Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 510 件
【事例】計画通りに事業承継が進まない最終手段に選んだのはM&A≪事例1≫親族承継を阻んだ持分なし医療法人への移行医療法人社団O会は関東地方で100年の歴史を持つ外科を中心とした2次救急告知病院(100床・10対1)。M理事長は3代目で73歳。近隣に急性期病院が開設されるなど、地域の医療ニーズが変化したのに、3代続いたプライドから外科病院に固執した結果、最盛期に比べて年間収入が数億円減少して13億円に落ち込んでいた。職員数も最盛期から変わらず220人を雇用していたため、人件費が過剰となり、3期連続で2億円の赤字を計上して ...続きを読む
【解説】後継者が40歳前に承継したほうが承継後の経営はうまくいく日本M&Aセンター執行役員 医療介護支援部長 谷口 慎太郎 氏事業承継ファンドの活用で親族外の内部人材に承継する各業界で事業承継が円滑に進まないケースが頻発しているが、日本M&Aセンター執行役員・医療介護支援部長の谷口慎太郎氏によると「最も事業承継が難しい業種は診療所である。例えば心療内科診療所院長の息子が医師でも、息子の専門が心臓血管外科だったら後継者にはならないだろう」。M&Aが選択されるゆえんである。実際、M&Aセンターの医療介護 ...続きを読む
買い手候補とのトップ面談で地域医療と人材育成方針に共感日本M&Aセンターと提携仲介契約を締結して以降は、資料収集に着手したが、M&Aの準備を従業員に察知されてはならない。どんな方法を取ったのだろうか。「半年契約でコンサルタントに入ってもらった。そのコンサルタントが売掛金の帳簿を必要としていると説明して、M&Aに必要な資料を従業員から取り寄せた」(聡一朗氏)資料をもとにセンターが売却価格を算定したのちは、売却先の選定に入った。石垣氏が提示した希望は次の6つである。(1)従業員を継続雇用する(2)医師 ...続きを読む
団塊世代の現役引退に伴って各業界で事業承継が増えているが、医療法人の場合、経営者の子どもが医師でないと後継者の選定に苦労する。5月16日、日本M&Aセンターが都内で開いたセミナーでは、医療法人の事業承継についての最適解が示された。【体験談】法人譲渡に見出した事業承継の最適解医療法人M&Aのポイントを当事者が詳述従業員、患者、オーナー家族3者にとっての最適解を見いだすのが、事業承継M&Aの本義である。5月16日に日本M&Aセンターが開いたセミナーで、医療法人社団泰平会を売却した元理事長の石垣泰則氏と息子 ...続きを読む
 全日本病院協会の猪口雄二会長はこのほど、MC plus編集部の取材に応じ、2018年度の診療報酬改定で再編・統合された【急性期一般入院基本料】について、「厚生労働省の将来イメージ図で示されたように10対1を基本に、あとは病院の考えで人を配置できる『病院のフリーハンド』の部分を認めていく方向になったのは望ましいことだと思う」と評価した。それに対して療養病棟は、在宅復帰率の計算式見直しや、【療養病棟入院料1、2】のどちらか一方の届出しか認められなくなったことで、厳しい状況に置かれていると懸念を表明。将来に向けた展 ...続きを読む
【まとめ】介護医療院の円滑運営に不可欠な自治体・患者への説明と納得新たな介護施設として誕生した「介護医療院」。厚生労働省はさまざまな施策を通じて2018年度末で廃止される25対1医療療養病床や介護療養病床からの転換を後押ししているが、一方で自治体は介護保険財政の負担増への懸念などを背景に、必ずしも積極的ではない。転換する際には財政負担を懸念する自治体や自己負担増を迫られる患者・家族への十分な説明が求められそうだ。介護医療院への転換に国と自治体で温度差介護医療院は2019年3月末に全廃される介護療養病床からの ...続きを読む
【現場の視点】介護療養、医療療養では転換に向けた課題に差介護療養病床の多くを介護医療院に移行する陵北病院。介護医療院への見解と、自院の転換についての考え、療養病床全体を踏まえての対応のあり方を聞いた。介護医療院I型と病床を組み合わせた転換を検討1968年より高齢者医療に特化した療養型病院として運営してきた陵北病院は、介護療養病床369床と東京都内でも大規模な病床数を持つ。介護医療院への移行については、一部を病床として残し、多くはI型(I)介護医療院とすることを決めた。田中裕之院長は、「介護療養病床のすべて ...続きを読む
【概論】施設基準等は介護療養や転換老健に準じた扱いに4月1日から開設が可能となった「介護医療院」。介護保険施設の1つと位置づけられているものの、その施設・人員基準や報酬などは明らかになったばかりだ。果たして「介護医療院」とは何者なのか、ここではそれを概観してみたい。介護療養等の廃止が介護医療院誕生のきっかけそもそも介護医療院が生まれるきっかけは、介護療養型医療施設と医療療養病床の廃止が、2018年3月末とされていたことにある。その時どうするのか、2015年7月に「療養病床の在り方等に関する検討会」が設置され ...続きを読む
規制改革推進会議「医療・介護ワーキンググループ」は2018年5月8日、オンライン診療の推進に向けた提言を発表した。今後の超高齢社会が進行する中、最新技術を活用することで、患者が在宅のまま、オンラインで受診から服薬指導、薬の授受まで、「一気通貫の在宅医療」を享受することが可能となったことを指摘。その上で、診療報酬での評価などは「極めて限定的」との認識を示した。ここでは提言の内容を掲載する。(本文中の表記を編集部で整えています)1.オンライン医療の推進の必要性日本が未曾有の超高齢社会に突入する中、通院困難 ...続きを読む
小児地域医療におけるオンライン診療の経験外房こどもクリニック院長黒木 春郎 氏黒木春郎氏は、千葉県房総地区でプライマリケアを実践。2016年からオンライン診療を取り入れてきた経験を語った。「オンライン診療とはインターネット回線を利用しビデオチャットで診療する方法だ」と切り出した黒木氏は、この4月からのオンライン診療料、オンライン診療医学管理料の加算は大きな一歩を記したと強調した。黒木氏は、千葉県いすみ市にクリニックを開院したが、小児科専門医が常勤でいる医療機関は、50キロ半径内では同院だけという状況だと ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る