Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 467 件
    次の10件>  最終>>|
株式会社日本アルトマーク(東京都港区、代表取締役社長:伊倉雅治)は、療養病床の算定状況を調査した。療養病床は、現在「社会保障審議会療養病床の在り方等に関する特別部会」にて再編成が検討されている。療養病床のうち介護療養病床は、2006年度診療報酬・介護報酬同時改定で2011年度末に廃止することが決定したものの、2011年度介護保険法改正時に2017年度末まで期限が延長された。その後、介護保険法改正により、新たに介護医療院の創設が決まった。転換が完了するまでの経過措置を2023年度末まで期間延長されることとなった。医療 ...続きを読む
【討論】医師の働き方改革が向かう先は一般労働者と異なる労働時間の設定これまでのような長時間労働が放置されれば医師の健康管理に支障を来たすが、一般労働者に適用するような労働時間の上限設定をすれば、救急医療や産科医療は成立しない。働き方改革を進める上で、この2つの問題にいかにして着地点を見いだすのか。10日開催の「地域医療構想と地域包括ケア」で意見が飛び交った。<討論参加者>司会:田中滋氏(慶応大学大学院名誉教授)パネリスト:伊原和人氏(厚生労働省大臣官房審議官)、今村聡氏(日本医師会副会長)、猪口雄 ...続きを読む
2018年度診療報酬改定の基本方針は「地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化、連携の推進」である。この方針のもとに進められている地域医療構想は、どこまで医療提供体制を変革できるのか。さらに2017年、新たなテーマにクローズアップされた医師の働き方改革は、応召義務や救急現場との両立から着地点が見えていない。一般社団法人医療介護福祉政策研究フォーラムが10日、都内で開いた新春座談会「地域医療構想と地域包括ケア」では各分野の論客が課題を語った。【問題提起】形骸化して実態が議論されない医療介護総合確保促 ...続きを読む
【介護人材問題の政府動向】介護報酬改定に向けて、介護職員の人材確保施策 最新の動き外国人介護ヘルパー、積極活用の可能性を探る政府は2017年度厚生労働省補正予算案の中で、介護福祉士国家資格の取得を目指している外国人留学生を対象とした修学資金の貸付制度のために14億円を確保する。外国人の在留資格に「介護」が追加されたことを受けて、国家資格の介護福祉士の取得を目指す外国人留学生を受け入れるための環境整備を早急に進めたい考えだ。あわせて国内での介護人材の確保が難しくなっている中、留学生を対象とした介護福祉士 ...続きを読む
【講演2】若者だから伝えられることがある 新卒採用は20歳代に任せて成功社会福祉法人ゆうゆう(北海道当別町) 理事長 大原 祐介 氏半数は道外からの採用 SNSも若者視線で発信北海道で障害者支援事業などを展開する社会福祉法人ゆうゆう理事長の大原祐介氏は「喫緊である福祉人材確保・養成・定着と福祉サービスの質の向上」というテーマで講演した。同法人が事業を展開している当別町は、札幌中心部から30キロメートルほどに位置する。人口1万6,000人で、町内の北海道医療大学に通う学生800人も住んでいる。町内における障害児者支援サ ...続きを読む
全国社会福祉協議会は2017年12月、「2017年度福祉ビジョン21世紀セミナー」を開催。これには介護事業などを担う社会福祉法人・施設、社会福祉協議会の役員200人が参加した。28回目の開催となった今回は、介護人材確保をテーマとするシンポジウムが行われた。介護人材不足は深刻化すると、社会的な入院要請の増加にもつながり、医療経営にとっても影響の大きな話題となる。地域の中核法人と新進法人の現場報告のほか、介護報酬改定なども関連する政府の人材確保策について最新動向を整理した。【講演1】競合法人と協働で人材確保を推進 定 ...続きを読む
介護医療院への早期転換で猶予期間のメリットを生かす永生会総合研究所 所長 神戸 翼 氏介護療養病床の転換先に介護医療院を創設療養病床からの新たな転換先として創設される介護医療院。その具体的な姿が見えてきた。医療経営コンサルタントの神戸翼氏(永生会総合研究所所長)は「介護療養型医療施設から介護医療院への道筋~国の動向から探る今後のあり方~」を講演した。講演の冒頭、介護医療院の創設につながった経緯について振り返った。社会的入院が問題となっていた老人病院の受け皿としてできた療養病床だが、現在は医療保険か ...続きを読む
11月20日から22日まで東京ビッグサイトでHOSPEX Japan 2017(主催:一般社団法人日本医療福祉設備協会、一般社団法人日本能率協会)が開催された。400社/650ブースの出展があり、多くの医療機関や介護施設の関係者が来場した。今回は特に関心の高かった日本慢性期医療協会のセミナーを取材。在宅看取りを支える施設自立支援型ケアプラン日本慢性期医療協会常任理事 京浜病院理事長 熊谷 賴佳 氏終末期医療や看取り介護2018年度改定の重要なテーマ熊谷賴佳氏(京浜病院理事長、日本慢性期医療協会常任理事)は、 ...続きを読む
医療・介護・障害福祉のトリプル改定 関係団体はプラス改定を望むが、財源は?全日本病院協会会長 寿康会病院院長 猪口 雄二 氏第7次医療計画の重点事項は医療と介護の連携全日本病院協会会長の猪口雄二氏(寿康会病院院長)は、「医療提供体制はどうなる~平成30年度医療・介護同時改定を考える」について所見を述べた。猪口氏は中央社会保険医療協議会委員や社会保障審議会医療保険部会委員として、医療政策の立案にもかかわっている。平成30年度改定をめぐる現況について、猪口氏は、次のように報告した。「消費税10%引き上げが平成 ...続きを読む
病院倒産時代にM&Aで経営安定へ 再建ポイントは病院と職員の折り合い伯鳳グループ代表 古城 資久 氏事業規模を拡大しないと格付けで評価されない→ 拡大画像はこちら医療法人伯鳳会、医療法人五葉会、社会福祉法人大阪暁明館などを運営する伯鳳グループ(兵庫県赤穂市)代表の古城資久氏は、「病院倒産時代に経営を考える~病院を売るとき、買うとき~」と題して、病院M&Aの経験や手法について解説した。伯鳳グループの過去20年間の業績を振り返ると、1997年に医業総収入は年間に約50億円、経常利益は赤字だった。その後、2005年に十愛 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る