように診療報酬では看護師配置を評価する流れがありますが。藤野 医療における看護業務の重要性を認識されるきっかけになれば喜ばしいのですが、「病床を減らして7対1入院基本料を算定する」ことばかりがクローズアップされています。何か方向性が違う気がします。東城 数だけでなく、質も重視してほしい。現在の診療報酬体系下での看護師採用は、「儲けるため」という姿勢が強すぎます。中小病院も地域にとって必要な医療施設ですし、そこで ...続きを読む
病院の最大派閥である看護師。彼女らの意識や働きによって、病院の経営や雰囲気は大きく変わるだけに、そのマネジメントは重要だ。しかし、現実には上手くいっていない病院が多いのも事実。看護部マネジメントの要諦はどこにあるのか─。ここでは、長年、看護部長を務めた後、あるべき看護部マネジメントを考えるための勉強会を立ち上げた方々に集まってもらい、看護部が抱える問題から人材の育成、経営への貢献に向けた方策について話し合ってもらった。1.看護師疲弊の理由看護教育と実際の看護業務との意識の違いに苦悩──現場の看護師は ...続きを読む
一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会例会で行われた、安藤高朗氏(医療法人社団永生会理事長)の講演は、日々病院改革を進め、現場と向き合っていることをうかがわせる内容だった。医療、介護の分野で事業展開をする永生会だが、安藤氏のあげるさまざまな病院改革の実践例は、非常に新鮮で、病院経営者の指針となった。患者、そして職員の「満足度」永生会が基本方針として取り組んでいるのは満足度向上対策だ。2000年当時、永生会では離職率の高さや人材確保の難しさなどに悩み、職員確保を課題としていた。そこで第三者である ...続きを読む
在宅療養支援病院の届出要件は2010年度診療報酬改定で大幅に緩和されたものの、実際には24時間オンコール体制の維持や訪問看護師の配置など、難題は多い。また、診療報酬の算定にも訪問回数などの縛りがあり、経営的に“実”のあるものとするには高いハードルがある。今回、在宅療養支援病院を運営するためのポイントについて医療法人池慶会池端病院・池端幸彦理事長に聞いた。在支診との円滑な連携が成功のカギを握る在宅療養支援病院(在支病)の運営にあたってはまず、在宅療養支援診療所(在支診)との違いや、地域において果たすべき役 ...続きを読む
人材の定着する組織風土が肝要次回改定は財源的に予断許さず株式会社日本経営 代表取締役社長 藤澤 功明氏12年度改定で取り扱いが注目される一般病棟の長期入院患者株式会社日本経営の代表取締役社長の藤澤功明氏は「医療・介護業界の今後の展望」と題し、幅広いテーマで講演した。「救急、産科、小児、外科などの医療の再建」と「病院勤務医の負担の軽減」が主要項目だった2010年度診療報酬改定の影響について、藤澤氏は各病院団体などが行った影響度調査の結果を踏まえ、「急性期病院はだいぶ良くなった」と総括。その上で、次回12年 ...続きを読む
医療法人の承継を考える上で特定医療法人と社会医療法人は重要株式会社日本経営 常務取締役 丹羽 修二氏税制面で大きなメリット特定・社会医療法人株式会社日本経営常務取締役の丹羽修二氏は「税制改正と事業承継・再生」とのタイトルで講演を行った。丹羽氏は冒頭、「民間病院のほぼ100%は承継に関係する何らかの課題を抱えている」と述べた。「経営がうまくいっている病院であれば相続税対策の必要性が発生し、一方、経営がうまくいっていない病院であれば引き継ぎの問題を抱えているため」だ。その上で、丹羽氏は「医療法人の事業承 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る