Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 445 件
    次の10件>  最終>>|
都道府県別病床機能報告(平成27年度)の分析【各医療機関が自主的に選択した病床機能(6年後)との差】ほぼ全ての都道府県において全体の病床数の変化は少ないものの、機能別にみると「急性期」「慢性期」の減床と、「回復期」「高度急性期」の増床を選択している。→ 拡大画像はこちら【各都道府県の地域医療構想に基づく平成37年における必要病床数との差】「急性期」を中心に多くの都道府県において減床が必要となるものの、「回復期」については増床の必要があることがみてとれる。また、都道府県ごとの総合確保基金規模については、 ...続きを読む
病院を中心としたヘルスケア業界の経営に関する最新データを整理・収録した「医療経営データ集2017」(監修・編集:日本政策投資銀行、日本経済研究所)が上梓された。公的機関の発表資料、各医療機関のホームページなどの公表データを基に、斯界の現状と目指すべき方向を浮き彫りにした。ここではその一端を紹介する。コスト面の動きコスト面の動きについてみていきたい。平成28年は総数平均でみると、売上高に対する人件費比率・材料費比率・減価償却費比率は上昇、経費比率は低下、委託費比率は横ばいとなっている。これらを合わせ、医 ...続きを読む
【まとめ】総合診療専門医とは別に病院版総合診療医が必要患者の高齢化に伴い、医療提供のあり方も大きく変わりつつある。東京都後期高齢者医療広域連合の調査(2015年3月)によると、75歳以上の後期高齢者の64%は2つ以上の疾患を治療しており、80代以上になるとその割合は7割弱になるという。それも多くは1つの医療機関で診ているのではなく、たとえば膝下のしびれを訴える高齢者を診察したところ、他の病院の内科に糖尿病、ほかにも骨粗しょう症で整形外科に、網膜症と白内障で眼科にかかっていることが(後で)わかった-といった具合 ...続きを読む
継続外来で「疾患以外」の課題解決にも取り組む地域での役割も定まりつつある。総合的な診断能力を備えていることから、地域の診療所で診断がつかない患者が初診外来へ紹介されるケースが増えているという。診断して紹介元に返すケースが大半だが、必要に応じて入院させたり、あるいはより専門的な治療が必要と判断した場合は提携している高機能病院に紹介することもある。文字どおり「地域医療のハブ機能」を果たしているのだ。また、地域密着型病院として重要な機能が「継続外来」部門だ。森川氏はこう語る。「130床規模で地域密着型病 ...続きを読む
2018年春から研修が始まる「総合診療専門医」だが、これと並行する形で病院レベルでも独自に「総合医」を育てたり、スキルを身につけたりといった動きが広まっている。今後は報酬を含めた制度的後押しも求められそうだ。【事例】地域の「かかりつけ病院」をめざし病院総合医が活躍~独立行政法人地域医療機能推進機構 東京城東病院 (東京都江東区)東京城東病院の「総合内科」実践ポイント(1)継続外来で「かかりつけ」機能を果たす(2)家庭医も入り診療以外の課題も重視(3)地域包括ケア病棟で地域支援に注力東京城東病院の総合内科 ...続きを読む
【トークセッション】診療報酬と地域医療構想の紐づけをしないと地域医療構想が現実とかい離してしまう座長医療経済研究機構所長 西村周三氏シンポジスト相澤孝夫氏、今村安臣氏、土居丈朗氏、森田朗氏-来年は“惑星直列”といわれるように、診療報酬、介護報酬、第7次医療計画、第7次介護保険事業計画の4つの改定が実施されるが、今日はその先について議論したい。相澤先生は病院経営の立場から新しい問題提起をしてくれた。相澤 入院医療費が推計よりも速いスピードで減っていき、病院経営はかなり苦しくなっていくのではないかと思う。 ...続きを読む
【シンポジウム1】近隣型病院と広域型病院の役割分担で住民に利便性、病院は患者確保日本病院会会長 相澤 孝夫 氏日本病院会会長で社会医療法人慈泉会理事長・相澤病院院長の相澤孝夫氏は、75歳以上の高齢者に対する医療の変化を取り上げた。「75歳以上の高齢者に対する医療の問題は、多くの疾病と愁訴を抱えた要支援・要介護の高齢者を対象とする医療需要の増加にある。そのような高齢者医療は治療ばかりでなく、生活支援が中心になることが多く、退院までに時間を要する退院困難者になる」この現状を踏まえ、高齢者医療の在り方はどう ...続きを読む
2018年度医療・介護報酬同時改定の傾向と対策を解説するセミナーが、活況を呈し始めた。直近の改定対策は喫緊の課題だが、同時に団塊世代の高齢化によって、2018年度以降を見据えた制度設計や経営戦略にもタイムリミットが迫っている。医療経済フォーラム・ジャパンが19日、都内で開いたシンポジウム「2018年の先を見据えて」では、医療・介護にとって当面の山場である2025年への視点が多様に示された。【基調講演】薬価財源を1,300億円確保できるかどうかが診療報酬本体のプラス、マイナスの分岐点国際医療福祉大学院副大学院長 中村 秀 ...続きを読む
看取りのできる地域づくりを目指して社会福祉法人生活クラブ風の村理事長 池田 徹 氏千葉県の社会福祉法人生活クラブ風の村は職員数1,700人の生活クラブ生協だ。2000年に全国初の個室ユニット型特別養護老人ホームを八街市に開設。また11年には千葉市稲毛区のUR団地内に暮らしと福祉・医療の複合拠点「生活クラブ風の村いなげ」を建設した。「個室ユニットケアの草分けとして看取りケアにも取り組んできた」と理事長の池田徹氏。UR団地の再開発事業は、立て替えによる高層化で生まれた空き地利用のプロジェクトだった。サービス付き高 ...続きを読む
【シンポジウム「多様化する看取りの場」】ホームホスピスで命の負担が少ないケアを目指す一般社団法人全国ホームホスピス協会理事長 市原 美穂 氏医療福祉建築フォーラムでは、シンポジウム「多様化する看取りの場」が開催され実践者がその取り組みを報告した。一般社団法人全国ホームホスピス協会理事長の市原美穂氏は18年前に宮崎市ではじめ、今は全国に広まっているホームホスピスについて発表した。一般の住宅を借り上げ、そこを地域のホスピスとして運営している。「住居は生活の器だ。そこは自分が肯定されるところで、そういった ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る